守られない分刻みのアポ
これまでダカールには車検を行えるセンターが一ヶ所しかなかった。毎日、結構待っても数センチしか動かないような渋滞が発生しているこのダカールで、である。一説には30万台の車がダカール市内を走っていると言われるが、車検センターが一ヶ所しかないというのがダカールの車所有者の悩みの種だった。単純計算すると、1日500台以上の車検を行わなければならない形。まあもちろん、車検を受けない車も多く、500台が一気に集まるわけではないが、ハン地区にある唯一のセンターは、毎日早朝から車検を待つ車の渋滞ができており、予約なしでセンターに行くとどれだけ待たされるか分からない。

しかし、今年1月に、ダカールのンバオ地区に二つ目の車検センターが設置された。この二つのセンターが、大都市ダカールの車全てをカバーできるかというとそれも甚だ疑問で、2か所設置された現在もなお、センター横の長蛇の列は完全には解消されない。ただ、1ヶ所よりは2カ所あった方がもちろんありがたく、加えて全てのタクシーと8年以上の車は、ンバオの車検センターに行かなければならないという規則ができたため、少しだけ待ち時間が減った。


さて、先日、仕事で使用する車の車検を行うために、ハン地区の車検センターにアポをとった。電話をしたアシスタントが、「アポは今週金曜日の10時24分になりました」という。「は?24分???」ときょとんとした私に、アシスタントは「私も間違いかと思ったのですが、確認したらやはり10時24分と言われました」と話す。こんな分刻みのアポは初めてである。

24分という時間を設定してくるからには、どれほど分刻みの仕事をしているのかと思いきや、案の定、運転手は1時間待つ羽目になる。まさかセネガルで24分ぴったりには始まらないとは思ったが、最近は会議も時間通りに始まることもあるし、もしかしたら車検も10分くらいの遅れで始まることもあり得るかもという期待は多少あった。だが、大いに期待を裏切ってくれ(笑)、余裕の1時間の遅れ。分刻みのアポは一体何の意味があるのだろう。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカランキング


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-06-14 05:37 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29554289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ラマダン中とラマダン明けの食事 ダカール・ビエンナーレ2018 >>