勝沼の鳥居焼
ずいぶん前の話だが、2016年10月1日に甲州市『かつぬまぶどうまつり』が行われ、県外の友人2名と初めて訪れた。山梨に住んでいながら、それも隣の市でありながら、今まで一度も行ったことがなかった。

勝沼の中央公園広場に勝沼のワイナリーがブースを出しており、1000円でワイングラスを購入すれば、全てのワインが飲み放題である。もちろん食べ物の屋台もあるので、多くの方は、ブルーシートを持参して、お花見シーズンのように一日飲み食いする。

このぶどうまつり、ワインの試飲がメインではなく、まつりの核となるのは鳥居焼であることを初めて知った。両親からも、「鳥居まで火のついた松明を持って中学生が走る様は一度見ておいた方がいい」と言われ、19時くらいまで待つことにした。

暗くなると、松明を持った中学生が走って広場に入ってくる。
c0116370_1234794.jpg


c0116370_1241191.jpg


代表者が中央のかめのようなものに火をつける。


c0116370_124523.jpg


市長が火のついていない松明を持って中央の火をもらいに行き、今度は鳥居まで走る男子中学生(伝統的に中学2年生が行うらしい)の松明へ火を移す。


そして男子中学生たちは、山の中腹にある鳥居へ向けて勢いよく走りだす。
c0116370_1251341.jpg


c0116370_1252793.jpg


こういうお祭りを中学生の時に体験できるのは幸せだと思い、私は勝手に感慨深くなっていた。

帰宅してブログにアップしようと思ってから早3カ月。遅ればせながら記事を書いてみようと思い、まずこの伝統はいつから始まったのか調べてみた。

が、、、全然ネットでは情報がない。

唯一発見したのがこのブログ記事なのだが、内情をとてもよくご存知の方が書いたのか、大変興味深いので、そのまま引用させてもらうことにする。

「がんばれ勝沼ブログ」
http://ganbarekatsunuma.blog58.fc2.com/blog-entry-16.html



『数あるぶどうまつりの行事の中でも核になるには鳥居焼だと思う。古くは江戸時代の文献に鳥居焼の火が山に燃え移り宿の人たちが消しに行ったとある。以来、勝沼の先人たちはどんなにつらく厳しい年でもその火を絶やすことなく燃やし続けて来たのである。しかも鳥居焼は歴史的な根拠や背景もしっかりしている。しかしこんな鳥居焼にもいくつかの問題点が生まれたが、そのつど英知を結集して対応してきたことも事実である。

以前、鳥居焼の火は町内の青年によって大善寺から町内を一周して鳥居に点火されてきた。しかし若い人たちの数が減ったことや祭りのイベントが増えたことから青年だけでは対応しきれなくなったことである。そこで中学生が一役買うことになった。以前は人数合わせ的なところがたぶんにあったと思うが、現在は地域の伝統行事を知り、しかもそれを守り伝えて行くという意義がある。さらにこの意義を深めるために歴史的な背景も加えて学習会も開いている。中学生はやがて成人し勝沼を担う力となろうし、また勝沼の地を離れても新聞、テレビ、雑誌などで勝沼の鳥居焼が紹介されたとき、お父さんやお母さんはあの火を守り伝えて来たんだということを子どもたちや家族に話すことができる。鳥居焼の火は自分の生まれ育った町や地域を誇りに思う気持ちを育てることにもつながるのである。

鳥居焼の準備は以前は柏尾地区の人たちの手で行われていた。後に勝沼地区全体で担当するようになったが現在は町内の各地区で順番で対応し20年に一度廻ってくる。(注:そしてその後一時は業者委託されたが、現在は町民ボランティアで積まれている。毎年100-150名ほど集まる。)こんな話がある。農村地帯と言われる勝沼町にも都市化の波が押し寄せ、農地が潰れ新しい住宅が建てられ新しい人たちが移り住んでくる。こうゆう地域にも当然鳥居焼の準備の当番は廻ってくる。そんな中で準備はどうだったかというと、新しく勝沼に住んだ方々よりも、以前から住んでいる人たちからこんな急な山で作業は出来ないとか、もう少し補助金をだしてくれとか、農家でない家庭は草刈鎌や手袋もないので用意してくれなどさまざまな意見、要望が出てきた。

で、準備はどうだったかというと、新しく勝沼に住んだ方々もピカピカの新しい鎌を持ち汗だくになって下草狩りをしたり薪を積み上げたりしていた。また、作業後の慰労会では新旧の住民がひざを交えて酒を酌み交わし歓談する姿や、新しく住民になった方々からは伝統ある勝沼の鳥居焼に携わることができて、本当の意味で勝沼の住民になった気がするといった声も聞かれた。鳥居焼の準備を通じてまた赤々と燃える鳥居焼の火を見て、何よりも勝沼に新しく住んだ方々が勝沼に住む誇りを感じ得たのである。』



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-01-11 01:26 | 日本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://iihanashik.exblog.jp/tb/26309424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 第3回ゆずの里クロスカントリー... 必見!おばあちゃんの干し柿レシピ >>