フランスの黒人の地位
フランスに住むアフリカ人の友人の一人で建設会社を経営している人がいます。彼はカーボ・ヴェルデ人です。カーボ・ヴェルデは、アフリカの西沖、セネガルの西に位置する島国です。私の友人は、何年もの下積みの後、自分で会社を立ち上げ、モダンなビルの建設を下請けるまでに成長しています。

彼はプジョーとベンツの2台の車を所有しています。私がもう少し車に詳しければ、種類や型も説明できるのですが、如何せん車には疎いものでブランド名しか分かりません。とにかく、プジョーは仕事場、つまり建設現場に行くとき、ベンツは週末に出かける時に乗るそうです。

ある日、プジョーを修理に出し、ベンツで仕事に出かけた彼。帰宅途中に警察の検問に遭いました。彼が、免許証や必要書類を警官に見せた時、警官はこう言ったそうです。

「宝くじでも当たったのか?」

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2007-07-25 15:05 | フランス | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/6559522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by zner at 2007-07-25 16:02
人種差別は、よくアメリカなどが有名ですけど、EUでの人種差別問題は、最近になって、日本でも知られてくるようになったと思います。
少し前に、フランスで雇用問題に関する暴動があった際に、フランスに住んでいるアフリカ系黒人が差別扱いされている事をTVで紹介していました。
どうやら、フランスは、移民が住むにはかなり難しい状況にあるようです。
特に、今は、失業率などが高い事が影響していると思います。
Commented by iihanashi-africa at 2007-07-28 03:30
フランスの移民問題は現仏大統領が内務大臣に就任した頃から、特に大々的に取り上げるようになってきた気がします。フランスの失業率はまだ10%近くありますし、おっしゃるとおりこのことがまず第一に影響していると思います。フランスの失業率は長年問題ではありますが、なかなか打開策が見つかりません。現大統領の移民政策がどのような影響を与えるか見ものではありますが、労働者が不足していたときには低賃金で彼らの手足となる人を歓迎し、現在は労働者は要らないから選りすぐりの頭のいい人材だけ受け入れる。都合がいい気もします。
Commented by zner at 2007-07-28 07:38
なるほど、そこまで明確な状況はTVでは伝えてなかったので、とても、勉強になりました。
でも、そうなってくると、フランスの犯罪発生率も、アメリカ並みに増加傾向にあるのでしょうね。
ちょっと観光でというのも、それなりの警戒心が必要になってくるかも。
日本も今現在は、少子高齢化で、いずれは移民を受け入れるのでは?と
私個人で勝手に推測しているのですが、治安悪化だけは避けて欲しいですよね。
Commented by 台湾人 at 2009-11-29 18:54 x
人種差別は主に英米や豪州などのアングロサクソン系の国家のみだと思っていました。
Commented by iihanashi-africa at 2009-12-14 05:35
フランスの人種差別も相当のものです。イギリスよりも多いのではないでしょうか。アフリカに関わり、アフリカ人の友人が何人もできると、悲しいかなどんどんフランスの見方が悪いほうへ代わってしまいます。
<< トレーナーにカビ アヴィニョン演劇祭 >>