<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
秘書たちの漫才
ニジェールに出張してきた。

11月某日、農業省の高官と面談の予定があり、約束の午前10時に農業省に到着。

秘書室に行くと、恰幅のいい50歳くらいの秘書さんが、もう一人の同僚の女性とおしゃべりしながらゆったりとくつろいでいる。私たちを見て、はて何故この人たちはここにいるのだ?というきょとんとした顔をしている。

「10時に面談があるのですが」

と伝えると、秘書さんが驚いたように

「そんなはずはないわよ」

という。

なんでも今、高官は副大臣と出張中だとのこと。副大臣がまだ出張中なのに、大臣をおいて帰ってくるわけがないと言い張る。

しかし、こちらが昨晩本人に電話して面談のコンファームをした際には出張から戻っており、面談の日の朝に電話した時は、「まだ家にいるがこれからオフィスに向かう」とのことだった。それを秘書に伝えると「私の耳には入っていないのに・・」と、まだ信じられない様子。秘書が高官に電話してみたのだが出てくれないので、「じゃあ、来るかどうか待ってみようじゃない!」とどっちが正しいか競ってみようじゃないという言い方。まだ信じられないらしい。

しばらくして秘書さんが、私たちに同行してくれた方に「私の電話には出ないから、あなたの電話で高官に電話してみてよ」と伝えた。電話が鳴りだしてから秘書さんに渡すと、高官が出たらしく、秘書さんが話し始める。

「ムッシュ、今どこにいるのですか!私の目の前にあなたとアポがあるという方々がいて、あなたが既に出張から戻ってきているというじゃないですか。私は把握していないですよ!」

秘書が高官にこういう感じで話せるなんて微笑ましい。お母さんがいい年になった息子に、まったく心配させて!と愛情たっぷりに叱っている感じがした。

秘書さんは隣にいた同僚に、

「ふう、まったく、何も知らせてくれないよ」

「もうまったくあの人ったら」とダメな旦那のことを話しているかのように愚痴ると、同僚は、

「仕方ないよ。彼はプル族だからね」

とかえして、みんなでその抜群の返しに笑いが起きた。

私は同僚女性のつっぱねた言い方が面白くて笑ったのだが、プル族を出した意味は分かっていなかったので、同行してくれた方に聞いたら、プル族ザルマ族はよく「私たちの奴隷(esclave)」とからかい合う。仲が良いからこうして言い合えるのだ。ブルキナでも民族同士で奴隷という言葉を使ってからかい合っていた。

上の会話は日本語で書くと面白味が全くないのだが、フランス語では漫才のようだった。


いやあ、高官を待っている間も楽しませてもらった。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-11-30 22:54 | ニジェール | Trackback | Comments(0)
人民蜂起後の表現の自由の回復
1年4カ月ぶりのブルキナファソ。

往路便のエールフランス航空の機内誌11月号がブルキナファソ特集で、写真を眺めながら気持ちが高まった。
c0116370_0175583.jpgc0116370_0181773.jpg

c0116370_01938.jpgc0116370_0192826.jpg



c0116370_021177.jpg
4泊5日で実質3日間の滞在だったが、時間を有効活用して友人たちにも会うことができた。風景はそれほど大きな変化はない。ただ、友人たちと話すと、2年前と比べて一般市民が意見を言えるような社会になったことがよく分かる。


つい先日、中国企業が国会議員各自に計130個のタブレットを無償で供与したという報道があった。授与式まで行ったそうだ。しかし、これに関しSNS上で一般市民が反応し始めた。ブルキナファソの法律では、35,000FCFA(約7千円)以上の贈与は受け取ってはならないそうだ。これに大きく違反すると批判のリアクションがSNS上で流れ始めた。組織に贈与されるならまだしも、議員一人一人に贈与されるなどもってのほかと。それに加え、第三国政府から贈与されるIT危機はセキュリティーの関係上、全て検査を通すべきだという記事が以下のサイトに掲載されている。

http://lefaso.net/spip.php?article74191

友人たちによると、一般市民が意見を言える社会になってきていると実感するという。むしろ権利を主張しすぎてストライキが頻繁に発生し、仕事に影響を与えているという事態もあるそうだが、それでも表現の自由は徐々に回復していると感じた。やはりこういう話は、現地にいないと分からない肌感覚の情報である。こうして、生き生きと語る友人たちと話をすると本当にもっと頑張ろうという気になるし、自分も元気になる。

あとは、久しぶりのワガドゥグの風景をどうぞ。
c0116370_0235033.jpg


c0116370_0241816.jpg


c0116370_0372346.jpg


c0116370_0391011.jpg


とてもゆっくりだが街も変わりつつある。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-11-21 00:41 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(0)
「ブルキナベ」は3つの言語の融合
今、パリでトランジット中。
これからブルキナファソへ向かう飛行機に乗る。2年前まではブルキナファソ行きのエールフランス航空便はニジェールを経由していたのだが、最近ニジェールではなくコートジボワール経由に変更になったらしい。ニジェール行きの便もコートジボワール経由になっている。ブルキナファソもニジェールも週に5日しかパリ行きの便がないのに対し、コートジボワールは毎日2便も飛んでいる。これだけでも経済規模の差を感じる。

そういえば、数カ月ぶりのパリ、シャルル・ド・ゴール空港で大きく変わったのがインターネット環境だ。パリは結構最近まで空港のWifiが有料だった。ちなみにホテルのWifiも有料のところが多かった。しかし、今回、空港もホテルも無料Wifiがあり、とても便利になった。大きな変化である。

***************

さて、先日トマ・サンカラの記事を書いたのだが、その記事に興味深いコメントをいただいた。ブルキナファソに造詣が深い方なら知っていることかもしれないが、「ベ」については知らない方も多いかもしれないので、記事に残しておこうと思う。

サンカラの記事はこちら ↓
トマ・サンカラの死から29年(その2)

コメントの一部
[・・・]「ブルキナ」がモレ語で「高潔な人々」、「ファソ」がデュラ語で「国」。しかも「ブルキナベ(ブルキナ人)」の「べ」はプル語で「人」という意味だそうです。だから英語でもフランス語でもブルキナべはブルキナべなのだとのことです。当時ブルキナの友人からその説明を聞いて、ブルキナの3大?勢力の言葉を組み合わせて国名を作ったサンカラのセンスは素晴らしいなと心から感心しました。[・・・]


「ブルキナベ」と聞いてピンと来ない方のために補足すると、日本を英語でJapan、日本人をJapanese、カナダをCanada、カナダ人をCanadian、というように、ブルキナファソをBurkina Faso、ブルキナファソ人をBurkinabè(eにアクセントをつけない表記もある)という。英語やフランス語で人を「bè」と表す例は聞いたことがないと思う。これが、ブルキナファソの民族の一つプル族の言葉だったのである。

モレ語ジュラ語の組み合わせで「ブルキナファソ」という国名が出来ていることはよく聞くのだが、「ベ」がプル語(フルフルデ)であることは意外と知らない。もちろん私も知らなかった。

参考までに、ブルキナファソの民族分布は大まかにはこんな感じ。
c0116370_20315438.gif


モレ語MooreはMossi族の言語で、ブルキナファソの45%を占める。プル語は8%(地図のPeulh族の地域)、ジュラ語は5%だった。ジュラはブルキナファソの西部で話されるが、西部は特に様々な言語が入り交ざっており、地域の特定が難しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-11-16 20:49 | ブルキナファソ | Trackback | Comments(0)