カテゴリ:セネガル( 127 )
Africa Eco Raceと篠塚健次郎さんの挑戦
セネガルという国も、ワールドカップを通して日本でも有名になったが、以前はセネガルか国であることすら知られておらず、首都ダカールの名前の方が知られていた。最近は「セネガル」も「ダカール」も両方聞いたことがあるという方も増えてきたが、ダカールがセネガルの首都であることを知っている人はまだ少ない。

「ダカール」の名前が日本で有名になったのは、パリ=ダカールラリー(正式名称はダカールラリー、通称パリダカ)がきっかけなのだと思う。以前ラックローズの記事を書いた時にちらっと記述したが(パリダカのゴール、ラックローズと外国人労働者)、1978年に始まってから2007年にモーリタニア周辺の情勢が不安定になって南米での開催を余儀なくされるまで、毎年広大なサハラ砂漠を走る酔狂レースが開催され、挑戦者の興奮を掻き立てていた。毎年コースが異なり、アルジェリア、チュニジア、リビア、モロッコ、マリなど、一度として同じコースはなかった。

南米開催となったパリダカは、サハラを経験している人たちにとっては少々物足りないらしい。やはり元のコースへ戻りたいという思いは少なからずあるという。パリダカが安全を考慮して中止となった2008年、過去の優勝者も含めた有志の間でAfrica Eco Raceプロジェクトが立ち上がり、2009年からパリ=ダカールラリーと同じようなレースが始まった。それほど大々的には宣伝されていないが、ユーロスポーツでは毎日のようにその日のレース結果が放映されているし、それなりに注目されているのだと思う。

Africa Eco Raceのサイト



今年2019年のAfrica Eco Raceに篠塚健次郎が参加した。

1986年に俳優の夏木陽介と共に初出場してから毎年参加し続け、12年目の1997年に48歳にして日本人初の総合優勝を成し遂げた。パリダカ世代ではない私も、篠塚健次郎の名前はもちろん知っていたし、まさかあの篠塚健次郎にラックローズでお会いできるとは思いもよらなかった。

このサイトの記事は篠塚健次郎の歴史がとても分かりやすい。

「第40回:砂漠の覇者Mitsubishi 「パリダカ」を制したパジェロの苦闘」
https://www.webcg.net/articles/-/40117

今年70歳になる篠塚さんはやはりサハラ砂漠を走りたいという思いが強くなり、12年ぶりに出場を決めたそうだ。篠塚さんは清里に住んでおり、山梨県内ニュースでも紹介されたらしく、1月初めにセネガルに来た両親も番組をみて知っていた。6500kmを駆け抜けるレース。今年はモーリタニア国内をぐるっと回る形になっていて厳しいコースだったと思う。
c0116370_23505201.png


Africa Eco Raceのゴールは2019年1月13日(日)のラックローズ。帰国直前ではあったが、こんな機会は二度とないかもしれないので、当日に友人とやっぱり行こう!と決めた。

前日までAfrica Eco RaceのサイトやFacebookのアップ記事を追っていたが、最終日に何時にラックローズに到着するのかが分からない。ただ唯一判断できる情報は、サンルイを日の出前に出発するという記述。サンルイを日の出前に出れば、遅くともお昼前にはラックローズに着くかもしれない。その情報をもとに、お昼くらいにダカールを出発してラックローズに向かうことにした。

Africa Eco Raceのサイトでは、ライブでどの車両がどこを走っているか分かるようになっている。13日も朝からライブ配信を確認しており、篠塚さんの車両は中盤後方を走っているのを見ていたが、全体では36中、34位。ということは、お昼過ぎに行ってもおそらくゴールは余裕で見られるだろうということだった。
c0116370_23560185.jpg



パリダカの時もそうだったが、最終日はレース区間が短く、最後の21kmはラックローズまでの海岸を列になって走行する。この時点ですでに順位は決まっており、21kmはファイナルラン。それは圧巻らしい。今回は海岸までは見に行けなかったが、空撮映像が配信されており、とても見応えがある。



ラックローズはお祭り騒ぎだった。
こんなに華やかなラックローズなどもちろん見たことがない。パリダカ全盛期を良く知る友人は、当時に比べると規模も人数も半減だそうだ。それでも私にとっては初めて見る光景で気分が高揚した。
c0116370_23304641.jpg
c0116370_23305687.jpg
c0116370_23305643.jpg
c0116370_23303648.jpg
c0116370_23303609.jpg
c0116370_23304637.jpg
c0116370_23303706.jpg



篠塚さんのレース番号は分かっていたので「217番」を探し回ってやっと車を発見。ほとんどの車は戦から帰ってきた兵士のようにボロボロの車体なのだが、篠塚さんの車はとても綺麗。ただ、前方はかなり修理したらしい。よくよく車体を見ると、「古希から喜寿へ」と書かれている。古希の70歳の今年から77歳の喜寿まで、継続して出場する予定らしい。77歳のレーサーかあ。格好いい。
c0116370_23303698.jpg
c0116370_23303721.jpg

ゴール地点は、順位の通りに車がゲートをくぐり、それぞれのインタビューが行われる。一台に15分くらいは時間をかけているためとっても時間がかかる。

by iihanashi-africa | 2019-01-30 00:23 | セネガル | Trackback | Comments(2)
携帯紛失時のLineとWhatsAppのアカウント引継ぎ
最近珍しく自分の生活をさらけ出しているが、もう一つだけ小話を。

先週日本に帰国したが、セネガルを発つ2日前に私用携帯を紛失し、結局見つからないまま帰国した。携帯をなくした時の痛手はやはりデータ。ただ不幸中の幸い、写真データの大半はパソコンに取り込んでいたし、多くの方とのやり取りはfacebookメッセンジャーなのでパソコン上でもやりとりしており、唯一完全になくしてしまったものと言えば、友人たちの電話番号。でも思ったより落ち込んでいない。自分でも不思議なほどに。

最近友人と電話をすることがほとんどなくなった。必要な電話番号は家族くらい。連絡手段は電話番号のみという友人ももはや少ない。大抵メールなりSNSなりでも繋がっている。電話番号しか繋がっていなくても必要な場合は誰かに聞けばどうにか分かる。

帰国後、私は新たに携帯端末を購入し日本の携帯番号を入手した。以前のアカウントを引き継げないか苦心したのはラインWhatsApp

まずはラインについて私と同じような状況でアカウントを復活させた例がないか調べたが、これが意外と少ない。通常、携帯を紛失した場合はまず番号を止め、同じ番号を別の端末で復活させる。しかし、私の場合、携帯番号も端末も異なるため、あまり事例がない。唯一の救いはラインにメールアドレスを登録していたこと。問い合わせ窓口と何度かやり取りがあり、かなり詳細に情報を伝えたことで、幸いにもアカウントが復活した。大切な人たちとの過去のトークは全て消えてしまったが、それは仕方ない。

さて、WhatsAppだが、日本で主流のラインにかわり海外ではWhatsAppが主流。私も外国人の友人たちとはWhatsAppで繋がっている。WhatsAppは日本語の問い合わせ窓口が見つからず、英語でのやりとりとなった。ラインと同じように説明し、対応自体も悪くはなかったものの、最終的な返事は以下の通りで結局「引継ぎ不可能」というもの。

Unfortunately, we can't help you change your account phone number or transfer account information due to security reasons. The verification process needs to be completed individually by each user.

•If you are still using WhatsApp with your previous phone number verified:
Please use our Change Number feature to migrate your old account information and group participation to the new number.

•If you don’t have access to your previous WhatsApp account:
It's not possible to migrate your account information to the new phone number. You may, however, create a brand new account. In this case, you will have to set up your new profile information and ask your contacts to add you back to the groups you used to belong to.

残念無念。

これらの教訓を経て、電話番号は全てgoogle連絡先に保存することにし、クラウドに頻繁にバックアップをとっておくことを肝に銘じた。

でも、もちろん携帯を紛失しないことが第一だけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2019-01-22 22:42 | セネガル | Trackback | Comments(2)
電気を止めるまでの複雑なやりとり
一昨日ダカールを出発し、長いドバイのトランジットを経て帰国した。
しばらくご無沙汰していたブログを再開。

********************

セネガル離任前、私用車を売り、購入した家具を売り、電気を止め、インターネットを切り、アパートを引き払うという作業があった。以前赴任していたマダガスカルでもブルキナファソでは、後任やちょうどタイミングよく赴任された方がアパートや車をそのまま引き継いでくれたため、こういう手続きがなかったのだが、毎回そんなにうまくいくものでもない。日本とは異なり、全てがすんなりと事が運ばない最後の閉めを記録しておこう。

電気の解約

アパートの退去予定日一週間前に、電気会社Senelecへ解約について問い合わせに行った。担当者によると、解約申請した翌日に電気会社の調査員がメーター確認に行き、その場で電気を止め、私が残額を支払いに電気会社へ再度足を運ぶというものだった。つまり2日かかる。それに週末対応は不可。土曜日にアパートを退去する予定の私は、仕方なく金曜に電気を切り、金曜の夜は懐中電灯で過ごすことを決める。

木曜の朝、電気会社へ行き解約申請をすると、「自宅のメーターの写真を撮ってくれば、今日中に支払えて明日来る必要がなくなるわよ」と親切にも教えてくれた。そのため一旦帰宅し、建物の警備員に聞いて私のメーターの場所を教えてもらい、写真を撮ってから電気会社へ戻った。計算してもらったら最終的に私が支払うべき金額は約3万セーファー(6千円)。しかし、私は電気の契約時に12万セーファーの保証金を支払っていたので、むしろ私が電気会社から9万セーファーを返金してもらうことになる。そして今度は払い戻し申請をしなければならない。

払い戻し申請には電気契約時の書類が必要だという。私、そんなものもらった記憶なし。ありませんけど、、、と伝えると、それがないと申請できないという。どうしたらよいのか問うと、警察で紛失届を書いてもらってきなさいとのこと。おそらく、ここで諦めてしまう人もいるだろうが、私はできる限り最後まで突き進むことを選択。すぐに警察署に行き、契約書の紛失届を申請する。申請自体は簡単にできたが(むしろ簡単すぎてどんな偽造も可能だと思ったがそれはさておき)、署名した書類を引き取れるのは半日後。こういうことに時間がかかる。。。それでも昼過ぎに紛失届を引き取れ、その足で再度電気会社へ向かい、とりあえず申請は終了。

金曜午後か月曜の朝には返金されるということで、月曜の朝一で出向くと、まだ準備できていない。「もう私明日帰国するのですが・・・」というと担当者は「もう私の手を離れているから私の責任じゃないわ」という。はあ、こういうやりとりに疲れてしまう。とにかく、明日の朝一までは時間があるから、準備ができたら電話してほしいと言い残してまずは職場へ向かった。その2時間後、なんと準備ができたと連絡があった。

返金受け取り完了。
離任前に受け取れたレアなケースだと思う。

銀行口座解約

私は在外勤務手当なるものをセネガルの口座に送金してもらっていた。塵も積もればで、離任時にはある程度の金額になり、銀行口座を閉鎖するにあたってまずは日本への送金手続きを行った。しかし、金額が大きいので送金許可が下りない可能性があるから給料明細をもってこいという。所属先からは離任証明を出してもらっているが、それだけではだめらしい。

所属先からは毎月同じ日に一定額が入金されるので、怪しいお金ではないことくらい銀行が調べれば分かるだろうにと不満に思いながらも、仕方なく日本語の給料明細を家に取りに帰り提出。ちょっとだけ仏語翻訳を書き込んだが、もちろん手書き。だって時間がないですもの。。。なんとか口座担当とも話ができ、申請の二日後に送金完了。

そして一週間たった本日無事に日本の銀行口座に入金。
なくなることはないだろうとは思っていたが、確認するまではやはり心配であった。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2019-01-18 06:21 | セネガル | Trackback | Comments(0)
セネガルのクリスマスと年末
今年は久しぶりに年末をアフリカで過ごした。

年末年始に一時帰国しなかった年は数少なく、海外での年越しはマダガスカルの2012年以来かも。今年はクリスマスも年越しもダカールで、それはそれでなかなかない経験だった。昨年を振り返った記事の後にクリスマスの話というのもちぐはぐだが、空港で両親を出迎える前の時間が少しあるので、記録のために書いておこうかな。

昨年のクリスマスの時期、こういう記事を書いた。イスラム教圏のセネガルでもクリスマスが若者たちや子どもたちの重要イベントとなっている話。
イスラム教徒の若者最大のイベント、クリスマス?

残念ながらサンタクロースがメッカの方向を向いてお祈りをしている姿は見られなかったが(笑)、十分にダカールでクリスマスの気分を味わった。イスラム教徒の家でも子どもたちにとってクリスマスはプレゼントをもらえる日であり、親たちも仕方なくプレゼントを買う。世界各国同じ。

家の近くのスーパーに行ったらクリスマスツリーの横に大きなサンタクロースの人形が、、、と思ったら動いた。中に人がいた。全然分からなかった笑
c0116370_10501449.jpg

ダカールでは12月31日の夜12時に花火が打ちあがると聞いていた。それを今年初めて見た。この花火、実は一般の方々がプライベートで購入しているらしい(もしかしたら企業も含まれるかな?)。360度四方八方で花火が打ちあがり結構見ごたえがある。もちろん一つ一つの花火は日本の花火に比べたら大したことはないが、個人が購入して打ち上げていると聞くと凄さが増す。ただ、数年前まではもっと豪快に花火が上がっていたようなのだが、テロなど安全上の問題が出てきたころから花火が自粛されつつあるらしい。



この日、夜中1時に友人宅から帰宅したら、もう大渋滞。
ダカール市内のこんな賑わいは見たことがない。でも、外にいるのは皆若者。こういう雰囲気はヨーロッパの流れを受け継いでいるかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2019-01-02 10:56 | セネガル | Trackback | Comments(0)
2019年もどうぞ宜しくお願いいたします
年が明けてしまいました。

ブログを確認したら、最後の更新は昨年12月5日。
またもや読者から「更新されてないよ~」と連絡があり、体調を心配する声まで。。。
元気にしておりますとせめて一声発しなければと、急いで書いています。

2017年1月からセネガルに赴任しておりますが、ちょうど2年経つ2019年1月、あと2週間後に離任して日本に戻ります。離任前の4か月は怒涛の日々で、12月半ばに最後の出張を終え、それから日本語と仏語の最終報告書にとりかかり、昨日12月31日になんとかまとめ終わりました。

この2年間は本当にやりがいのある充実した仕事内容を任せていただきました。ここまで本心からやりたいと思う仕事をさせていただく機会はなかなかないと思います。このポストに応募してみたらと誘ってくださった方、その後農業普及の基本理念を教えてくださった方、人のモチベーションの高め方を教えてくださった方、西アフリカ各国の現場で農家の自立のために同じ方向を向いて活動をした各国農業省の方々。多くの方々のお力添えいただいたおかげで、これから目指すべきアフリカの農業普及の道の第一歩を踏み出すサポートをさせていただけたと思っています。

そして自分自身も大きく成長した2年でした。
この年齢になって「成長」なんて言っていられないのかもしれませんが、やはりいつになっても学ぶことは多く、いつまで経っても自分は未熟だと感じてしまい、ほんといつになったら成熟したと感じるようになるのだろう。今年もみなさまのサポートを得ながら成長できるかな。

2019年は日本でゆったりと過ごす年になると思います。
セネガルを離任するまではブログの更新が途絶えるかもしれませんが、その後はまたぼちぼちとアップしますので、今年もどうぞ『アフリカに思いやり by iihanashi-africa』を宜しくお願いいたします。

***************

さて、実は、あと4時間後に両親と叔母がセネガルに到着します。

Flight Radarアプリによると、今ギニアの上空。ギニアの首都コナクリを経由してダカールに到着します。

母は、私がマダガスカル赴任中に、旅行に来てくれたことがあります。でも、アフリカ大陸は初めて。父と叔母はアフリカ初旅行。父は私がブルキナファソにいた頃にブルキナファソに行ってみたいと話していましたが、まだ当時は現役で働いていたのでその願いは叶わず。私自身も今後いつアフリカで生活することがあるかも分からないし、この機会を逃したら両親もアフリカ大陸に来る機会がなくなってしまうかもしれないと思ったら、離任前の忙しい時期ではあるけれど、もうこれは来てもらうしかないでしょう。両親を受け入れるために報告書を急ピッチで終え、気分すっきり、とてもゆったりとした気持ちで一緒に旅行ができそうです。

夫もそうだったのですが、私の両親もアフリカに来ることには全く抵抗なく行きたいと言ってくれ、アフリカで生活する私にとってはこんなことが感極まるほど嬉しいのです。そして両親の誘いにすんなり乗ってくれた叔母にも感謝。6日間の短い滞在を楽しんでもらえるといいな。

c0116370_22245616.jpg
少し前、ブルキナファソ上空を飛んでいました。行きたかったブルキナファソを空から眺められたかな。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2019-01-01 22:32 | セネガル | Trackback | Comments(2)
つっ込みどころ満載のセネガル国際マラソン
毎年11月に開催されているサリーのセネガル国際マラソン。去年も参加し、今年も友人たちと参加してきた。

http://www.marathondusenegal.com/

相変わらず忙しくて全然練習が追いつかなかったし、ハーフマラソンへ登録するつもりなど毛頭なく、10キロの部に登録。それも直前までガーナとブルキナファソ出張で、土曜日の昼12時頃にブルキナファソから飛行機でセネガルに戻り、そのまま家に帰らずに大きなスーツケースを持ったままサリーのホテルへ向かうというハードスケジュール。そして翌朝にマラソン。このスケジュールでよく走ろうと思ったなあ。

なんて自分をほめたたえていたら、JICAの協力隊員さんで、一週間前に誘われてフルマラソンに登録したという女性を発見。さすが、若いっていいわね~、こういう時自分の限界以上のこともやろうと思ってしまうもんね~、私も昔だったら練習してなくてもフルマラソン登録しちゃってたけど、限界を知ってしまった今は無理だわ~、なんて友人たちとおばさんトークを繰り広げていたのだが、実はこの協力隊員の女性がフルマラソンの女性の部で1位になっていたことが後から判明。なんと元々の蓄積があったのね。すごい。

マラソン大会は、ネット登録が可能だったので、私たちはまず各自がネット登録。前日まで登録可というおおらかな大会(笑)。ゼッケンは前日の17時までにマラソン大会のスタート地点にある「マラソン村」というところに取りに行くことになっていたので、最初に着いた私が全員分を受け取りに行ったら、登録用紙を渡され、これに記入しろという。記入をし始めてから、あれ?これってネット登録した情報と同じなんですけど~~。「これ、もう一度書かなきゃならないんですか?ネット登録したのに??」と聞き直したら、「じゃあ、名前だけ書いてください」と言われ、これネット登録と全く連動していないんじゃないかと疑問を抱く。

*******************

さて翌朝8時に出発だと言うので、しっかり8時前に到着したのだが、スタート地点が去年と異なり、どこか分からない。とりあえずみんなが集まっているところに歩いていく。で、あれ、なんか私たちゼッケンの数字が大きすぎない???と不安になる。みんな0051と0129とか、大体0で始まっており、かろうじて1100番台の人を1人発見したが、1500番台は私たちだけ。。。この違いは何だろう。

8時過ぎてから、こうして諸々の資機材が運び込まれ、スタート地点がやっと設置された。
c0116370_08183496.jpg

そして、8時過ぎても登録しにくる人が沢山。登録は昨日までじゃなかったんかい。
c0116370_08183505.jpg

8時15分頃、やっとフルマラソンとハーフマラソンが同時に出発。
c0116370_08183517.jpg

その後、子どもたちの2キロの部が出発。
c0116370_08183445.jpg

そして子どもたちがゴールしてから、10キロと5キロが出発。出発は8時とか言っていたが結局1時間後の9時。それも9時9分という微妙な時間。
c0116370_08183409.jpg

大半はアスファルトだが、途中一部砂地になる。これが結構な砂の層で足がもつれる。砂地の写真はないが、途中で写真を撮ってくれた方が送ってくれたのがこれ。こんな感じのところをひたすら走る。写真には道路脇に集まっていた子たちが写っていないが、給水所のペットボトル目当ての子どもたちが集まっており、ワイワイと盛り上がっているので、応援してくれているわけではないが、なんとか孤独感を味うことなく走ることができる。
c0116370_08183467.jpg

途中の給水所では600mgのミネラルウォーターのペットボトルが配られる。これが、重い。ほんの少しだけ水を飲みたいだけだから紙コップくらいがちょうどいいのだが。それに走っている途中の疲れているときに、新しいペットボトルのキャップを力を入れてあけるのって結構しんどい。。。この重たいペットボトルの水を少しだけ飲んで、また蓋をして、子どもたちにあげる。まあ、捨てるわけではなく子どもたちがもらってくれるならまだいいか。

私たちが走っている間に、ゴール地点ではこういうモードコレクションが行われていたらしい。
c0116370_08330211.jpg

今年はゴール地点が去年と違った。そのため、残り数百メートルでラストスパートしようと思って最後の角を曲がったら、ゴールはもう目と鼻の先だった。。。折角なので残り100mくらいで猛烈スパート。結果はおそらく1時間7分か8分くらい。練習不足でこれならまあまあでしょう。
c0116370_08330370.jpg
c0116370_08330391.jpg

優勝すると、こういう格好をさせられるらしい笑(セネガルマラソンのfacebookサイトより)。
いやいや笑い事ではなく、王様と女王様の格好。私も着てみたいわと友人に話したら、「え~、私は顔に落書きされるの嫌だわ~」と笑
c0116370_08581072.jpg

***************

さて、本日、セネガルマラソンのサイトの結果が掲載されたのだが、わたしのタイム、1時間59分になっている。。。ありえない。。。まあ数分の誤差なら分かるけど、どうやってタイムを導いているのだろうか。私、この時間にはホテルに戻って優雅に朝食を食べてましたが。。。

最後の最後まで期待を裏切らない。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2018-12-05 09:07 | セネガル | Trackback | Comments(0)
ダーラのチーズとリンゲールのヨーグルト
前回の記事(セネガル最大のダーラの家畜マーケット)にも書いたように、畜産が盛んなルガ州では、家畜から得られる副産物も有名だ。中でも、ダーラDahraのチーズリンゲールLinguereのヨーグルトは、美味しいことで有名である。

特に、リンゲールのヨーグルトは絶品だと思う。
普段ダカールでは、輸入物の4つで3500セーファー(700円)もするヨーグルトを買っているのだが、スーパーで売られているセネガル産ヨーグルトはどれもいまいちで、3分の1の値段であってもあまり手を付けない。しかし、リンゲールのヨーグルトは違う。牛乳から作ったばかりの、まだ微妙にミルクの味が残っているなめらかな飲むヨーグルトで、結構な量をすぐに飲み終わってしまう。

特におすすめのブランドはKosam Jolof。きめ細かい滑らかな優しいヨーグルトだ。

リンゲールの駅の近くに工房があるのだが、そこまで行かなくても、ガソリンスタンドTOTALのブティックで入手できる。
c0116370_07242631.jpg

以前リンゲールに行ったときは、この入れ物に大量にヨーグルトを買って帰った。ちなみに、ここではビニール製パッケージの入手が何よりも困難らしく、毎回行く度にパッケージが異なる。下の写真のパッケージはKosam Jolofのものではないのだが、パッケージが入手できず、やむなく他の工房のパッケージを使っていた。
c0116370_07242668.jpg

本来のパッケージはこれ。もう少し洗練されたパッケージもあるらしい。リンゲールに行く際は是非お立ち寄りを。一袋250セーファー(50円)。
c0116370_07242505.jpg

そしてリンゲールから少し西のダーラで有名なのが、Fromagerie de Ferloというチーズ工房。この工房は2008年に設立されたが、10年経った今、マーケットの日にはひっきりなしにお客が来る有名な工房となった。チーズ以外にもヨーグルトを製造しており、お客さんの半数以上はヨーグルトが目的。
c0116370_07242578.jpg

冷蔵庫を開けると、美しい真っ白なチーズがぎっしり。遠くからフランス人も買いに来るらしい。
c0116370_07242512.jpg

私は、作り立ての真っ白なチーズと熟成させたチーズを一つずつ購入。どちらも一個2500セーファー(500円)。帰宅して食べてみたが、私は熟成させた方が好きかも。熟成チーズはパルメザンチーズみたいで、さらだにもよく合う。でも、これ、私一人で食べきるだろうか。。。
c0116370_07242635.jpg

ここには牛の油も売っていた。セネガル料理で真っ赤なパームオイルを使うことがよくあるが、パームオイルの代わりに白いご飯にかけたりして使うみたい。チーズ工房まで私たちを案内してくれたホテルのオーナーは、お客を連れてきてくれたということでこの牛の油を1本もらっており、かなりはしゃぐ感じで喜んでいた。私たちもこれでオーナーにお礼ができてよかったわ。
c0116370_07242573.jpg

ダーラのチーズは、セネガル一美味しいとまでは言えないが、見た目も味もかなりの質ではある。でも、個人的にセネガルで最も美味しいチーズはKeur Moussaの修道院で作られているヤギのチーズ。これは、輸入物にも負けない美味しさである。別途いつか紹介することにしよう。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2018-10-23 07:29 | セネガル | Trackback | Comments(0)
セネガル最大のダーラの家畜マーケット
セネガルから265kmのところにダーラDahraというコミューンがあるのだが、ここで毎週日曜日に開催される家畜マーケットはセネガル最大だという。西アフリカでも最大級と言われる。1日の取引額が10億セーファー(2億円)に達することもあるそうだ。セネガル国内だけでなく、モーリタニアやマリ、ガンビアなどからも家畜が集結する。

ダーラはルガ州の東側に位置するが、ダーラやそこから更に東のリンゲールという街は畜産で有名である。この地域を車で走ると見事に畑がなく、雨期後の10月は草が青々と地面を覆って家畜の餌の宝庫となる。特にリンゲールの牛は質が高いことで有名だ。
c0116370_09022271.jpg

毎週日曜日のマーケット(ルマLoumaと呼ばれる)の日、ダーラには近隣の村から多くの方々がやってきて、一週間で最も活気のある日となる。そのため、銀行も郵便局も市役所も、日曜日は営業・開館している。この街は、金曜日と土曜日が休みらしい。セネガルでは珍しい。

この日、落ちるんじゃないかと心配してしまうほど大勢の人が乗った車や馬車がダーラの街に向かっていた。
c0116370_09055929.jpg
c0116370_09055989.jpg
c0116370_09101729.jpg


家畜マーケットは、かなり広く、歩いて見るには時間がかかる。そんな事前情報も何もないままに到着した私たちの近くに、偶然にも馬車を持っているというお兄さんが危険だから案内するよと話しかけてくれたのだが、この馬車での案内が本当によかった。今までに経験したこともない光景を見られ、こういう案内がなければ絶対に入ることもできなかった牛のマーケットもぐるっと一周できた。本当にすごい迫力なのだ。

家畜マーケットは、牛、羊、馬と場所が異なる。特に牛は体が大きい上に、気性が荒い牛もおり、一般客が入るのは危険なため、高い塀で囲われている。
c0116370_07545616.jpg
c0116370_07545697.jpg
c0116370_07545739.jpg

こんな状態だとどれが誰の牛なのかも分からなくなりそうだが、この雑踏の中で取り引きされているのだからすごい。

赤毛の茶色い牛は、モーリタニアから来た牛で、白い牛はセネガルのルガ州の牛だという。大きくて立派な牛は300万セーファー(60万円)で取り引きされることもあるが、平均的な牛は、10万~30万セーファー(2万~6万円)程度。馬車で案内してくれたお兄さんは、この日、17万セーファー(3.5万円)で牛を1頭購入したらしい。やはりダカールと比べると格段に安い。
c0116370_07545735.jpg

バイヤーは、トゥバ、ルーガ、サンルイ、ダカール、ケベメール、ジュルベルなど、様々な街からやってくる。売られた牛は、一旦行き先ごとに別の区画に入れられて、トラックが来るのを待つ。




購入した牛を車に積む人々。
c0116370_07552188.jpg


こっちは羊のマーケット。
c0116370_07552122.jpg
c0116370_09102686.jpg



そして、こちらは馬のマーケット。
c0116370_09101778.jpg

牛乳やヨーグルトを販売する人もいる。
c0116370_07552195.jpg

マーケットの方々用に食堂もあり、こうして調理された肉も売られている。
c0116370_07552184.jpg
最終的にこういう大きなトラックで、ダカールやトゥバまで家畜を運ぶ。
c0116370_09102727.jpg
案内してくれたお兄さんと相棒の馬。ベッキーという名前らしい。
c0116370_09102798.jpg
偶然にもダーラに行った日曜日がマーケットの日だと知り、偶然にもセネガル最大の家畜マーケットだと教えてもらい、偶然にもベッキーに出会えたおかげで、週末プチ旅行が更に充実したものになった。いや~、本当に見ごたえがあったなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2018-10-22 09:21 | セネガル | Trackback | Comments(3)
ジンという幽精
昨日アップした信仰の話旅行先を事前に言わないアフリカの文化)をアシスタントとしていた時に、ジンという精霊の話になった。英語ではJinn、フランス語ではDjinnと書く。私は初めて聞いた言葉で、セネガル独特の精霊かと思ったら、イスラム以前からアラブ人に信じられてきた精霊らしく、様々な情報がネット検索で出てきた。

日本イスラム協会は「幽精」と訳すらしいが、それがイメージ的にぴったりくる。「ジンは天使よりは地位が低く、天に登って神の話を直接聞くことはできないが、悪魔のように全くの性悪でもない」そうだ。天使も悪魔もジンと同類ではあるが、「一般的には、ジンは天使・悪魔より一段下の存在で、位階的には人間と同等と考えられている」というのがまた興味深い。「悪魔が常に悪であるのとは違って、ジンの中には良いジンもいる。しかし悪いジンは人間に物理的危害を加えるとも信じられている」。ジンは蛇、犬、猫などの姿で人間に目撃されることもあり、人間に取り憑くこともある。
参照:http://www.jccme.or.jp/japanese/11/pdf/11-05/11-05-10.pdf


で、なぜ昨日の記事からジンの話になったかというと、旅行先を事前に周囲に伝えると、ジンが悪さをすると信じている人もいるというのである。

セネガルでジンの話を聞くと、もう少し魔術sorcellerieという意味合いが出てくるような気がする。ある人に不幸を起こさせたい人が魔術師に依頼し、ジンを呼び出し、意図的に悪さをしてもらうのだ。この他にも、原因の分からない病気を治すためにジンをよぶ儀式を行ったり、選挙に勝つためにジンを使ったりという話もある。ネットでよく見られるのは、ジンに取り憑かれて奇声を発する人の動画や外見が変わってしまった人の写真やら。日本でいうところの「霊に取り憑かれた」状況なのだろう。

私の周囲のセネガル人は、イスラム教はジンを否定していると話しているが、アラブ世界ではイスラム以前からの崇拝を無視できず、ある程度認めているらしく、いまやどこまでがイスラムでどこからが非イスラムなのか分けるのは難しくなっているらしい。

この種の話題は突き詰めるとよく分からなくなるのでお手上げ。

ただ、今でもセネガルの特にレブ族ではジンに関する様々な儀式があり、神頼みならぬジン頼みする人も多いことはよくわかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2018-10-13 06:16 | セネガル | Trackback | Comments(1)
旅行先を事前に言わないアフリカの文化
最近映画の記事ばかりで、この後も2つ映画を紹介しようと思っているのだが、その前にプチブレイクで、私の知っているアフリカの国々でよく聞く信仰の話をご紹介。

*******************

先日、私が仕事で関係しているセネガルの方が、知らない間に日本へ出張していたことを、その方が日本に到着してから知った。この方とは出張の4日前に面会したのに、その時には何も言っていなかった。むしろ、それではまた来週会いましょうくらいの対応で、その数日後に出張に行っちゃうのだから。。。こういう時、私って出張先を言えないほど信頼関係が築けていなかったかしらとちょっとだけ落ち込んでしまう。今回の出張目的が私との仕事とは関係なかったとはいえ、折角日本に出張するであれば、日本にいる関係者とも会ってもらいたいし、事前に教えてくれればもっと余裕をもってアポを調整できたのに。。。

こういう体験は他の国でもあり、マダガスカルでもプロジェクトを進める上で非常に重要な農業省の方が、3ヶ月の海外研修に行ってしまうことを研修出発の数日に知って、バタバタと引き継ぎをしたことがあった。ブルキナファソでも知らない間に、じゃあまた明日協議しよう!と言って別れた関係者が、翌日から出張に出かけていたことがあった。

これらの前もって旅行先を言わない件について、今日、セネガル人アシスタントに理由を聞いてみたら、他の国でも耳にしたことのある説明をしてくれた。

セネガルでは、旅行先を皆に知られると出発前あるいは目的地に到着するまでの間に不幸が起こると言われている。特に、出発前に何かしらの不幸が起きて出張に行けなくなると信じる方が多い。そのため、旅行することは両親などの本当に近しい人にしか事前に伝えず、兄弟ですら知らないことがある。大抵、目的地に到着してから「Je suis bien arrivé en France.(フランスに無事に着いたよ)」などと周囲に伝える。それは国内旅行でも同じだそうで、とりわけ農村地域の人々はこの言い伝えを信じる傾向がある。

あるセネガル人の友人は、フランス留学の試験が受かり(フランス大使館が開催する試験で上位3名が留学できるコンクールに、友人は3位で試験を通った)、あとはフランスへ入学登録をしに行くだけとなり、誇らしく思った両親が周囲の人々に受かったことを話したそうなのだが、直前になってフランス大使館から3位の友人ではなく4位の方が合格することになったと連絡があったそうだ。全くもって何が起きたか分からずかなり落胆し、やはり両親が早い段階で周囲に話してしまったことが原因なのではないかと思ったという。

この友人は、その後アメリカ留学の奨学金を得たのだが、その時は両親にも口止めし、出発前日まで数人しかしらなかったらしい。

様々な方々が話す内容から推測するに、近しい人ほど旅行の邪魔をするようだ。おそらく嫉妬からくる邪魔で、それを警戒して誰にも話さなくなる。何か不吉なことが起こると、それは誰かが魔術を使って意図的に企てたに違いないと考える。

*******************

この話からもう一つだけ思い出した話がある。

それは、セネガル人女性は妊娠したことも周囲に伝えないということ。セネガルに長く住む日本人の方が話していたのだが、どう見ても臨月で今にも生まれそうなお腹をしていた女性に、「あら、妊娠しているのね、おめでとう!」と伝えたら、「いえ、妊娠なんかしてません」と頑なに否定されたらしい。最近はさすがにお腹が目立ってきたら否定することは少なくなってきたようだが、それでもなるべく気付かれないようにゆったりとした服を着るそうだ。

*******************

やはりいろんな考え方があるもので、こういう中で日本の基準を押し付けたら亀裂を生むだけ。だから、まずは相手を理解し、その上で自分としてはこうしてほしかったと言えればいいのだが、それもなかなか思うようにうまく言えないもので、日々のやり取りを通して暗黙知として身につけていくしかないなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


by iihanashi-africa | 2018-10-12 04:49 | セネガル | Trackback | Comments(6)