セネガル到着
2年間の日本勤務の後、再びアフリカ勤務が始まる。

今度の赴任先はセネガル。カメルーンに始まり、チャド、セネガル、タンザニア、ブルキナファソ、マダガスカル、ブルキナファソと、短期の出張を除くと6か国で勤務してきた。セネガルは2006年にローカルNGOで5カ月のインターンをして以来の長期滞在となる。ここ2年間は頻繁に出張で訪れてはいたが、同じ方と会うにしても肩書が違うと緊張感が増す。

c0116370_6485147.jpg


夜景は美しく撮れないので、数年前のダカールの写真も一緒に。
c0116370_6501076.jpg



さて、今回の赴任日は自分の誕生日と重なった

誕生日の0時35分の便で出発したので、今年の誕生日は丸々一日移動の日となった。ありがたいことに出発の前日まで様々な方からお祝いしてもらったので、もう気分は満たされていたのだが、誕生日はやはり様々な形でよいことがあるようだ。

パリに到着してトランジットのホテルにチェックインをした際、フロントの方が私のパスポートを見て、「オー!!ハッピーバースデー!!」と言ってくれ、「素晴らしい日だ。私がフロンとで働き出して、誕生日にチェックインをした方に初めて会った!」と私以上に喜んでくれた。そして、特別にクラブ会員用の部屋を準備してくれた。なんと粋な計らい。

そして、ダカールの空港に迎えに来てくれていた方から、「ハッピーバースデー!!」と言われてチョコレートをいただいた。久しぶりにこうした様々な方からお祝いしてもらって感謝感謝。


そういえば以前も誕生日を話題にしたことがあったと探したら、2010年に記事を書いていた。
3大陸でのお祝い

2008年までどこで誕生日を過ごしたか書いていたので、その続きを書こうと思ったら、2011年がどうしても思い出せない。多分マダガスカルなんだろうけれど。。。

2017年は、日本からセネガルへ向かう飛行機の中。
2016年は、日本。
2015年は、日本。
2014年は、ブルキナファソ。
2013年は、ブルキナファソ。
2012年は、マダガスカル。
2011年は、(思い出せない。。。。。)
2010年は、マダガスカル。
2009年は、マダガスカル。
2008年は、ブルキナファソ。
2007年は、日本。
2006年は、フランス。
2005年は、日本。
2004年は、日本。
2003年は、カメルーン。
2002年は、日本。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-20 07:10 | Trackback | Comments(2)
マダガスカルで震度5の地震
1月12日の1時6分(マダガスカル時間)、マダガスカルで地震があった瞬間にFacebookがざわついた。マダガスカルの友人たちが、「すごい揺れた」「怖かった」というメッセージをアップ。マダガスカルではかつて経験したことのない揺れだったらしい。最初の揺れから20秒後に大きな揺れが発生したようだ。

私がマダガスカルに滞在していた時、一度だけアロチャ湖北部で地震があったというニュースを見たが、私が住んでいた首都では全く揺れなかったため、なにかの間違いかとも思った。地震があるということは聞いていたが、やはりあるんだなあと実感。

アンタナナリボ地理院によると、震源地は首都アンタナナリボから国道7号線を190km南下したところのベタフBetafoという町から42km南西。AmbatofinandrhanaからTsironomandidy方面に伸びる活断層が動いたとか。マグニチュード5.9。震源の深さ8.7km。1991年4月21日にマグニチュード5.6を記録したことがあるが、それを超える地震だったようだ。ベタフの近くのアンチラベという都市で震度5、首都でも震度4を観測した。

c0116370_212228.png


c0116370_21222086.png


部分的に崩れた家もあったようだが、今のところ犠牲者は確認されていないとのこと。ただし、アンチラベでは壁にひびが入った建物も多い。

以下のサイトから写真を拝借。
http://www.lexpressmada.com/blog/actualites/seisme-des-degats-enregistres-a-antsirabe/

c0116370_21225737.jpg


c0116370_2123983.jpg



地理院によると、Andraikiba火山の噴火の前兆とも捉えられるそうだが、まだその他の兆候がないからしばらくは大丈夫だろうと。

アンドライキバAndraikibaと言えば大きな湖があり、昔行ったことがある。火山の名前でもあったのね。それも休火山だったとは。
マダガスカル版ロミオとジュリエット


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-13 21:30 | マダガスカル | Trackback | Comments(0)
第3回ゆずの里クロスカントリー&絶景ウォーク大会
ちょうど一年前に初めてハーフマラソンを走ったのだが(初ハーフマラソン)、多摩川沿いのあまり風景の変わらないところだったので、友人たちともう少し景色の良いところを走ってみたいねと話していた。

それから一年。

またもふとマラソン熱が高くなった時期に、友人と出られるハーフマラソンか10kmランを探していたところ、偶然故郷山梨の富士川町で「ゆずの里クロスカントリー&絶景ウォーク大会」というイベントがあることを知った。

https://fujikawarunandwalk.jimdo.com/


ロング(32kmラン&ウォーキング)、ミドル(20kmラン&ウォーキング)、ショート(16kmウォーキング)の5種目があり、私たちは迷わず16kmウォーキングを選んだ。標高差400mを走ることはできないと思ったので。ただ、後から考えると、ウォーキングならせめてミドルはいけたかも。

c0116370_23482570.jpg


所謂トレイルランなので、もちろん山道。ただ、16kmの部はそれほど険しい山道はない。でもここは最初の難関。


c0116370_23493533.jpg


ところどころに地元の方が立っており、道案内をしてくれる。


c0116370_23501019.jpg


32kmはかなりの山道らしく、ステッキを持っている人も多かった。


c0116370_23491141.jpg


途中、一番きつかった神社の石段。


c0116370_2352540.jpg


神社の休憩所。
ここのゆず湯やゆず餅が美味しかった。


c0116370_23523485.jpg


各休憩所ではゆずを配っており、それをもらうとリュックが膨れていく。


この日はとても天気が良く、富士山もよく見えた。
c0116370_23524996.jpg


c0116370_23532455.jpg


3人とも2時間59分48秒で無事完走。全員で横一列にならんでゴールしたら秒数まで一緒だった。



さて、次はどこで走ろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-12 23:54 | 日本 | Trackback | Comments(0)
勝沼の鳥居焼
ずいぶん前の話だが、2016年10月1日に甲州市『かつぬまぶどうまつり』が行われ、県外の友人2名と初めて訪れた。山梨に住んでいながら、それも隣の市でありながら、今まで一度も行ったことがなかった。

勝沼の中央公園広場に勝沼のワイナリーがブースを出しており、1000円でワイングラスを購入すれば、全てのワインが飲み放題である。もちろん食べ物の屋台もあるので、多くの方は、ブルーシートを持参して、お花見シーズンのように一日飲み食いする。

このぶどうまつり、ワインの試飲がメインではなく、まつりの核となるのは鳥居焼であることを初めて知った。両親からも、「鳥居まで火のついた松明を持って中学生が走る様は一度見ておいた方がいい」と言われ、19時くらいまで待つことにした。

暗くなると、松明を持った中学生が走って広場に入ってくる。
c0116370_1234794.jpg


c0116370_1241191.jpg


代表者が中央のかめのようなものに火をつける。


c0116370_124523.jpg


市長が火のついていない松明を持って中央の火をもらいに行き、今度は鳥居まで走る男子中学生(伝統的に中学2年生が行うらしい)の松明へ火を移す。


そして男子中学生たちは、山の中腹にある鳥居へ向けて勢いよく走りだす。
c0116370_1251341.jpg


c0116370_1252793.jpg


こういうお祭りを中学生の時に体験できるのは幸せだと思い、私は勝手に感慨深くなっていた。

帰宅してブログにアップしようと思ってから早3カ月。遅ればせながら記事を書いてみようと思い、まずこの伝統はいつから始まったのか調べてみた。

が、、、全然ネットでは情報がない。

唯一発見したのがこのブログ記事なのだが、内情をとてもよくご存知の方が書いたのか、大変興味深いので、そのまま引用させてもらうことにする。

「がんばれ勝沼ブログ」
http://ganbarekatsunuma.blog58.fc2.com/blog-entry-16.html



『数あるぶどうまつりの行事の中でも核になるには鳥居焼だと思う。古くは江戸時代の文献に鳥居焼の火が山に燃え移り宿の人たちが消しに行ったとある。以来、勝沼の先人たちはどんなにつらく厳しい年でもその火を絶やすことなく燃やし続けて来たのである。しかも鳥居焼は歴史的な根拠や背景もしっかりしている。しかしこんな鳥居焼にもいくつかの問題点が生まれたが、そのつど英知を結集して対応してきたことも事実である。

以前、鳥居焼の火は町内の青年によって大善寺から町内を一周して鳥居に点火されてきた。しかし若い人たちの数が減ったことや祭りのイベントが増えたことから青年だけでは対応しきれなくなったことである。そこで中学生が一役買うことになった。以前は人数合わせ的なところがたぶんにあったと思うが、現在は地域の伝統行事を知り、しかもそれを守り伝えて行くという意義がある。さらにこの意義を深めるために歴史的な背景も加えて学習会も開いている。中学生はやがて成人し勝沼を担う力となろうし、また勝沼の地を離れても新聞、テレビ、雑誌などで勝沼の鳥居焼が紹介されたとき、お父さんやお母さんはあの火を守り伝えて来たんだということを子どもたちや家族に話すことができる。鳥居焼の火は自分の生まれ育った町や地域を誇りに思う気持ちを育てることにもつながるのである。

鳥居焼の準備は以前は柏尾地区の人たちの手で行われていた。後に勝沼地区全体で担当するようになったが現在は町内の各地区で順番で対応し20年に一度廻ってくる。(注:そしてその後一時は業者委託されたが、現在は町民ボランティアで積まれている。毎年100-150名ほど集まる。)こんな話がある。農村地帯と言われる勝沼町にも都市化の波が押し寄せ、農地が潰れ新しい住宅が建てられ新しい人たちが移り住んでくる。こうゆう地域にも当然鳥居焼の準備の当番は廻ってくる。そんな中で準備はどうだったかというと、新しく勝沼に住んだ方々よりも、以前から住んでいる人たちからこんな急な山で作業は出来ないとか、もう少し補助金をだしてくれとか、農家でない家庭は草刈鎌や手袋もないので用意してくれなどさまざまな意見、要望が出てきた。

で、準備はどうだったかというと、新しく勝沼に住んだ方々もピカピカの新しい鎌を持ち汗だくになって下草狩りをしたり薪を積み上げたりしていた。また、作業後の慰労会では新旧の住民がひざを交えて酒を酌み交わし歓談する姿や、新しく住民になった方々からは伝統ある勝沼の鳥居焼に携わることができて、本当の意味で勝沼の住民になった気がするといった声も聞かれた。鳥居焼の準備を通じてまた赤々と燃える鳥居焼の火を見て、何よりも勝沼に新しく住んだ方々が勝沼に住む誇りを感じ得たのである。』



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-11 01:26 | 日本 | Trackback | Comments(0)
必見!おばあちゃんの干し柿レシピ
前回の記事では干し柿(枯露柿)の作り方を紹介したが(山梨の干し柿(枯露柿))、世の中には干し柿が苦手という人が多い。私もその一人である。ただ、干し柿が苦手な私でも食べられる干し柿料理がある。それが、ゆで卵の干し柿巻きである。

私の実家では、ほぼ必ずと言っていいほどおせち料理の一品として入っていた。かつては祖母が作っていたが、その後母親が作るようになり、ここ数年は食卓に並んでいなかったが、今年は初めて母親に習って私が作ってみた。

作り方はとても簡単。

①ゆで卵を作っておく。

②枯露柿のへたの部分を除き、割って開いて、中の種を取り除く。

c0116370_1654152.jpg


③ゆで卵を枯露柿で巻いてタコ糸で結ぶ。揚げた後、タコ糸に沿って包丁を入れるため、しっかりと真ん中あたりで縛る。


c0116370_16543036.jpg


④ホットケーキミックスと卵と牛乳を混ぜる。ホットケーキミックスというのがミソ。てんぷら粉ではこの美味しさはでない。


c0116370_16545072.jpg


⑤ ④をつけて、150度くらいの油で揚げる。


c0116370_1655151.jpg


⑥タコ糸に沿って半分に切れば出来上がり。


干し柿が苦手でもぺろっと平らげてしまう美味しさ。

是非お試しあれ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-03 16:56 | 日本 | Trackback | Comments(0)
山梨の干し柿(枯露柿)
先日、山梨の実家から干し柿が送られてきた。昔は祖母が作っていたが、今は父が受け継いで作っている。

山梨では干し柿を「枯露柿」と呼ぶ。
なぜ枯露柿というのかはよく分からないが、山梨の実家では炉端で枯らすからと言われてきた。ネット上では、柿全体に陽があたるように適当な間隔を置いてコロコロ位置を変えるからと書かれている。後者の方が一般的なようだ。

甲州百匁(ひゃくめ)と呼ばれる大型の柿の品種があり、実家の畑にはその木が6本ある。その内1本は巨木で15mちかくあり、上の方は柿を採ることすらできない。最近は父も友人たちに、自分で採るなら勝手に採っていいよと言っているらしい。この木だけで、おそらく1000個の柿がなるとのこと。その内、半分くらいしか収穫できなかったらしい。残りは鳥たちの餌となる。
c0116370_20592298.jpg


甲州百匁は釣鐘型をした渋柿で、平均的な大きさでも350~400gほどになり、大きいものだと500gにもなる。もともと匁(もんめ)とは日本の尺貫法で3.75g、つまり百匁は375g。甲州百匁の名前はここからきたと言われている。

c0116370_2112038.jpg


これは私の家の甲州百匁。


c0116370_2115139.jpg


渋抜きして柔らかくなった柿をスプーンで食べることもあるが、山梨では大半が枯露柿になる。
これは柔らかくなった柿。



収穫した柿を、2、3日追熟させて、皮をむき始める。実はこの作業が最も大変かもしれない。へたとがくを取って、柿の肩の部分の皮を剝く。今年、父は500個を剝いた。

c0116370_2153142.jpg


c0116370_2154674.jpg


暗くなるまで作業。お疲れさま。

この後、通常は黒変防止と殺菌を兼ねて硫黄燻蒸する。実は私、硫黄燻蒸の様子をまだ見たことがない。なので写真がない。来年は父に写真を撮っておいてもらおうかな。
硫黄燻蒸すると鮮やかな色のままなのだが、しないものより少し硬くなり、甘さも控えめになる。甘く柔らかい枯露柿が好きな人は、実は硫黄燻蒸していない黒い色の柿がお勧めらしい。

その後、こうしてつるして天日乾燥する。
c0116370_2164174.jpg


c0116370_2165517.jpg


天日乾燥している最中も手で押さえて柿の繊維を切り水分を出しやすくするため十分に揉む。これを約25日位乾かす。

乾燥してきたら、今度は棚に並べて平干しする。5~7日の間毎日毎日割り干しを行い柿の形を整える。しっかりと手入れをして果実全体の肉置を均一にすることが重要。

さらに容器に一旦入れて2~3日保温し、一旦柿に汗をかかせてから再度乾かすと、しみ出た果糖が白い結晶になって表面を覆い、綺麗に白い粉がふく。

仕上げに柿の表面をきれいにし、へたを小さく切り整形する。
c0116370_2181083.jpgc0116370_2182562.jpg


実家の枯露柿と知り合いのプロの枯露柿職人さんの枯露柿を並べてみた。何が違うって、やはり実の詰まり方。しっかりともみ込んで手入れをしないと、へたの近くと下の方で肉のつまりが変わってくる。この作業が結構繊細で大変なのだ。
c0116370_2192852.jpg


c0116370_2194858.jpg


これがプロの枯露柿。



年末年始に実家に帰宅すると、必ずと言っていいほど枯露柿の入った料理が食卓に並ぶ。

c0116370_21102689.jpg
これは枯露柿にゆずを挟んで巻いたもの。これは1年前に作ったもの。冷凍庫で凍らしておき、丁度1年後の今、少し乾燥して表面の果糖が更に固くなり、美味しいおつまみになる。枯露柿が苦手な方でもこれは食べられる。


これに加えて、正月にはゆで卵を干し柿で包んでホットケーキミックスをつけて揚げた料理がある。山梨の郷土料理なのか、祖母のオリジナルなのかは分からなかったのだが、ネットで調べたら、福井の郷土料理にもあるらしい。でもこれは小麦粉を使っている。祖母の作るこのおせちの一品が美味しかった。次回の記事で別当紹介することにする。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1212/spe2_02.html


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-02 21:11 | 日本 | Trackback | Comments(2)
2017年、明けましておめでとうございます
c0116370_20564542.png


2017年、明けましておめでとうございます。

2016年はそれほど旅行していないなあと思って写真フォルダを顧みていたら、やっぱり意外に行っていました。ゴールデンウィークに弟家族に会いニューヨークに行き、5月末には友人と高知県へ、8月にはルクセンブルグ人の友人とカンボジアへ旅行。満喫していました。

久しぶりに2年間日本に滞在したのですが、この間の仕事は当初想像していたよりも充実していました。多くの尊敬できる方に出会い、自分自身も成長し、仕事も誇りと自信をもって進められ、周囲の方々に本当に感謝しています。

この経験を活かし、2017年の1月中旬にセネガルに赴任することになりました。

セネガルにはこの2年間で4回出張しました。何度も行った国で馴染みはあるとはいっても、住んで仕事をするとなると別の緊張感があります。自分なりの立ち位置を見つけて、新たな人間関係を築いて、相互に信頼できるようになるには、時間がかかると思います。今は不安の方が大きいですが、なんとかセネガルの農業に貢献できるよう努力していきます!

今年もどうぞiihanashi-africaを宜しくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2017-01-01 21:05 | 日本 | Trackback | Comments(0)
野菜の値段を知らない男性客
セネガルのある野菜市場で売り子の女性にヒアリングした時のこと。

とってもはきはきしていて売ることを楽しんでいる女性たちで、なんかとても素敵だったので写真を撮らせてもらった。

c0116370_2039451.jpg


「近くでは男性の仲介業者がいるけれど、クライエントを奪い合うことはないの?」と聞くと、「彼らは販売後にクライエントの生産者へ支払いをするのだけど、私たちはその場で現金支払いするから、結構生産者を獲得できるのよ」と自信満々に話していた。常連のクライエントがいるわけではないが、それなりに買い取ることができているという。

そして、こう話していた。

「実は売値は男性客に対するほうを高くしているのよ。男性は値段を知らないので、高い値を言ってもそれが高いかどうかも分からず買ってくれるからね(ははは笑)」


一緒にいたセネガル人通訳の男性も、「ああ、俺もこうしてふっかけられているんだろうなあ。。」とつぶやいていた。


もう一枚おまけで、野菜売り場の素敵な笑顔の女性。
c0116370_20401424.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-12-30 20:41 | セネガル | Trackback | Comments(0)
使えない本物のコイン
よくあることなのだが、お釣りなどでこういうコインを受け取ることがある。

コインの表
c0116370_21202592.jpg


コインの裏
c0116370_21204719.jpg



分かる方なら、西アフリカ中央銀行(BCEAO)のマークが薄っすら見えるので、ああ西アフリカのセーファーフランで、おそらく大きさから100FCFA(約20円)だろうというのが分かる。

こういう数字すら見えないコインが普通に出回っているのだが、これまた知らずに受け取ってしまうと、その後自分が使う番になるとなかなか受け取ってもらえない。

銀行に持っていくと変えてもらうらしいが、わざわざ20円のために銀行に行く気にもならないため、未だに財布に残っている。このコインをいつ受け取ったのかも覚えていないほど、昔にもらった気がする。さて、いつまで財布を温めることになるだろうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-12-25 21:22 | ニジェール | Trackback | Comments(0)
#BidoungChallengeという流行
最近、カメルーン人の友人たちが、Facebookにやたらと不思議な挨拶の仕方の写真を掲載するなと思っていたら、Bidoung Challenge(ビドゥン・チャレンジ)というのが流行っているらしいことを知った。

これまで「アイスバケツチャレンジ」「マネキンチャレンジ」というのが世界的に大流行し、日本のニュース番組でも紹介されていた。

「アイスバケツチャレンジ」は、もともとは筋萎縮性側索硬化症(ALS)の研究を支援するために始まったものだが、指名された有名人が次々に実施したためにとても大きく取り上げられていた。



つい最近流行した「マネキンチャレンジ」はまだ記憶に新しい。その場にいる全員が一斉にマネキン人形のように静止する。最初はフロリダの学生が投稿した動画が始まりらしいが、大統領選途中のクリントン氏も挑戦しており、ニュースになっていた。



それらを真似て、今、「ビドゥン・チャレンジ」というのが流行っているらしい。

カメルーンのスポーツ大臣、Pierre Ismael Bidoung Mpkatt氏が、2016年のアフリカンカップで準優勝したカメルーン女子サッカーナショナルチームと共に大統領府に招かれた際に、ビヤ大統領と握手した時の様子が、情熱たっぷりに独特の敬意を表していると、皮肉たっぷりに揶揄されていて、それを真似るチャレンジがネット上で次々にアップされている。スポーツ大臣の名前をとって、Bidoung Challengeと呼ばれている。

このチャレンジの発端となった写真がこれ。
c0116370_0425171.jpg


日本人にとっては特段おかしいと思うものでもないのだが、世界のスタンダードだとおかしいと思われるらしい。「上半身を水平線と平行に折り曲げ、まるで劇場で挨拶するコメディアンのように床を見つめ、伸縮する腕であるかのように伸ばして大統領の手のひらまで届かせている。素晴らしい体操である」と表現しているニュースサイトもある。パロディーらしい。

これを真似する様々な「Bidoung Challenge」あるいは「CourberDosChallenge(腰を曲げるチャレンジ)」がネットに投稿されている。

それらを紹介したBBCのサイト
BBC News
http://www.bbc.com/news/world-africa-38290230


これは「Bidoung Challenge」の紹介ニュース。



これは、一人の人を揶揄したものなので、世界中で流行するものではないだろうが、私自身は、この写真からこういうブームに発展することの方が、文化の違いで興味深い。これを見て、「媚びへつらうのではなく、もう少し自尊心を持とう」と思うらしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-12-19 00:44 | カメルーン | Trackback | Comments(0)
ニジェール料理一覧
ニジェール出張の醍醐味は食事である。

西アフリカで食事が美味しい国と言えばセネガル、ガーナなどが頭に浮かぶが、ニジェールも侮れない。以前もニジェールの食事の記事を書いたが、一つにまとめてみた。

c0116370_634010.jpg「ぶっかけご飯」
ニジェールといえばぶっかけご飯。
20種類ちかい主食やソースや肉、魚が並んでおり、どれでも好きなものを入れてもらえる。これは、トウモロコシの白いトウ(トウモロコシの粉を混ぜて団子状にしたもの)、ソルガムの黒いトウ、オクラのソース、野菜炒め、羊肉のトマトソース煮込みを入れてもらった。そして、どれも旨し!!!


c0116370_6123777.jpg
「ダンブンダコプト Danbou nda Kopto」
アフリカでクスクスというと、小麦、コメ、ヒエ、トウモロコシなど様々なクスクスがあるが、これはコメのクスクスとモリンガの葉を混ぜた料理。


c0116370_23294965.jpg
「マサ Massa」
ニジェール出張の際は、毎朝これを食べていた。コメ粉で作った甘くない揚げパンのようなもの。これを少しピリ辛な香辛料をつけて食べる。


c0116370_23313476.jpg

こういう揚げパンはブルキナファソにもあった。特に北部のニジェールとの国境に近いマーケットでよく見た。これはマルコイで撮った写真。


c0116370_23315712.jpg
「チェチェナ」
フランスパンに挟まっているのは、ササゲ豆をコロッケのように揚げたもの。これを味付けして挟んでいる。朝食に食べる方多いが、朝食をしっかり食べる私にとっても、さすがに重い。でも、とてもおいしい。



c0116370_23324461.jpg


ある日のお昼。
見るからに美味しそうなお弁当。これまでの出張で大ヒットのお弁当だった。



c0116370_23333377.jpg
「トウモロコシのトウとオクラソース」
ブルキナファソで食べるトウはここまでもちもちしていなかったのだが、ニジェールのトウは何故かとてももちもちしている。



c0116370_6512749.jpg
「モリンガのサラダ」
ニジェール料理でのモリンガ使用率は非常に高い。モリンガの葉は苦みがあるため、栄養価は高いが食べにくい。それが、こんなにがっつりサラダになっていて、苦くて食べられないのではと思いきや、ピーナッツソースと絡めてマイルドになっているため非常に食べやすい。



c0116370_6305032.jpg
「羊のグリル」
ニジェールは肉がおいしい。牛肉の串焼きも美味しいし、羊肉のグリルも美味しい。私自身は、好んで羊肉を食べることは滅多になく、美味しいと思う羊肉にはなかなか出会わないが、ニジェールとマリの国境に近い北部の羊のグリルは美味しかった。やっぱり乾燥地の羊肉料理はおいしい。



c0116370_6345077.jpg「キリシ Kilichi」
ニジェールのお土産と言えばこれ。ビーフジャーキーのようなドライビーフ。肉を薄く切り、まずは4~5時間程度日干しする。塩、ピーナッツペーストや唐辛子ペーストをコーティングし、再度2~3時間ほど日干しする。そして、軽く油を塗りグリル網にのせて3~5分火を通す。30cm四方のキリシが5000FCFA(≒1000円)はするのだが、これだけ手間暇かかっているのであれば頷ける。ピーナッツや唐辛子ペーストのキリシはMaiyagiと呼ばれ、油と塩だけのシンプルなキリシはDan kalambéと呼ぶようだ。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-12-11 23:34 | ニジェール | Trackback | Comments(0)
秘書たちの漫才
ニジェールに出張してきた。

11月某日、農業省の高官と面談の予定があり、約束の午前10時に農業省に到着。

秘書室に行くと、恰幅のいい50歳くらいの秘書さんが、もう一人の同僚の女性とおしゃべりしながらゆったりとくつろいでいる。私たちを見て、はて何故この人たちはここにいるのだ?というきょとんとした顔をしている。

「10時に面談があるのですが」

と伝えると、秘書さんが驚いたように

「そんなはずはないわよ」

という。

なんでも今、高官は副大臣と出張中だとのこと。副大臣がまだ出張中なのに、大臣をおいて帰ってくるわけがないと言い張る。

しかし、こちらが昨晩本人に電話して面談のコンファームをした際には出張から戻っており、面談の日の朝に電話した時は、「まだ家にいるがこれからオフィスに向かう」とのことだった。それを秘書に伝えると「私の耳には入っていないのに・・」と、まだ信じられない様子。秘書が高官に電話してみたのだが出てくれないので、「じゃあ、来るかどうか待ってみようじゃない!」とどっちが正しいか競ってみようじゃないという言い方。まだ信じられないらしい。

しばらくして秘書さんが、私たちに同行してくれた方に「私の電話には出ないから、あなたの電話で高官に電話してみてよ」と伝えた。電話が鳴りだしてから秘書さんに渡すと、高官が出たらしく、秘書さんが話し始める。

「ムッシュ、今どこにいるのですか!私の目の前にあなたとアポがあるという方々がいて、あなたが既に出張から戻ってきているというじゃないですか。私は把握していないですよ!」

秘書が高官にこういう感じで話せるなんて微笑ましい。お母さんがいい年になった息子に、まったく心配させて!と愛情たっぷりに叱っている感じがした。

秘書さんは隣にいた同僚に、

「ふう、まったく、何も知らせてくれないよ」

「もうまったくあの人ったら」とダメな旦那のことを話しているかのように愚痴ると、同僚は、

「仕方ないよ。彼はプル族だからね」

とかえして、みんなでその抜群の返しに笑いが起きた。

私は同僚女性のつっぱねた言い方が面白くて笑ったのだが、プル族を出した意味は分かっていなかったので、同行してくれた方に聞いたら、プル族ザルマ族はよく「私たちの奴隷(esclave)」とからかい合う。仲が良いからこうして言い合えるのだ。ブルキナでも民族同士で奴隷という言葉を使ってからかい合っていた。

上の会話は日本語で書くと面白味が全くないのだが、フランス語では漫才のようだった。


いやあ、高官を待っている間も楽しませてもらった。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-11-30 22:54 | ニジェール | Trackback | Comments(0)
人民蜂起後の表現の自由の回復
1年4カ月ぶりのブルキナファソ。

往路便のエールフランス航空の機内誌11月号がブルキナファソ特集で、写真を眺めながら気持ちが高まった。
c0116370_0175583.jpgc0116370_0181773.jpg

c0116370_01938.jpgc0116370_0192826.jpg



c0116370_021177.jpg
4泊5日で実質3日間の滞在だったが、時間を有効活用して友人たちにも会うことができた。風景はそれほど大きな変化はない。ただ、友人たちと話すと、2年前と比べて一般市民が意見を言えるような社会になったことがよく分かる。


つい先日、中国企業が国会議員各自に計130個のタブレットを無償で供与したという報道があった。授与式まで行ったそうだ。しかし、これに関しSNS上で一般市民が反応し始めた。ブルキナファソの法律では、35,000FCFA(約7千円)以上の贈与は受け取ってはならないそうだ。これに大きく違反すると批判のリアクションがSNS上で流れ始めた。組織に贈与されるならまだしも、議員一人一人に贈与されるなどもってのほかと。それに加え、第三国政府から贈与されるIT危機はセキュリティーの関係上、全て検査を通すべきだという記事が以下のサイトに掲載されている。

http://lefaso.net/spip.php?article74191

友人たちによると、一般市民が意見を言える社会になってきていると実感するという。むしろ権利を主張しすぎてストライキが頻繁に発生し、仕事に影響を与えているという事態もあるそうだが、それでも表現の自由は徐々に回復していると感じた。やはりこういう話は、現地にいないと分からない肌感覚の情報である。こうして、生き生きと語る友人たちと話をすると本当にもっと頑張ろうという気になるし、自分も元気になる。

あとは、久しぶりのワガドゥグの風景をどうぞ。
c0116370_0235033.jpg


c0116370_0241816.jpg


c0116370_0372346.jpg


c0116370_0391011.jpg


とてもゆっくりだが街も変わりつつある。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-11-21 00:41 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(0)
「ブルキナベ」は3つの言語の融合
今、パリでトランジット中。
これからブルキナファソへ向かう飛行機に乗る。2年前まではブルキナファソ行きのエールフランス航空便はニジェールを経由していたのだが、最近ニジェールではなくコートジボワール経由に変更になったらしい。ニジェール行きの便もコートジボワール経由になっている。ブルキナファソもニジェールも週に5日しかパリ行きの便がないのに対し、コートジボワールは毎日2便も飛んでいる。これだけでも経済規模の差を感じる。

そういえば、数カ月ぶりのパリ、シャルル・ド・ゴール空港で大きく変わったのがインターネット環境だ。パリは結構最近まで空港のWifiが有料だった。ちなみにホテルのWifiも有料のところが多かった。しかし、今回、空港もホテルも無料Wifiがあり、とても便利になった。大きな変化である。

***************

さて、先日トマ・サンカラの記事を書いたのだが、その記事に興味深いコメントをいただいた。ブルキナファソに造詣が深い方なら知っていることかもしれないが、「ベ」については知らない方も多いかもしれないので、記事に残しておこうと思う。

サンカラの記事はこちら ↓
トマ・サンカラの死から29年(その2)

コメントの一部
[・・・]「ブルキナ」がモレ語で「高潔な人々」、「ファソ」がデュラ語で「国」。しかも「ブルキナベ(ブルキナ人)」の「べ」はプル語で「人」という意味だそうです。だから英語でもフランス語でもブルキナべはブルキナべなのだとのことです。当時ブルキナの友人からその説明を聞いて、ブルキナの3大?勢力の言葉を組み合わせて国名を作ったサンカラのセンスは素晴らしいなと心から感心しました。[・・・]


「ブルキナベ」と聞いてピンと来ない方のために補足すると、日本を英語でJapan、日本人をJapanese、カナダをCanada、カナダ人をCanadian、というように、ブルキナファソをBurkina Faso、ブルキナファソ人をBurkinabè(eにアクセントをつけない表記もある)という。英語やフランス語で人を「bè」と表す例は聞いたことがないと思う。これが、ブルキナファソの民族の一つプル族の言葉だったのである。

モレ語ジュラ語の組み合わせで「ブルキナファソ」という国名が出来ていることはよく聞くのだが、「ベ」がプル語(フルフルデ)であることは意外と知らない。もちろん私も知らなかった。

参考までに、ブルキナファソの民族分布は大まかにはこんな感じ。
c0116370_20315438.gif


モレ語MooreはMossi族の言語で、ブルキナファソの45%を占める。プル語は8%(地図のPeulh族の地域)、ジュラ語は5%だった。ジュラはブルキナファソの西部で話されるが、西部は特に様々な言語が入り交ざっており、地域の特定が難しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-11-16 20:49 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(0)
モスクの外でのお祈りの時間
イスラム教には毎日5回のお祈りの時間があることはご存知だと思う。
でも、5回のお祈りを全てするかどうかは人それぞれ。5回全て行う人もいれば、朝と夜だけお祈りする人もいれば、金曜の午後しかお祈りしない人もいる。

毎日5回のお祈りをする人は、仕事中でも階段下のスペースや誰もいない会議室など、周囲の騒音を出来るだけ避けられるところでお祈りをする。見かけても、もちろん声はかけない。

そして、イスラム教にとっての聖なる日である金曜日の午後のお祈りは、職場の近くのモスクまで行ってお祈りすることが多い。市民全員がモスクには入りきらないので、お祈りの時間の15~20分くらいはモスクの周囲の道路を封鎖してお祈りの時間に捧げることもある。

下の写真は、セネガルの首都ダカールの写真だが、ブルキナファソでもカメルーンでもこういう様子を見た。私には見慣れた光景なのだが、一緒にいた方が「こんなの初めて見た!」と驚いておられたので、おーそうか!ブログに載せよう!と写真を撮ってみた。

私たちは、この道路の先のホテルに向かう途中だったが、お祈りが終わるまで15分ほど車の中で待つ。15分くらいなのでゆっくりと待つのだが、お祈りが終わった後も、車が通れるようになるまでは、もう少し時間がかかる。これだけの方々がいればそりゃそうか。

c0116370_014715.jpg


c0116370_02159.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-10-31 00:27 | セネガル | Trackback | Comments(2)
トマ・サンカラの死から29年(その2)
トマ・サンカラの死から29年(その1)


1983年、トマ・サンカラは35歳の若さで大統領になる。
そして、4年間という短い間に、ここまで評価され尊敬される存在となった。

サンカラは、大統領になり植民地時代との断絶を宣言した。そして、1983年10月2日、反帝国主義の革命イデオロギーを示したスピーチ(Discours d’orientation politique)をラジオで流した。こうして書くと、国民の洗脳にも聞こえるが、むしろ国のあるべき姿と革命を進める上での心構えを伝えるものだったともいえる。やっぱり完全に社会主義だが、ほんの一握りの国民が富を独占していて、貧しい国民には希望も見えない中では、ほんとに希望の光だったのかも。スピーチ全文はとても長く、ラジオでも1時間半近いスピーチになったらしいが、読みたい方はこのサイトにある。
http://thomassankara.net/discours-d-orientation-politique-2/


『10月2日』。

現在ワガドゥグ市内にいくつかあるモニュメントのうち、「10月2日モニュメント」というのがある。この日を記念する碑である。私自身、ブルキナ滞在中は、しっかりと見たことがなかったが、モニュメントの上にDiscours d’orientation politique(DOP)と彫られているらしい。

c0116370_046256.png


c0116370_04773.png



サンカラが尊敬されていたのは、有言実行の人で国民と同じ目線にいたからからかもしれない。
選挙では国民のためと言いながら結局私腹を肥やす大統領が多い中、サンカラは、大統領の給料を削減し、行政全体の公用車も贅沢な車輌をやめ、飛行機も皆エコノミークラスで移動するようにし、常に貧しい方々の富を追い求めた真摯な姿が国民にも理解されたようだ。自宅も豪邸に建て替えることもなく、一般住民と同じような家に住み続けた。

サンカラはこうして国家支出を大幅に削減することで、政権について3年後にはほとんど外部支援に頼らなくてもよい状態になったと言われている(実際のところは分からないが、みんなそう発言している)。国内で消費するものは全て国内で生産することを可能にした(と言われている)。国民を奮起させ、農家は今まで以上に働き、生産量は3倍に増加。ほぼほぼ自給自足を達成できてしまったらしい。

そして、かの有名な1987年7月のアフリカ連合での「債務の返済拒否」を訴えるスピーチがある。世界的には、1994年以降にようやく重債務国の債務帳消しが始まったが、サンカラは、1987年に以下の発言をしている。「債務問題は、植民地主義に起因する。新植民地主義で富を搾取しながらアフリカを債務漬けにしたのは宗主国である。我々は今50年にもわたり支払わなければならない債務を抱えている。我々が払わなくても先進国が崩壊することはない。しかし支払ったら私たちが自滅する。次世代の負担となり国の発展を妨げるものである」。



ちなみに、このスピーチで各国の私腹を肥やす大統領たちを前に、こういう発言をしている。
「国の経済危機というのは、突如やってくるものではない。国民のほんの一部だけが富を独占しているから危機は起こるのだ。そのことに国民が納得しないから危機は起こるのだ。一部の人が、アフリカを発展させることが出来る富を海外の銀行に預けているから起こるのだ。そのことを棚に上げながら国民に貧しい生活をさせるから起こるのだ。」
この時、大統領たちはどういう思いで聞いていたのだろう。サンカラは、汚職に対しても断固反対の態度をとっていた。

サンカラは、農家を徹底的に保護することも忘れなかった。
ある時、インゲン豆を生産して輸出する農家が、パッケージに綺麗に入れて、仲介業者を通してワガドゥグへ運んでから、輸送機が来ないことが分かった。仲介業者は農家に返品し、農家が大損をすることになりかねなかった時、大統領令で公務員がそれぞれそのインゲン豆を購入することになったらしい。

女性の地位向上にも大きく貢献した。
家庭の中で夫のいいなりになっている女性たちに発言をさせ、責任を与えた。国民の半数を占める女性が活躍しなければ国の発展はないとした。ブルキナファソは本当に女性が活躍していると思う。

子供の予防接種キャンペーンも行った。
当時で、70~80%の子供が予防接種を受けており、アフリカの中でも非常に高い接種率だった。

植民地時代から続く「オートボルタ」という国名から、モレ語とジュラ語で「高潔な人々の国」を意味する「ブルキナファソ」に変更した。

文化的活動を活発化したのも、サンカラだった。
「カルチャーのない社会はない。そして社会と関係のないカルチャーはない」と話し、カルチャーが国の発展の核であり、特に発展段階の最初と最後で必要になってくると考えていた。そのため、ブルキナファソのアイデンティティーを推進するために文化活動を活発化させた。FESPACOがここまで盛大な国際映画祭となったのもサンカラの功績である。

民衆劇場なるものも建設した。ブルキナファソは演劇を見られる場所がとても多く、それもクオリティーが高い。こんな国はあまりなかったが、なるほどこういうことだったのか。

人種差別とも徹底的に戦った。あまり知られていないが、当時アフリカの大統領で初めて公にアパルトヘイト反対を訴え、ブルキナファソに国名が変わって初めてのパスポートをネルソン・マンデラに発行している。1987年には反アパルトヘイトの会議をワガドゥグで開催もしている。下の1984年の国連でのスピーチでも南アフリカのいち早い解放を求めている。サンカラは、世界各国で革命を起こそうとする国民を支持していた。


サンカラの功績は挙げたらきりがないのでここで止めておくが、4年間で実施したことはブルキナファソの基礎ともなっている。


一方で、サンカラの革命は先を急ぎすぎて途中で歪が出てきたと言われてもいる。

教員のデモが発生したり、革命の精神を10日間で植え付けられた教師が教員となったりした。革命派でない人は蚊帳の外に置かれた。徐々に革命の客観性が失われ、革命を推進していれば組織のトップに立つこともできた。不満を持つものも増えてきていたのかもしれない。

更に、外部にも多くの敵を作った。フランスをはじめ、コートジボワールやリビアもそうである。最終的に、フランスやコートジボワールがバックについていたブレーズ・コンパオレがサンカラを倒すことになる。



サンカラは、1987年10月15日に右腕だったブレーズ・コンパオレ派に暗殺されるが、暗殺の前に、既にその兆候があったそうだ。ある方が、サンカラに「裏でクーデターの動きがあるようです」と伝えると、「知っている」と答えた上で加えた。「しかし友情を裏切るのであれば、私ではなく彼である」と。歴史を振り返ると、革命が起きた時、様々な思惑が飛び交い怪しいものは殺害され、暗殺に暗殺を重ねて優秀な人材を失ってしまうことが多々あったことをサンカラは分かっていた。だからこそ、サンカラはブレーズ・コンパオレを殺害することはなかった。しかし、結局自分が殺されるという結末になってしまった。

サンカラは、亡くなる前、非常に疲れて落ち込むこともあったという。彼の改革の熱についていけない人が周囲に増えてきて、辞任することも考えたらしい。とても情があり、人間性に溢れ、熱い人であったことは、どのドキュメンタリーを見ても分かる。これが皆に愛される所以である。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by iihanashi-africa | 2016-10-27 00:54 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(2)