「カヤのブロシェット」という串焼き
ブルキナファソの首都ワガドゥクから北東に100kmほどのところにカヤKayaという街がある。最近はここに出張することが多い。この街の特産品といえば皮製品なのだが、それと同じくらい有名なのがBrochette de Kayaと呼ばれる牛肉の串焼きである。ブロシェット(=串焼き)はどこにでもあるのだが、カヤの串焼きはピーナッツパウダーがまぶされている。今や「カヤのブロシェット」というブランドになっている。

牛肉の赤身を小さく切って串にさし、ピーナッツパウダーをつけるのだが、このパウダーには乾燥トウガラシ、ニンニク、マギーと呼ばれるコンソメキューブ、塩が混ぜられており、しっかりと味がついている。パウダーをまぶしてからグリルする。
c0116370_01121453.jpg
c0116370_01121488.jpg
c0116370_01121478.jpg

一本50fcfa(約10円)。一つが小さいので10本くらいは軽く食べてしまう。
c0116370_01121338.jpg

カヤに行かれたら是非ご賞味あれ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-08-21 15:42 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29699544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Lianeというフルーツ サヘル地域の犂耕起の様子 >>