雨期のサヘルとニアメの街並み
今回の出張は、ブルキナファソとニジェールのセット。先週末にブルキナからニジェールへ移動してきた。今年は6月に雨期が始まったが、なかなか順調に雨は降らず、やっとこの時期になって数日に1回降るようになってきた。普段はまっ茶色のサヘル地域が、この時期、急に青くなる。雑草の種子は強いもので、一年のうち8ヶ月は全く雨が降らない砂地で、灼熱と乾燥に耐えながら砂に交じって辛抱強く雨を待つ。そして1回の雨で芽を出し、自己主張を始める。今まで草一本映えていなかったところが青くなるとかなり感動するのだ。

雨が降ると木々も青くなり、水の溜まる部分が葉脈のようにはっきり分かるようになる。
c0116370_00400679.jpg
c0116370_00400742.jpg
c0116370_00243632.jpg
c0116370_00243656.jpg

ニジェールの首都ニアメは、ニジェール川を挟んで街が広がっており、ニジェール川の両岸には灌漑区や野菜の畑が見られる。
c0116370_00243719.jpg
c0116370_00243739.jpg
c0116370_00243520.jpg
ニジェール川は大きい。
c0116370_00400634.jpg
c0116370_00400673.jpg

以前の投稿の方が写真がキレイなので、こちらもどうぞ。
初めてのニジェール。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-07-18 02:49 | ニジェール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29638378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブルキナファソのママチャリ ワガドゥグの街並み2 >>