アブジャのナショナルモスク
ナイジェリアの首都アブジャは計画都市である。1976年に、首都を南部のラゴスから中部のアブジャに移動する決議がくだされ、その後からアブジャの都市開発が始まり、最終的に1991年に正式にアブジャが首都として機能し始めた。

アブジャは地図を見るとナイジェリアのちょうど中心に位置するのだが、かつては広い意味で「北部」と捉えられていたらしい。そのため、首都の移動は、キリスト教徒の多い南部とイスラム教徒の多い北部の調和を促すどころか、ムスリム色を強めて亀裂を深めてしまう恐れがあった。現に、新しく建設された国会議事堂はモスクのようなドーム型の形をしており、当時は多少なりイスラム色を強めてしまったと表現されている。

政府はなんとかイスラムとキリストの融和を都市計画に反映すべく、意図的に中心部にナショナルモスクとナショナル教会を建設している。モスクと教会は、アブジャ市内を南北に走る大通りを挟んで、モスクが北側に教会が南側に位置するように建設されている。モスクのミナレットと教会の鐘楼はほぼ同じ高さになっているらしい。

前回のナイジェリア出張中は、モスクしか訪問できなかったので、とりあえずモスクの写真のみ。サウジアラビアのファイナンスで建設されたらしいが、かなり大きい。人が写っている写真だとその大きさが分かるだろうか。

女一人で訪問したので、入場拒否されないかちょっとドキドキしたが、しっかりスカーフを巻き、イスラム女性になりきって管理人に話しかけたら、快く案内してくれた。もともとイスラム教徒でなくても入場可能という情報は入手していたが、やはり入るまではドキドキする。
c0116370_08042924.jpg
c0116370_08043001.jpg
c0116370_08042973.jpg
c0116370_08043027.jpg
c0116370_08043098.jpg
c0116370_08042957.jpg

教会は、週末にイベントが多く、見学は不可ということで、遠くからの写真のみ撮影できた。平日なら見学できるみたい。次回は行ってみたいな。
c0116370_08042901.jpg

[PR]
by iihanashi-africa | 2018-06-22 07:57 | ナイジェリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29590828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カーボベルデ旅行1日目:シダー... ナイジェリアの現代アート >>