セネガルのモンドセレクションのビール
セネガルでよく飲むビールにガゼルというビールがある。私はビールの味を表現できないので、一口飲んでディテール表現ができるムッシュSUZUKIの言葉を借りると、「変な甘さがなくて大人向きのビールで、軽いけれどビールらしい苦みがあるところがハートランドに似てる」らしい。
c0116370_08204348.jpg
先日、友人とこのビールを飲んでいて、友人がモンドセレクションのマークに気が付いた。これまで何度となく飲んでいたのに全く気が付かなかった。
c0116370_08192833.jpg

c0116370_08195703.jpg


何が驚きって、日本でしか知られていないとも言われる「モンドセレクション」を、セネガルの会社が取得しようと思ったところ。モンドセレクションが日本の製品ばかりということが分かりやすく記述されているこの記事によると(↓)少し前の数字ではあるが、出品数の87%が銅賞以上を受賞していて、受賞した商品の8割がアジア。そして審査対象品の5割が日本からの出品らしい。アジアが多いのは、日本人をターゲットにしたい商品が多いからかも。審査料15万円を出せば、8割の確率で何かしらの賞を受賞できるらしい
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-4208.html


セネガルのガゼルビールが受賞している2017年の受賞リストを見てみると、JAPANからの商品が多すぎて驚く。
http://flipbook.monde-selection.com/201756142/mobile/index.html#p=1


ただ、その中でアルコール、とりわけビールだけはアフリカの製品が結構受賞している。2017年の受賞ビールをリストップしてみた。こうやって並べると、セネガルのガゼルビールの銀賞獲得!という特別感が薄れる(笑)。

【金賞】
ベナンのラ・ベニノワーズ(la Beninoise)ビール
ブルンジのアムステルロワイヤル(Amstel Royale)ビール
カメルーンのカステル(Castel)ビール
コンゴ共和国のスターク(Stark)ビール
エチオピアのアンバー(Amber)ビール
エチオピアのカステル(Castel)ビール
エチオピアのワリア(Walia)ビール
ガーナのスター・ラガー(Star Lager)ビール
ケニアのピルスナーラガー(Pilsner Lager)ビール
ケニアのタスカ・ラガー(Tusker Lager)ビール
マダガスカルのゴールド(Gold)ビール
ウガンダのナイル・ゴールド(Nile Gold)ビール
ウガンダのナイル・スペシャルラガー(Nile Special Lager)ビール
ウガンダのベル・ラガー(Bell Lager)ビール
ウガンダのタスカ・モルツラガー(Tusker Molt Lager)ビール

【銀賞】
アルジェリアのボーフォール(Beaufort)ビール
カメルーンのボーフォール・ラガー(Beaufort Lagar)ビール
コンゴ民主共和国のンコイ(Nkoyi)ビール
コートジボワールのボック・ソリブラ(Bock Solibra)ビール
ケニアのバロジ・ラガー(Balozi Lager)ビール
マダガスカルのTHBピルスナー(THB Pilsener)ビール
南アフリカ共和国のカーリング・ブラックラベル(Carling Black Label)ビール
セネガルのガゼル(Gazelle)ビール
タンザニアのピルスナーラガー(Pilsner Lager)ビール
タンザニアのセレンゲティ・プレミアムラガー(Serengeti Premiun Lager)ビール
タンザニアのサファリ・ラガー(Safari Lager)ビール


食品や健康食品、コスメなどの分野ではアフリカ製品がほぼ皆無なのに対し、ビールだけは豊富なのはなんだろう。ビールのモンドセレクション獲得は今ブームなのかな?セネガルで、モンドセレクションのマークを見て「お!!!」と思うのは日本人だけのような気もするのだが、ビールについては世界的なステータスになってきたということかな?まあ、アフリカのビール会社とはいいつつも外国資本で、モンドセレクションを獲得しようと考えること自体に、アフリカ以外の外国人の見方が少し入っている気がする。

ちなみに、ケニアのタスカ・ラガー(Tusker Lager)ビールは、モンドセレクションの中でも、最高金賞を3年連続で受賞するともらえる賞、International High Quality Trophyを受賞している。これだけ突出して特別っぽい。で、この話を、ケニアに長く住んだことのある方に話したら、「いや~~、それはないだろう!!」と話していた。やっぱり賞をとっているからと言って、それが自分の好みに合うとは限らないみたい。


2017年の受賞リストを眺めていて、マダガスカルのCaprice Bonbon AnglaisというジュースやJudor Cocktailというジュースが金賞を受賞していることに驚いた。マダガスカルにいたことのある方なら、え、なぜこの二つが金賞?????という疑問が頭の中を旋回し続けるのだが、全く回答が見つからない。こんな人工的な味のジュースがなぜだろう??受賞の基準はなんなのだろう。




[PR]
by iihanashi-africa | 2018-05-01 03:01 | セネガル | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29466591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by deko at 2018-05-01 18:02 x
ビール大好きな私、現地で飲みたいな!
Commented by sgmhmmr at 2018-05-02 00:56 x
ダンス・ダンス・ダンス!
わたしなんか、しっかりと踊らされてました!
メーカー側の戦略に。。。
モンドセレクションってそういうものだったのですね。
勉強になりました。
Commented by iihanashi-africa at 2018-05-02 17:58
dekoさん、セネガルくれば??今年いっぱいはいるよ。マダガスカルのビールも美味しかったけど、セネガルのビールも悪くないよ。
Commented by iihanashi-africa at 2018-05-02 18:39
sgmhmmrさん、これまたこういう事実を知っていても、モンドセレクションのマークがついているのを買ってしまうのですよね。もう頭に染み付いてしまっていて。。
<< カオラックにピラミッド? セネガル女性の結婚祝い、チュラ... >>