ナイジェリア料理一覧
これまでのナイジェリア出張で出会ったローカルフードをまとめてみることにする。私のナイジェリア知識は全て短期間の出張から得られてものなので、実際はもっとずっと奥深いと思うのだが、とりあえず私の知る範囲でリストアップしておこう。

今までの各国料理記事。
ブルキナ料理一覧
ニジェール料理一覧

ナイジェリア料理は、基本的に「辛い」
ライスもソースも何もかもが基本ピリ辛。セネガル、ブルキナ、ニジェールの料理は、もともとのベースはほとんど辛くなく、横にトウガラシがついている。みなさん意外と辛さが苦手だったり、健康のためにトウガラシを食べていないという方もいる。しかし、ナイジェリア料理はベースから辛いため、ちょっとの辛さも苦手な方には拷問かも。ただ、ベースは激辛ではなく「ピリ辛」なので、プラスアルファでトウガラシを入れない限り、十分に美味しく食べられる。

ナイジェリアで最も多く食されるベースの食材はイモ類とコメ、それとプランテンバナナ。特にイモ類の豊富だ。ナイジェリアのカウンターパートと食事をした際に、「あなたもスワロを食べるか?」と聞かれた。何のことかと思ったら、英語のSwallow、つまりたやすく飲み込めるものということで、全てのPounded thingsを総称してスワロと呼ぶらしい。正確にはPoundedしたものではないアマラやガリも含めるのだが、餅みたいに喉越しよく飲み込めるものは「スワロ」らしい。スワロの大半はイモ類とプランテンバナナである。

c0116370_08413558.jpg


「フフ Fufu」
蒸かしたヤムイモやキャッサバ、プランテンバナナを餅のようについたもの。様々なソースと共に食べる。これは西アフリカ諸国で広く食べられており、ブルキナではフトゥと呼ばれていた。


c0116370_08412219.jpg

「アマラ Amala」

見た目はフフと似ているが大きな違いは、フフは餅のようについて出来上がり、アマラはドライヤムあるいはドライキャッサバ、ドライプランテンバナナから作るということ。ドライしたものに熱湯を加えて練り込む。乾燥させると黒く変色するため、見た目も黒っぽい色になる。写真はキャッサバのアマラ。ヤムイモやプランテンバナナよりも粘り気が強く、発酵しているため酸味がある。もちろん、様々なソースと共に食べる。



「ガリ Garri」
キャッサバを乾燥させ粉状にし、2、3日かけて発酵させた後、大きな鍋で傷める。その後お湯と混ぜてもちもちっとしたペースト状のガリが出来上がる。


c0116370_08414396.jpg


「モイモイ Moi-Moi」
私がナイジェリアで食べた料理の中でベスト1に近いローカルフード。蒸かした豆の皮を取り除いてペースト状にし、タマネギやパームオイル、スパイスを混ぜて、バナナの葉に包み(左下の写真)、それを蒸かす。細かく刻んだドライフィッシュやゆで卵が入っていることもある(右下の写真)。オレンジ色をしているのはパームオイルの赤い色。様々なソースと共に食す。


c0116370_08504888.jpg
c0116370_08414322.jpg



c0116370_08413429.jpg

「ジョロフライス Jolof Rice」
ガーナからナイジェリアにかけて食べられている炊き込みご飯。イモ類に匹敵するくらい、よく食べられる。どちらかというとチャーハンのような食感。セネガルのジョロフ王国の料理、つまりセネガルの国民食チェブジェンがルーツと言われている。ナイジェリアでは、パーボイル米を食べる習慣があり、ジョロフライスもほとんどパーボイル米。白米より料理に時間がかかるが、こういうしっかりとした食感も悪くない。多くの場合、ジョロフライスは肉や魚や野菜と共に食べる。



「ペペスープ Pepper soup」
牛肉やヤギ肉、魚、トウガラシ、ナツメグなどを煮込んだスープ。同僚がPepper soupを綺麗な英語発音で注文したら、paperが出てきたのを思い出す(笑)。レストランでコピー用紙注文する人ってなかなかいないでしょうに。ここではペペと発音するのがベストらしい。


c0116370_08413485.jpg


「エグシスープ Egusi Soup」
ナイジェリア料理で最も有名な料理の一つ。他国ではみられない特有料理だと思う。エグシメロンという小型のメロンの種をつぶして料理のベースとする。エグシメロンは、所謂フルーツとしての果実の甘いメロンではなく、種を食べるために栽培するメロン。私はとても好きな味である。この料理は別途記事を書いたので、こちらをどうぞ。
エグシメロンの畑


c0116370_08410020.jpg

「アフォンスープ Afang Soup」
ナイジェリア南部のイビオビオ族のオリジナル料理だが、現在ナイジェリア代表するスープの一つとなった。アフォンの葉やwaterleavesという葉がベースで、それに肉や野菜、ドライフィッシュなどを加えたスープ。


c0116370_08414364.jpg


「オクラスープ Okra soup」
写真はジョロフライスと共に食すオクラスープ。これは西アフリカ全般で食され、ナイジェリアも例外ではない。とろっとしたまろやかなピリ辛味はやはり食べやすくで安心する味。


c0116370_08412333.jpg



「エフォリロ Efo Riro」
ヨルバ族の伝統料理。ほうれん草のようなEfinrinという葉とEfo sokoという葉を、トマトやスパイス、肉、魚などと共に炒めたもの。他のソース同様、スワロやライスと共に食す。


「プランテン煮込み Plaintain Porridge」
プランテンバナナと豆の煮込み。プランテンバナナの代わりにヤムイモのこともある。パームオイルたっぷりだけれど、とても美味しい煮込み。



c0116370_08411537.jpg


「ドド Dodo」
揚げたプランテンバナナ。熟したプランテンバナナなので甘くておいしい。様々な料理の付けあわせで選ぶナイジェリア人が多い。


「アカラ Akara」
朝食や小腹がすいた時にスナック感覚で食べる豆の揚げパン。タマネギやスパイスも加えられて、やっぱりピリ辛。南部ではアカラと呼び、北部ではコサイKosaiと呼ばれることが多いらしい。


「スヤ Suya」
ハウサ族の料理なので、ナイジェリア北部やニジェールがオリジナルだが、今や全国各地で食べられるらしい。カメルーンの北部に旅行した時も食べたような気がする。通常は羊肉のグリルで、ナイジェリアの特徴は、やはりトウガラシやピーナッツパウダー、ショウガなどを混ぜたピリ辛スパイスをつけてグリルすること。


写真がない料理は、まだ食べていないが食べたいと思っている料理。次の出張で、もう少し充実させられるかな。


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-05-29 09:16 | ナイジェリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29522470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< エグシメロンの畑 ナイジェリアのイスラム帽子のかぶり方 >>