2018年 10月 13日 ( 1 )
ジンという幽精
昨日アップした信仰の話旅行先を事前に言わないアフリカの文化)をアシスタントとしていた時に、ジンという精霊の話になった。英語ではJinn、フランス語ではDjinnと書く。私は初めて聞いた言葉で、セネガル独特の精霊かと思ったら、イスラム以前からアラブ人に信じられてきた精霊らしく、様々な情報がネット検索で出てきた。

日本イスラム協会は「幽精」と訳すらしいが、それがイメージ的にぴったりくる。「ジンは天使よりは地位が低く、天に登って神の話を直接聞くことはできないが、悪魔のように全くの性悪でもない」そうだ。天使も悪魔もジンと同類ではあるが、「一般的には、ジンは天使・悪魔より一段下の存在で、位階的には人間と同等と考えられている」というのがまた興味深い。「悪魔が常に悪であるのとは違って、ジンの中には良いジンもいる。しかし悪いジンは人間に物理的危害を加えるとも信じられている」。ジンは蛇、犬、猫などの姿で人間に目撃されることもあり、人間に取り憑くこともある。
参照:http://www.jccme.or.jp/japanese/11/pdf/11-05/11-05-10.pdf


で、なぜ昨日の記事からジンの話になったかというと、旅行先を事前に周囲に伝えると、ジンが悪さをすると信じている人もいるというのである。

セネガルでジンの話を聞くと、もう少し魔術sorcellerieという意味合いが出てくるような気がする。ある人に不幸を起こさせたい人が魔術師に依頼し、ジンを呼び出し、意図的に悪さをしてもらうのだ。この他にも、原因の分からない病気を治すためにジンをよぶ儀式を行ったり、選挙に勝つためにジンを使ったりという話もある。ネットでよく見られるのは、ジンに取り憑かれて奇声を発する人の動画や外見が変わってしまった人の写真やら。日本でいうところの「霊に取り憑かれた」状況なのだろう。

私の周囲のセネガル人は、イスラム教はジンを否定していると話しているが、アラブ世界ではイスラム以前からの崇拝を無視できず、ある程度認めているらしく、いまやどこまでがイスラムでどこからが非イスラムなのか分けるのは難しくなっているらしい。

この種の話題は突き詰めるとよく分からなくなるのでお手上げ。

ただ、今でもセネガルの特にレブ族ではジンに関する様々な儀式があり、神頼みならぬジン頼みする人も多いことはよくわかった。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-10-13 06:16 | セネガル | Trackback | Comments(1)