<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
セネガルにおける今年のラマダン明けの日付の決め方
今日、セネガル政府は次の日曜日25日にラマダンが終わり、翌26日がラマダン明けの祭り「Aid El Fitr イード・アル・フィトル」のお祭り通称Koritéコリテで祝日となると発表した。

ラマダン明けに限らず、イスラム歴は月の満ち欠けに依存しているので、ラマダンの開始も終わりも、犠牲祭の日も全て月の状態を確認したうえで決まる。

今年のラマダンは、セネガルでは5月27日に始まった。この時ももちろん裸眼で目視した時の新月が目印。
ラマダン前日の月

そしてラマダンの終わりも細い三日月の所謂イスラムの新月が目印なのだが、少し面白い記事を見つけた。

http://homeviewsenegal.com/index.php/2017/06/22/korite-2017-ce-sera-le/


セネガルには、ASPA(Assoiation Sénégalaise pour la Promotion de l’Astronomie)という天文学者の集まりがある。そのASPAによると、太陽と地球の間に月が現れる時、つまり月と太陽の黄経が等しくなる時のことだが、今年は6月24日(土)の午前2時31分52秒だという。この瞬間が月が地球を一周し終わる時で、ここからまた新たな一周が始まる。だから、この翌日である25日(日)がラマダン明けの祭りになるのかと思いきや、さらに一日待たなければならないらしい。というのも、「裸眼の目視」で新月(三日月)を確認する必要があるから。

天文学者によると、24日(土)の月は照らされる面積が0.88%のため、セネガルを含むアフリカ、ヨーロッパ、アジアでは裸眼で確認することは難しいという。コーランでは裸眼での確認を課してはいない。しかし、多くのイスラム圏では裸眼での目視を絶対としている。そのため、セネガル政府も天文学者の意見を重視して、万一日曜日に曇りで見えないとしても晴れていれば必ず見えるはずと判断して、祝日を前もって決めている。天文学者によると、25日(日)には照らされる面積が4.42%になり、裸眼での目視が可能だという。この時、月齢1.17日になっているらしい(←この月齢が意味するところがよくわからないのだが)。

こんな詳細な説明、初めて読んだ。

ちなみに、各国で決定の仕方は様々で、例えばトルコでは新月の高さが5°、太陽との角度が8°になる時で決まり、エジプトでは新月が日没後少なくとも5分後に沈んだら新たな月が始まるらしい。

イスラム暦、奥が深くて今日深い。

以前書いた犠牲祭の日付の決め方の記事
タバスキ(犠牲祭)の日付の決め方


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-06-23 08:49 | セネガル | Trackback | Comments(0)
ファタラ保護区のライオンウォーク
少し前の話だがガンビアの国境に近いファタラ保護区(Réserve de Fathala)へ行ってきた。

c0116370_1062240.jpg


約6000ヘクタールに広がり、そのうち2000ヘクタールが囲われており、動物が保護されている。オーナーは南アフリカ人で、彼らにより人工的に設置された保護区のため、多くの動物は国外やセネガル国内の他の保護区(ニョコロコバ保護区)から連れてこられている。2003年にオープンした当時はまだ動物が少なかったが、現在ではキリン8頭、サイ1頭、その他バッファロー、シマウマ、アンテロープ、ジャイアントイランド、イボイノシシ、サルが多数見られる。アンテロープはかなり増えていて、昨年300頭確認したそうだ。ゾウも連れてきたいと考えているそうだが、セネガル政府が象牙目当ての密猟を警戒し、許可を出さないらし。

そして、この保護区の一番の売りが「ライオンウォーク」である。ヨーロッパの動物園で子育てを放棄したライオンの子どもを引き取り、生後3か月でファタラ保護区へ連れてこられた。その頃からしつけされ、人間と一緒におとなしく歩くことができるようになっている。

c0116370_107993.jpg

ダカールからファタラ保護区までは約4時間半。途中のカオラックで昼食をとることにし、Le Braceroというレストランに立ち寄った。


c0116370_1081983.jpg

そこで食べた牛肉の串焼き。
これがこの旅で食べた食事の中で最もおいしかった。コストパフォーマンスが素晴らしい。


c0116370_1084573.jpg

ファタラに到着。
保護区内にホテルがある。これがとても素敵なホテル。
http://www.fathala.com/



c0116370_1093056.jpg


部屋はテントなのだが、中に入るとテントとは思えない設備。


c0116370_1010134.jpg

夜中は外でイボイノシシが草をかじっている音が聞こえ、朝は鳥のさえずりで起きた。まさに保護区内にいることを感じられるホテル。


c0116370_10102780.jpg


保護区到着直後の夕方にサファリへ。


c0116370_1011196.jpg


c0116370_10112564.jpg


c0116370_10115338.jpg


c0116370_10121726.jpg


c0116370_10123649.jpg


c0116370_1013121.jpg



c0116370_10132784.jpg
保護区内にこのような網がかけられているのを見かける。これはハエ取りの網だそう。この辺りは雨期になるとアフリカ睡眠病を媒介するツェツェバエが多く発生し、動物が被害を受けるため、事前にこのような処置をしているとのこと。



サファリでは唯一サイだけが見られなかったのだが、ガイドさんが19時頃にホテルの前にやってくるかもしれないというので、夕食をとりながら待っていると。きた!!!すぐそこに。
c0116370_1014965.jpg


c0116370_10142949.jpg



c0116370_101526.jpg
翌朝8時にライオンウォークへ。
こうして、ライオンの後ろを歩く。皆、棒を持たされるのだが、小さい時から棒を持った人に服従するよう育てられていたため、我々も持たされた。ただ、棒を落として拾おうとかがむと危険なので、落とした場合は自分で拾わないようにと脅された。


c0116370_10155156.jpg


c0116370_10171295.jpg


「ふぅ、観光客相手は疲れるぜ」という顔。
c0116370_1016127.jpg


もうやる気ないライオン。ライオンの威厳なし。でもかわいい。こんなに疲れた~という態度を見せていたのに、私たちとの「人間ウォーク」という仕事を終えた後、やっと終わった~と嬉しそうに駆け回っていた笑。
c0116370_10163528.jpg


全体的に少しお高めだけど、ご関心のある方はぜひ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-06-10 10:18 | セネガル | Trackback | Comments(0)
初代大統領サンゴール博物館
先日、セネガルの初代大統領レオポール・セダール・サンゴール博物館(Musée Léopold Sédar Senghor)へ行ってきた。

あまり知られていないのだが、サンゴール元大統領が大統領の座を退いた翌年の1981年から亡くなるまでの間、セネガルでの家(フランスにも家があるため行き来していた)として使われていた場所が、現在サンゴール博物館となっている。2001年にサンゴール元大統領が逝去されてすぐ、ワッド大統領の時期に政府が家を買い上げたのだが、何もされずに放っておかれ、現在のサール大統領に代わってから博物館に修繕することが決まった。そして、2014年11月30日に除幕式が行われている。

この博物館、ダカールのコルニッシュ・ウエストと呼ばれる海岸沿いの大通りに面したところに位置し、曲がり角には大きな看板も掲げられているのだが、これが意外と気付かない。私も頻繁に通っているところだったのに、博物館を探し出してからやっと目に付くようになった。

c0116370_8211374.jpg

これは博物館入口の小さな看板。
月曜から土曜の、10時~12時、15時~17時が開館時間。


c0116370_8215271.jpg

大人:2000fcfa(約400円)
学生:1000fcfa
子ども:500fcfa。



サンゴール元大統領は、この家を『Les dents de la mer(海の牙)』と呼んでいた。尖峰のような壁がスティーブン・スピルバーグ監督のジョーズの歯を思い浮かべるからだ。映画ジョーズは仏語タイトルで「Les dents de la mer」という。壁はセネガルには珍しく土壁で、マリのトンブクトゥやジェンネの建築様式を模している。裏庭には丸いプールもある。

c0116370_8225383.jpg


c0116370_8231151.jpg


c0116370_8233043.jpg


庭のバオバブ。


博物館の中は撮影禁止なので写真がないのだが、サンゴール元大統領の執務室、来訪者の待合室、応接室、寝室、居間などが、当時のままの様子で残っている。しかし、何より興味深かったのは、3人の息子の写真とそのストーリーを聞けたこと。そして23歳の若さで亡くなったフィリップの写真が家中に飾られていて、サンゴール夫妻の悲しみが半世紀たった今も伝わってきたことだ。

このサイトに2階のプライベート執務室の写真が掲載されている。
http://www.au-senegal.com/la-maison-de-senghor-est-devenue-musee,10713.html?lang=fr



サンゴール大統領は、1946年にガイアナ出身の女性と結婚し、2人の息子をもうけている。しかし、その後離婚し、1956年にノルマンディー出身のフランス人Colette Hubertと結婚している。この女性と生涯を共にすることになる。Coletteとの間にもフィリップという息子をもうけるが、1981年に交通事故で23歳という若さで亡くなってしまう。そして、その2年後には、一人目の女性との間の次男も35歳の若さで失うという不幸に見舞われた。

博物館になっているこの家は、フィリップも事故で亡くなるまでのわずかな時間を過ごしてあり、彼の寝室も当時のまますべて残されている。

サンゴール元大統領は、1993年以降心臓にペースメーカーをつけており、飛行機に乗ることができなくなった。93年までは、セネガルで3か月、フランスで残りの時間を過ごすというような生活を過ごしていたが、93年以降はパリでしばらく過ごし、その後亡くなるまで奥様の故郷ノルマンディーで過ごされている。現在も奥様はノルマンディーでご健在で、2014年の博物館除幕式に招待されたが、やはり90代で病気がちのため、セネガルに来られるのは諦めたそう。


この博物館は、ガイドがいる。というより、ガイド付きでないと勝手に家の中を見学できない。そのため、私たちも博物館に到着してから、前のグループの見学が終わるまで入口の外で待たされた。しかし、このガイドの説明が素晴らしい。サンゴール大統領の何から何まで知っており、質問しても何の迷いもなくすぐに答えが返ってくる。どんな方なのかと思いきや、もともと憲兵隊で、1973年から大統領の警護をしていた方だった。大統領の海外訪問の際も同行し、合計16か国へ行っている。亡くなったフィリップも小さいころから知っており、亡くなられた際は、奥様からフィリップの大事な形見をもらったそう。サンゴール元大統領がフランスに滞在されているときは、この方が鍵を預かっていた。


c0116370_82708.jpg
博物館から大通りを渡った海岸沿いに、このような椅子に座った男性の銅像が立っている。これは博物館の修繕を行った建築会社Eiffage社が、詩人Amadou Lamine Sallと彫刻家El Hadji Mboupの協力を得て、2015年に建てたものである。もちろんサンゴール元大統領の銅像。


実は、元大統領が自分の家を眺めているかのように設置されている。
c0116370_8275197.jpg



とても興味深い博物館なので、サンゴール元大統領に関心があり仏語が分かる方は、ぜひ一度訪問を。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-06-07 08:29 | セネガル | Trackback | Comments(0)
ニジェール料理一覧を更新しました
これまでに3回のニジェール出張をし、首都ニアメ市内だけの移動にもかかわらず、かなりのローカル料理を食した。

以前書いた記事にさらに新たな料理を加えて更新したので、どうぞ。
ニジェール料理一覧


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-06-02 07:00 | ニジェール | Trackback | Comments(0)