<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
『Freedom for the wolf』という映画とilliberal democracy
最近、猛烈に忙しくて、ちょっと無理して働いたら体調を崩し、来週から4日間のワークショップだというのに、声が出なくなってしまった。私は開催者で、講師はセネガルの農業省の方々なのでまだ大丈夫だが、やはり体は正直なもので、意識的に自己制御しないとだめだなあ。

ということで、ブログも10日ぶり。休暇中の8月後半にほぼ毎日更新していたのが嘘のような静けさである。

******************

さて、前回の記事に書いたCine Droit Libreのプレリュードで上映された映画をご紹介しよう。

『Freedom for the wolf』
監督:Rupert Russell
2017年、ドイツ・アメリカ
89分


https://www.freedomforthewolf.com/

広辞苑によると、民主主義とは「demos(人民)とkratia(権力)とを結合したもの。すなわち人民が権力を所有し、権力を自ら行使する立場を言う。基本的人権・自由権・平等権あるいは多数決原理・法治主義などがその主たる属性であり、また、その実現が要請される」という意味らしい。

一国の中で、民主主義の第一歩は多数決原理の選挙なのだろう。しかし今、「民主的な」選挙で選ばれたリーダーたちが、自由や民主主義を排除する傾向にある。香港の反政府デモ、チュニジアの「アラブの春」後に選挙で選ばれたリーダーたちのラッパー弾圧、インドにおけるコメディアンの表現の自由、アメリカ人たちに選ばれたトランプ政権、他にも世界各地でこのような状況が発生している。人権、マイノリティ、反政府団体を踏みにじる選ばれたリーダーたち。

映画では、選挙に参加することで民主主義が保障されるわけではなく、フェイク民主主義を生み出すねじ曲げられた選挙であることが描かれている。

映画を見終わると、あれ、民主主義ってなんだっけ?と頭が混乱する。おそらく映画の目的はそこで、本当にあなたがいる社会って民主主義社会ですか?と問いかけ考えさせるのだろう。



映画の中で頻繁に出てくる言葉がある。

「illiberal democracy」という言葉。私は初めて聞いた表現なのだが、日本語では「非自由主義的民主主義」と訳すそうだ。

wiki先生によると、「制度的には民主制だが、実質的には自由が制限されている政治体制」のことだそうだ。「そこでは選挙は実施されるが、市民は自由権の不足によって実際の権力者の活動に関する知識から切り離されており、「開かれた社会」ではなく、実質的には権威主義的政治体制の一つともされる。この状態は、制度上は政治権力を制限しているが、言論の自由や集会の自由、知る権利など市民の政府への自由は無視されており、自由主義の適切な法的な構築された枠組みはほぼ存在せず、法治主義はあっても法の支配がない状況となっている。

なんか考えてみれば、大小さまざまだがそんな社会沢山ある気がする。野党が当選しないように裏工作されている選挙、政権にのし上がったらマジョリティの声だとかいってマイノリティを排除する政府。映画のタイトルにもあるように、「狼」に完全な自由を与えると社会はどうなるか、それを深く考えさせられる映画だった。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-09-23 05:21 | セネガル | Trackback | Comments(0)
Cine Droit Libre映画祭の誕生秘話とノルベール・ゾンゴの映画
ブルキナファソにいた時から、Cine droit libreという映画祭の大ファンで、セネガルで開催されていると知った昨年も、毎日映画館をはしごして見た。そして今年も始まった!と思ったら、本番のCine droit libreのプレリュードだった。がくっ。11月末に映画祭が開催されるようなので、もうスケジュールに記入!

昨年の映画祭の記事。
Cine Droit Libre Dakar 1:ブルキナ映画「Frontières」
Cine Droit Libre Dakar 4:セネガルにおける薬物依存
Cine Droit Libre Dakar 5:ブルキナのBalai CitoyenからトーゴのTogo deboutへ


昨年の記事にも書いたのだが、映画祭の名の通り、人権保護を訴えると同時に、映画を通した表現の自由を推進する目的で実施されており、自国で上映禁止になったような映画も上映している。大半がドキュメンタリー映画で説得力があり、とても貴重な映画祭なのだ。

先日、Cine Droit Libreプレリュードの映画上映の前にモデレーターが、実はこの映画祭はNobert Zongo事件がきっかけであることを話してくれた。

ブルキナファソにいたことのある方なら、ノルベール・ゾンゴといえばピンとくるだろうが、ブルキナファソのジャーナリストで週刊誌「l’independent」の創設者でもあり、表現の自由を勝ちえるべく闘い若者たちにとってのカリスマ的存在だった。1998年、当時のコンパオレ大統領の弟の運転手が不可解な死に方をし、真相を調べていた時に、暗殺された。首謀者は容易に想像できるのだが、20年経った現在も未解決の事件である。暗殺された12月13日には、現在でも毎年デモ行進が行われている。

当時、ノルベール・ゾンゴに誘われてジャーナリストになったのがAbdoullaye Diallo氏である。ノルベール・ゾンゴ暗殺後、友人たちとノルベール・ゾンゴ事件のドキュメンタリー映画『Borry Bana ou le destin fatal de Norbert Zongo(ボリーバナ、ノルベール・ゾンゴの悲劇的生涯)』を製作し始めた。そして2003年、そのドキュメンタリー映画が完成したが、ブルキナファソでは検閲にひっかかり上映禁止になった。一般大衆に見てもらいと思い、海賊版を作ってマーケットに流してほしいと業者に依頼したが、それもリスクが大きいとして断られた。どのテレビ局も映画館も上映を許可してくれず、フランス文化センターでも断られている。

2005年のFESPACO(Festival Panafricain du Cinéma et de la Télévision de Ouagadougou、ワガドゥグ汎アフリカ映画祭)でも上映を禁止されたが、Abdoullaye Diallo氏が中心となって設立したノルベール・ゾンゴ・メディアセンターで、「FESPACO Off」と称して上映することにした。FESPACOに招待されていたジャーナリストの大半がセンターに来てくれ、立ち見が出るほどの人数だったそうだ。この企画が大成功に終わったこともあり、2005年6月に、FESPACOで上映が許可されなかった映画を集めて最初の映画祭を開催した。ここにCine Droit Libreが誕生した。

なるほどこういう経緯があるから、上映映画もかなりセンセーショナルなものが多いし、政治批判も多いし、討論会も面白いのね。本当に映画祭の開催が、表現の自由そのものかも。

早速ドキュメンタリー映画『Borry Bana ou le destin fatal de Norbert Zongo』を探したら、YouTubeで発見した。フランス語の分かる方は是非どうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-09-14 08:21 | セネガル | Trackback | Comments(0)
エレベーターのボタンの押し方(続編)
1カ月ほど前、「エレベーターのボタンの押し方」という記事をアップした。多くの職員が、エレベーターのボタンの押し方を勘違いしているという記事。一人二人ならこっそり教えることもできたが、大半が間違えているので静観するしかなかった。

あれから1カ月。しばらく不在にしており、セネガルに戻ってきたら、職場のエレベーターの横に、こんな張り紙がしてあった。

***********************
c0116370_08031344.jpg

「エレベーターの使い方について」
注意書き:3つのエレベーターは連動しています。全ての3つのボタンを押す必要はなく、最も近いエレベーターのボタンを1つ押してください。

1) 下階へ行く場合、どれか一つのエレベーターの▼のボタンを1回押してください
2) 上階へ行く場合、どれか一つのエレベーターの▲のボタンを1回押してください
3) 閉まりかけたエレベーターの扉をあける場合は、エレベーターの中で ◀▶のボタンを押してください


************************

やっぱり全員に周知するにはこういう張り紙が必要だったのかも。

でも、未だに押し方が分かっていない人がいるような気がする(笑)


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-09-08 08:08 | セネガル | Trackback | Comments(2)
チェブヤップの作り方
先日、「セネガル料理一覧」という記事をアップしたが、その中のチェブヤップという料理の調理風景を動画に撮ったので、簡単にまとめて「チェブヤップの作り方」という映像を作ってみた。いくつもの動画を、ただ切り貼りしただけなので、何の字幕もつけていないけれど、なんとなく分かるかな。調理の最初の部分は撮影できなかったので、肉を煮込んでいるところから始まります。ちなみに、これはセネガル人の知り合いの息子の命名式のお祝いのお食事。さすがに一家族分ではありません。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-09-05 17:14 | セネガル | Trackback | Comments(0)
アタイヤというセネガルのお茶の文化
セネガルだけでなく、イスラムの影響が強い国ではお茶の文化がある。アラブの国々でもミントティーを飲む習慣があり、モロッコに旅行した時も毎日1回は飲んでいた。セネガルでも、セネガル人と一日過ごすとアタイヤAtayaと呼ばれるお茶を何度も飲むことになる。中国緑茶を使う人が多いのだが、それに砂糖をたっぷり入れて、じっくり沸騰させ、ミントも加えてさっぱり感を出して飲むのが一般的。普段デザートを食べる習慣がないセネガル人にとっては、食後のデザート替わりにも思える。

アタイヤはアラビア語が語源。単なる飲み物というだけでなく、家族やコミュニティー、仕事の同僚などとの親睦を深める日常のひとときでもあるような気がする。アタイヤ専用の炭火を使ってお茶を作っている間、その周囲には人々が集まり、世間話をする。こうして深いネットワークが生まれる。勤務時間中にお茶を飲むために1時間くらいオフィスをあける人もいるが、非効率的なようで意外とここで作られたネットワークが効率的な仕事につながるのだ。

アタイヤは、お湯を入れれば完成というシンプルなものではない。親から子へと作り方が引き継がれる伝統的な無形アートとも言えるかもしれない。

まずアタイヤ専用のティーポットに水をいれ、緑茶を入れる。そして沸騰してきたら、一旦これまたアタイヤ専用グラスに煮立ったお茶を出したりポットに戻したりして、均等に煮立つようにする。その後、しばらく煮立たせてから、砂糖を入れ、さらに煮立たせる。途中水分が少なくなってきたら水を加えたりもする。
c0116370_00500020.jpg
c0116370_00495800.jpg
c0116370_00495897.jpg
c0116370_00495972.jpg

そして、ある程度煮立ったら、再度グラスに注ぎ、別のグラスに高いところから注ぎ返し、それを何度も何度も繰り返して、グラスの底にきめ細やかな綺麗な泡ができるまで続ける。友人のセネガル人は、泡のないアタイヤは美味しくないと常に言っている。ビールも泡がないと美味しくないのと同じかな。この泡の作り方が芸術的なので、動画をどうぞ(音量にご注意を(笑))。





c0116370_00495992.jpg
c0116370_00495967.jpg

最終的にこういう泡がグラスの底にできる。ちなみに、泡にこだわるセネガル人にとっては、この泡はまだまだらしい。もっときめが細かい泡を出せる人もいる。
c0116370_00495976.jpg

そして、アタイヤを注いで周囲の方々に提供する。
c0116370_00495964.jpg

アタイヤを飲むとき、よく「Eweul(あるいは仏語でpremier)」、「Niarel(仏語でdeuxième)」、「Tarhis(仏語でtroisième)」という言葉を耳にする。

Eweulは1番目のお茶、Niarelは2番目のお茶、Tarhisは3番目のお茶という意味。日本で言う一番茶、二番茶とは意味合いが異なり、同じお茶っ葉で、1回目に入れたお茶、その後水を加えて2回目に入れたお茶、そして3回目に入れたお茶をさす。1回目のお茶はとても濃く、苦みが強い。2回目、3回目になると、徐々に苦みが薄れ、逆に甘味の強いお茶になる。セネガルでは、1回目のお茶は「死」のように苦く、2回目のお茶は「生命」のように優しい味で、3回目のお茶は「愛」のように甘いと言われている。私は、1杯目の濃いお茶が好きかな。ただ、これを夜飲むと眠れなくなる。コーヒーに匹敵する覚醒効果があるような気がする。私は一度、夜10時頃に飲んで、全く眠れないという痛い目にあったので、夜は飲まないようにしている。

もう一つ、アタイヤを作るのは伝統的に男性の役割とされている。料理をしないセネガル人男性も、アタイヤだけは自分たちの仕事だと感じていると思う。上の写真や動画では女性が作っているが、これはレストランだから。家では男性や男の子が担うのだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング



[PR]
by iihanashi-africa | 2018-09-01 23:08 | セネガル | Trackback | Comments(0)