カーボベルデ旅行1日目:シダーデ・ヴェーリャ
世間はワールドカップ一色で、しかもセネガルと日本が同じグループでヒートアップしているというのに、セネガルにいる私は、この日、海外旅行に出かけた。もちろん結果は気になるので、旅行中も携帯で経過を確認していたが、サッカーはライブで見ていると心臓に悪いし、携帯で確認するくらいが私にとってはちょうどいい。で、あとから得点シーンだけ見て楽しむ。ということで、サムライブルーをおいて、旅行を楽しんできた。

セネガルに滞在している間に一度行きたかった国、カーボベルデ。日本からわざわざこの国を目指して旅行するには遠すぎるが、セネガルからだったら飛行機で1時間だし、行ったことがある方は誰もが口を揃えてよかったと語るので、どうしても行ってみたかった。日本から相棒もやってきた先週、4泊5日で旅行してきた。

カーボベルデを旅行するにあたり、ガイドブックを探したが日本語のものは存在しない。英語と仏語のガイドブックも購入したが、文字ばかりで読むのが疲れてしまう。あとからこれらのガイドブックもかなり役に立ったのだが、最初にカーボベルデのイメージをざっくりとつかむのに、様々な日本人旅行者のブログがとても参考になった。なので、私もこれから旅行する方々の参考になるように少し旅行記っぽく書いてみようと思う。

アフリカ大陸の最西端はセネガルなのだが、その更に西にカーボベルデという島国がある。アフリカ諸国の中でもっとも西に位置する国である。
c0116370_07495540.jpg
カーボベルデの国旗に黄色い星が10個描かれているが、カーボベルデが10の島からなる列島であることを意味する。興味深いことに、それぞれ自然環境が異なり、住む人々や島の文化も変化に富んでおり、島を移動するたびに新しい発見をする。
c0116370_07495599.png


今回は、3つの島を訪れることした。首都プライアのあるサンティアゴ島芸術の島サン・ヴィンセンテ島緑豊かで岩山のような島サント・アンタン島。この他にも火山とワインの島フォゴ島や、美しいビーチに囲まれた島サル島など時間があれば行ってみたいところは多かったのだが、今回はサント・アンタン島のトレッキングとフォゴ島火山の登山とを天秤にかけて、トレッキングを選んだ。最初に書いておくと、私にとってのカーボベルデの最大の魅力は、海からにょきっと出た岩山と、深い谷間と、急斜面に作られた砂糖キビやトウモロコシの段々畑と、その自然の色の中に映えるカラフルな家々のコントラストかなあ。それを楽しむにはやっぱりトレッキングがいいと思った。時間があったらもう少しサント・アンタン島にいたかったかも。
c0116370_07495585.png



1日目:ダカールからプライアへ

c0116370_07495575.jpg

セネガルの首都ダカールとカーボベルデの首都プライアは、週に3便直行便が飛んでいる。TransAirというセネガルの航空会社。チェックインする際に窓側の席をお願いしたら、「このフライトはFree sittingです」という。アフリカでも15年くらい前は自由席のフライトはまだ結構存在したが、最近はなかなか見かけない。それも国際線で自由席などこの時代なかなかない。と、こんな会話を夫としながら搭乗券を受け取ったらシートナンバーが書いてあるではないか。自由席と言いながら良く分からない。私たちは結局シートナンバー通りに座ったが、そうでない人もいたようでやっぱり自由席というのは正しかったみたい。


ダカールからプライアまでは1時間ほどのフライト。
着陸直前に首都プライアの街がちょうど綺麗に見えた。
c0116370_07495560.jpg
プライアの中心街プラトー地区は高台にあると書いてあったが、それがとてもよく分かる写真が撮れた。
c0116370_07495506.jpg

c0116370_07501253.jpg



空港に着いた瞬間から、普段サブサハラアフリカ諸国で感じるなんというか騒々しいガヤガヤした雰囲気がなく、建物や機材がキレイでタクシーもキレイで、なんか「アフリカ」ではないと感じる。

実はこの旅行の2日前、友人とカーボベルデのビザの話題になり、もしかしたらカーボベルデ出発前に大使館でビザを取得しなければならないのではないかという不安にかられた。帰宅後もう一度ネットで調べ、やはりon arrivalでも取得できることは確認しながらも、ちょっとだけ不安は残っていたが、到着後、空港で一人25ユーロを支払い、全く問題なくon arrivalでサクサクっと取得できた。ほっ。

あと空港のパスポートコントロール後に、黄熱病のイエローカードも確認された。最近セネガルでも空港でイエローカードを確認するようになり、夫に黄熱病の予防接種を受けてきてもらったのだが、セネガル入国時には結局チェックされず、やっぱりいらないんじゃないみたいな話をしていたところに、まさかのカーボベルデ入国時にチェックされるというサプライズ。ここで必要だったかー。受けてきてもらってよかった。おそらくヨーロッパから直接来る人は必要ないのだろうけれど。。

この日は日曜日。市内は開いている店などなく閑散としているということだったので、ホテルで少し休んで、昼からプライアから車で30分ほどのシダーデ・ヴェーリャCidade Velhaに行くことにした。
c0116370_07501420.jpg

到着後、まずは腹ごしらえ。
プライアのホテルのレセプションで教えてもらった魚が美味しいレストランTereru di Kulturaの店頭でまずは魚を選ぶのだか、どれが美味しいか分からないため、お勧めと言われた赤ハタ(Garoupa)とタコを注文した。
c0116370_08005479.jpg

そして料理されたハタが出てきて驚き。ものすごくふんわり柔らかく、みずみずしい。こんなに美味しい魚はセネガルで食べたことがない。ダカールも同じように魚がとれるはずなのに、この新鮮さの違いはどこからくるのだろう。
c0116370_07501487.jpg

c0116370_07501436.jpg



料理が出てくる前に、女の子が売っていたトウモロコシの揚げパンのようなものも食べたのだが、これも噛むとトウモロコシの甘い味がしみだして結構おいしかった。なんという食べ物なのだろう。。。


さて、シダーデ・ヴェーリャを観光する前に、カーボベルデの歴史を少し知っておく必要がある。多くの歴史的書物には、カーボベルデは1444年にポルトガルの冒険家が発見したと記述されている。それまでは無人島だったらしい。しかし、アラブ人の冒険家がその前に来ているとも、アフリカ大陸のウォロフ族やレブ族が来ているともいわれ、本当のところは良く分かっていないようだ。

1462年、ポルトガル人がサンティアゴ島に到達し、リベイラ・グランデという都市を創設した。現在のシダーデ・ヴェーリャである。16世紀には黒檀、綿生地、砂糖キビの商業が発展しだし、加えて奴隷貿易の中継地として栄えることとなる。ヨーロッパとアフリカとブラジルの三角貿易がこの頃発展するのだが、この歴史を知ると、カーボベルデにラテンの雰囲気を感じる理由が分かる。アフリカでもないけれどヨーロッパでもないこの雰囲気は何だろうと不思議に思っていたのだが、様々な混血の人々やカラフルな建物やサルサに近い音楽など見聞きすると、様々な面でラテンを感じることに気付く。無人島だったところに3つの大陸の文化が混ざるとこうなるのかと、新たな発見だった。

さて、少し脱線したので話を戻すと、1770年に首都がプライアに移されるまで中心地だったリベイラ・グランデ(現シダーデ・ヴェーリャ)は言ってみればカーボベルデ最古の都市である。海賊に何度も攻撃された経緯もあり、城塞跡や大聖堂、奴隷マーケット跡は、当時ほとんど破壊されてしまったが、ユネスコの世界遺産に登録されたことで、城塞の再建や教会の修繕などが行われている。

Nossa Senhora do Rosario教会
シダーデ・ヴェーリャで最も古い現存建築物。1495年に建設されている。サブサハラアフリカでは珍しいゴシック様式なのだそうだ。
c0116370_08005410.jpg
ペルリノPelourinho広場のさらし台
16世紀の奴隷貿易が盛んだったころ、この広場は奴隷マーケットとなり、命令に背いた奴隷をさらし刑に処す場所でもあった。知らないと見過ごしてしまいそうな小さな大理石の塔なのだが、シダーデ・ヴェーリャを語る上でとても重要な建造物で、最初に修復されたのだそう。
c0116370_08012490.jpg
大聖堂跡
西アフリカ最初の大聖堂として1556年に建設が始まったが、教権支持派と王制側の関係悪化で建設が滞り、完成したのは1700年になってかららしい。しかし、完成したのもつかの間、度重なる海賊の攻撃ですぐに衰退してしまった。
c0116370_08012319.jpg
シダーデ・ヴェーリャの街から見上げると、崖のすぐ上にレアル・デ・サン・フィリペ要塞が見える。
c0116370_08073149.jpg
この要塞は、1585年のイギリス人海賊の攻撃を受けて、街を守るために建設が始まった。水を溜めるタンクや階級分けされた兵士の部屋の跡、奴隷の部屋などが今でも分かる。この要塞にはきれいな英語を話せるガイドがおり、この説明がとてもいい。説明がないとなんのこっちゃ分からないドームも、とても貴重なものに見えてくる。
c0116370_08073266.jpg

奴隷の部屋の跡。
c0116370_08073270.jpg

要塞のすぐ下はシダーデ・ヴェーリャの街。こうしてみると、海からの攻撃を発見しやすい環境にあったのがよく分かる。大砲も当時のもの。
c0116370_08075018.jpg

当時要塞は、海側にしか壁がなかった。海賊は皆、海から攻撃をしてくるのが常だったから。しかし、その裏をかいたのが、フランスの海賊ジャック・カサールだった。彼らは陸地に入り込み、要塞を裏から攻撃し、要塞はもちろんのこと街全体が崩壊した。この裏側の壁は修繕工事で新たに建設されたのだそう。
c0116370_08074958.jpg

シダーデ・ヴェーリャの当時の名前リベイラ・グランデは、ポルトガル語で大河という意味。これがその名前が付けられた所以。相当大きな河だったのだろう。
c0116370_08075066.jpg

崖をよく見るとこうして横に線が入っている。これは浸食防止のためアロエベラが植えられているそう。
c0116370_08073219.jpg
これが植えられたアロエベラ。
c0116370_08080434.jpg

c0116370_08073273.jpg


反対側の高台に大きなヤシの木が一本立っていた。これ、携帯の電波塔らしい。景観を乱さないようユネスコの提案でヤシの木を模した形になった。他にも、中学校が高台に建設されたり、ホテルは街中から少し離れたところに建設されたりと、世界遺産となった街が当時のまま残される形になっている。

シダーデ・ヴェーリャの街中は、道路も家も石がベースで、とても風情がある。歩いて散歩するだけで気持ちがいい。特にバナナ通りと呼ばれる小道があり、かわいらしい。
c0116370_08012422.jpg
c0116370_08012449.jpg
c0116370_08012495.jpg

人々の生活ものどかだ。
c0116370_08012350.jpg
c0116370_08073131.jpg

ほんの3時間程度の外出だったのだが、見どころ盛り沢山だったなあ。

夜は夕食ともとらずにホテルで爆睡。
c0116370_08080483.jpg
明日はサン・ヴィンセンテ島へ移動する。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング



[PR]
by iihanashi-africa | 2018-07-03 08:21 | カーボベルデ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29611461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カーボベルデ旅行2日目:ミンデ... アブジャのナショナルモスク >>