国際免許証の署名がローマ字筆記体の理由
つい先日、国際免許証を更新した。アフリカも国際免許証が使える国が多く、わざわざ現地の免許を取得せずとも運転が可能である。
c0116370_15323616.jpg

久しぶりに国際免許証を取得しに行き、かねがね疑問に思っていたことをまた思い出した。

それは、「国際免許証の署名がローマ字の筆記体でなければならないのはなぜか?」ということ。

海外で生活していると、自分の署名(サイン)を求められるケースが多い。署名は大抵パスポートの署名と照合されるため、パスポートと同じ署名を使う。私の場合、漢字を少し崩したようなもの。契約書から銀行からその他諸々の署名はパスポートと同じ署名を使っている。基本、パスポートのサインが私の唯一のサインであり、それ以外のサインなどありえない。

国際免許証は、取得する際に「自分のサインを書いてください」と言われるのだが、必ずローマ字の筆記体で書くように言われるのだ。私は、今まで自分の署名をローマ字の筆記体で書いたことなどなく、所謂私のサインではないサインを署名欄に書くことにいつも抵抗を覚える。書きなれていない筆記体で自分のフルネームを書き、う~~~~ん、これは私のサインではないと毎回のように感じる。

同じ疑問を持っている方は世間に沢山いるらしく、検索すると多くのサイトがヒットするのだが、その中に内閣府のサイトがある。

「規制改革ホットライン検討要請項目の現状と措置概要」
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/hotline/siryou2/keisatu.pdf

2014年に「国外運転免許証の署名に漢字をつかえるようにすべき」という提案事項が出ている。

「国外運転免許証の署名を筆記体のアルファベットで記入するように求める規制は、漢字での署名も可としているパスポートの署名と一貫性がなく、早急に見直すべきである。 署名はパスポートやクレジットカードと同一のものを使用するのが面前での本人確認に使用する観点から も適切と考えます」という内容だった。

それに対する警察庁の回答は、「条約附属書10において、国際運転免許証の記入事項はラテン文字又はいわゆる英国風の筆記体文字で記載することとされていることを踏まえ、道路交通法施行規則別記様式第22の7においても、我が国において発給される国際運転免許証(道路交通法上の国外運転免許証)についてロー マ字つづり又は英語で記載することとしているものです。そのため、国外運転免許証に日本語で署名を記載した場合、国際運転免許証としての要件を満 たさなくなり、条約締約国で自動車等の運転ができなくなることから、対応は困難です」というものだった。

なんとも奇妙な条項だが、まあ今のところトラブルが起きたことはないし、条約で決まっているというなら、そういうことにしておこう。でも、よくよく読むと筆記体文字の記載が義務づけられているだけで、直筆サインじゃなきゃいけないって言ってないし、これってもともと筆記体でどこかに機械的に記載してくれればいい話じゃないのかしら??そしてサインは自分の好きなようにサインすればいいのでは?とも思ってしまう。

海外でも国際免許を取得するときはローマ字の筆記体なのだろうか。。。それこそ海外の方が印鑑ではなくサインの文化のため、疑問に思う人がさらに多そうだが。それに、日本では筆記体を学校で習うけれど、欧米で筆記体を書ける人ってそんなに多くない気がする。筆記体の直筆署名というのを義務付けているのは実は日本だけ、なんてことはないだろうか。。。

あと、いつか見直すことがあったら、この大きさもどうにかしてほしいなあ。パスポートよりも大きいし、財布に入らないし、持ち歩くのが大変。お財布に入る大きさじゃないと、たまに忘れてしまう。

c0116370_15324541.jpg





ちなみに、国際免許証の最後のページはフランス語で記述されている。これも条約の中で免許証の体裁が定められており、最終ページはフランス語で書くと決められているかららしい。


[PR]
by iihanashi-africa | 2018-01-12 15:39 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/29073549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ユージン・スミスの写真展 2018年あけましておめでとう... >>