<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
飛行機の機内Wifi接続のカバー範囲
まだ前回のセネガル出張の写真を全てアップできていないが、ちょっとここでブレイクして、アフリカではなくアメリカの話題。

ゴールデンウィークを11連休にして、ニューヨークへ向かっている。

弟がニューヨークに住み始めて10年以上が経つが、その間に3回ニューヨークを訪れた。1回目は2006年、弟が修士課程を終えて博士課程に入った直後。2回目は2013年、弟の結婚式。そして、3回目になる今回は、2歳半になった姪っ子に会いに行く。

*****************

今回の旅行では、いつもお世話になっている「スカイチーム」メンバーのデルタ航空を利用した。そして、今、まさに飛行機の中にいる。

最近、多くの飛行機の機内でWifiが使えるようになった。
JALでもANAでも接続できるらしい。そして今私が乗っているデルタ航空でも接続できているので(もちろん有料)、初めて機内から記事をアップしてみる。

飛行機の機内Wifiによるネット接続がどのように実現されているのかを、とても詳しく説明してあるサイトを発見。
http://gigazine.net/news/20151120-how-in-flight-wi-fi-really-works/


まだ速度は地上には及ばず、このブログも写真をアップするのに一苦労だ。

先ほど、デルタ航空の機内で接続する前に、Wifiカバー範囲という画面が出てきた。
c0116370_2043465.jpg


通常は、公海上空と衛星使用認可国の上空を飛行中に利用できるのだが、未認可国もあるらしく、その上空では使えない。なるほど、中国から中央アジアにかけて、そしてインドなどの南アジア、アフリカなどの上空では使えないようだ。

東部アフリカへ出張する際、よくエミレーツ航空を利用するのだが、日本からドバイまでの飛行のうち、半分以上を中国とインドの上空で過ごす。そのため、折角Wifiが完備されているのに、ほぼ意味をなさない。

兎にも角にも、こうして便利になることはよいのだが、ネットに繋がると仕事メールも確認してしまうので、いいのか悪いのか。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-04-28 20:51 | 米国 | Trackback | Comments(0)
アフリカで蔓延する偽薬
先月、セネガルに出張した際、あるセネガル人女性に「あなたの国にはやせ薬はあるの?」と聞かれた。

痩せ薬???

私:「う~~ん、あると言えばあるのかもしれないけど、知らないなあ。何、痩せたいの?」

女性:「痩せる薬を探しているんだけど、最近友人から(ダカールの)街中で中国人が痩せる注射を打ってくれると聞いたの。」


ああ、なるほど。私を中国人と間違えたのね。

女性:「友人によると、その注射は効果があるらしくて、この間中国人に電話して詳しく聞いたのよね。そしたら丁度昨日その中国人から電話があって、『注射が手に入ったから打ちに来ていいよ』って言われて、行こうか悩んでいるの。1回1万fcfaなんだって。」

私:「へえ、そんなのがあるのね。。。痩せるならやっぱり食事制限と運動だと思うけど、運動は嫌い?」

女性:「その注射はすぐに効果があるらしいから」


なんとか女性が注射を打たずに済むように、その後も少し話を続けてみたが、やはり速攻で効く薬の情報を信じ込んでいて、私のやんわりとした説得は効力がなかった。

***********************

この話をしながら思い出したのが、アフリカで蔓延する「偽薬」の問題

American Journal of Tropical Medicine and Hygienによると、2013年に偽薬が原因で亡くなった方は122,350人。その内、多くは偽のマラリア治療薬が原因らしい。なんと、アフリカで流通するマラリア治療薬の3分の1は偽薬だという報告もある。ガーナでは40%、ナイジェリアでは64%にも上るらしい。もちろん、しっかりと登録された薬局は問題なく、インフォーマルマーケット内で流通しているものがほとんど。

c0116370_23385140.jpg
以前、ブルキナファソのガウアという街のマーケットで、こんな写真を撮った。こうして薬が販売されている。これが全て偽薬だとは断言できないが、かなりの確率で含まれているのではないかと思う。マーケットでトマトやタマネギなどを買う感覚で、これらを購入する。


c0116370_23482960.jpg


ちなみに、デドゥグという街のマーケットでは、ヒップを大きくする薬なるものも売られていた。
ヒップアップの薬?


WHO(世界保健機関)によると、アフリカで流通する偽薬の30%は中国とインドから輸入されているそうだ。そして、最近はナイジェリアで製造される偽薬も増え始め、5%近くを占めるようになってきたらしい。それでも、近くに登録された薬局がなかったり、インフォーマルマーケットの薬の方が安かったりすると、それにすがって買ってしまうのは理解できる。

しかし、最近はマラリアのような必需の薬だけでなく、ダイエット用の偽薬が目に付く。アフリカでもダイエットをする若い女性が増えてきて、その波に乗っかって儲けている人々がいるに違いない。効力のないダイエット薬品は世界中にあるだろうが、偏見かもしれないが、アフリカで流通しているものは、健康に害をも及ぼすのではないかと思ってしまう。

セネガルのダイエット注射はそうでなければよいが。。。


そういえば、ブルキナは漢方もあったなあ。
ブルキナ版漢方?

マーケットにはこんな売り場もある。
煎じて飲むと、、、何に効くのだろう。
c0116370_23422276.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-04-21 23:50 | セネガル | Trackback | Comments(2)
セネガルのイチゴ
ブルキナファソでは、イチゴが有名だった。

1940年頃にNikiemaさんのお父さんがイチゴ栽培を始め、1970年にはNikiemaさんが跡を継いだ。栽培を始めた当初、複数の品種を試験的に栽培し、現在生産するスペインの品種が選定された。栽培方法も、長年の経験からこの地に適した形に工夫されている。非常に鮮やかな赤色で、パフェやショートケーキにしても美しかった。

ブルキナ、イチゴの季節が終わりました
いちご生産のポテンシャル

セネガルにもイチゴがあるとは聞いていたが、こんなに大量に生産されているとは思わなかった。多分、ここ数年で生産量が増えたのだと思う。さて、これはどこで生産されているのだろう。

c0116370_18535524.jpg

意外に悪くない見た目。
でも甘味はそんなでもなかったなあ。
苗はどこから来ているのだろう。


c0116370_18542624.jpg

スーパーで購入したイチゴ。
いくらだったかな?
スーパーのイチゴは高いけれど、路上で販売しているものは同じ質でもずっと安い。


c0116370_18545148.jpg
スーパーの中ではこうして販売されている。

ん??

隣はトマト?



c0116370_18553148.jpg

こちらも見たことがないトマトだったので。一個購入してみた。
通称「牛の心臓:Cœur de beuf」と呼ばれるトマト。かなりジューシーで美味しかったな。



c0116370_18563273.jpg

牛の心臓言えば、同じ通称の果物があった。
その記事がこちら。カスタードアップル。
「牛の心臓」という果物



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-04-17 18:58 | セネガル | Trackback | Comments(0)
ツリートマトという果物
私自身はケニアで初めて食べた果物、ツリートマト。果物と言っていいのか野菜と言ったらいいのか。でもビュッフェでは、果物のスペースにおいてあるのでフルーツとして食べられることが多いのだろう。

c0116370_039354.jpg


スーパーでも、果物のスペースに置かれている。このスーパーでは、バナナとパッションフルーツの間にある。


英語ではタマリロTamarilloというらしい。通称のツリートマトと呼ばない経緯がいろいろとあるようだ。

Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%AD


原産地は南米で、ペルーやエクアドル、ボリビア、チリ、コロンビア周辺に多く分布するようだが、その他普及している国として列挙されている中に、唯一のアフリカの国としてケニアが含まれている。

c0116370_040187.jpg


他のフルーツと並んで楕円形をしたツリートマト。



c0116370_041417.jpg

色は美味しそうだが、味は酸味の強すぎる少し固めのキウイフルーツというところだろうか。生で食べることが多いのに、このいまいち微妙なトマトの味。一度食べたきり手を伸ばさなかった。


ツリートマトの美味しい食べ方があるものかと探していたら、ツリートマトにココナッツシュガーをかけて、オーブンで焼いたという例を発見。これは美味しそうなので、いつか試してみたいな。これをヨーグルトなどに入れたら美味しそう。

c0116370_0413018.jpg

ツリートマトの木はまだ見たことないのだが、こうしてマンゴーのように実るらしい。これは別のサイトから拝借。

自分で写真が撮れたらアップしようと思う。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-04-04 00:43 | ケニア | Trackback | Comments(0)
ケニア航空の機内安全ビデオ
ナイロビは本当にハブ空港になっていると思う。

先日は、ナイロビ・ジョモ・ケニヤッタ空港でこれからザンビアへ向かうというマダガスカルの農業省の方にお会いし、これからガーナに行くという別の友人にもお会いし、こうして偶然出会うことは、それほど頻繁にあることではない。さすがナイロビ。

今回の出張では、アムステルダムからナイロビまでの飛行機もケニア航空で、そのクオリティに驚いた。新しい機体は先進国の航空会社にも負けず劣らず。

これはケニア航空の広報映像。


さて、これまでエールフランス航空KLM航空の機内安全ビデオを紹介したが、同じスカイチームのケニア航空にも少しだけ期待していた。

あまりクリエイティブではないかもしれないが、アニメーションが独創的だ。

c0116370_23373686.jpg


ケニア航空。


c0116370_2338821.jpg


シートベルトを締めてください。


c0116370_23382748.jpg


酸素マスクは上から落ちてきます。


c0116370_23385498.jpg


こうしてつけてください。


もう少しだけ明るいアニメーションだともう少しよかったかな。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-04-02 23:40 | ケニア | Trackback | Comments(0)