カテゴリ:セネガル( 38 )
レブ族の守り神Ndeuk Daourの宿るマドレーヌ諸島
ダカールは半島になっており、その周辺に4つの島がある。最も有名なゴレ島、ンゴール島、ヨフ島、そしてこのマドレーヌ島。その内、ヨフ島とマドレーヌ島は昔から無人島で、今まで人が住んだことがない。

c0116370_8394392.png


マドレーヌ諸島は二つの島からなり、大きい方の島をマドレーヌ島(Ile de la Madeleine:かつてはサルパン島と呼ばれていた)、小さい島をルーニュ島(Iles Lougnes)と呼ぶ。マドレーヌ島は面積17haで全長600m。ルーニュ島は更に小さな島からなり合計面積6ha。ルーニュ島は岩山なので、島に降りるのは難しい。周囲の海も含めて約45haが海洋国立公園に指定されている。

現在まで様々な鳥類、海洋生物、植生が保護されきたのは、これまで人間による侵食がなかったという理由が大きい。なぜこれまで無人島で居続けられたのか。それは、ゴレ島とは異なりマドレーヌ島の周囲が高波になることが多く、船の着岸が難しかったことが一つの理由ではあるが、最大の理由はダカールに多いレブ族の守り神Ndeuk Daourが、人間が島に居住することを反対していたからだと言われている。フランスの植民地時代に一度島に建物を建設しようとし、現在でもその跡が残っているが、建設しようとすると毎回不幸に見舞われ、最終的に完成しなかったらしい。

といっても、今から千年あるいは2千年前には人間が住んでいたという説もある。調理のくずや土器のようなものも発見されてもいるようだ。

マドレーヌ島は無人島だが、朝9時半~16時半まで船が出ており、島を探索したり、泳いだりすることができる。ピクニックもできないことはないが、日陰がないので少し暑いかも。私たちは午前中2時間だけ滞在して帰ってくることにした。

c0116370_84121100.jpg


コルニッシュ・ウエスト通りにこういう入口がある。毎日通勤で通っているのに全く気が付かなかった。


c0116370_84207.jpg

道路からは見えないが、階段を下りると結構しっかりとした建物がある。オランダの支援で建てられたらしい。
ここで、乗船料金一人5000fcfa(約1000円)とグループ毎にガイド料金5000fcfaを支払う。


c0116370_842241.jpg


こういう船が待っている。この一隻が一日中往復するようだ。


c0116370_8424922.jpg


マドレーヌ島の全貌。


マドレーヌ島に近づくと、大きな難破船が見えてくる。2013年に難破したスペインの船らしい。嵐の日の高波に襲われてしまったようだが、幸いなことに死者は出なかったとのこと。島の沖合にはロシアの船も沈んでいるらしく、この破片がマドレーヌ島の浜辺に打ち上げられている。
c0116370_8431756.jpg


ルーニュ島の岩山。
c0116370_843476.jpg


ガイドさんが、「あの先にライオンが2頭寝ています」と指さしたのが、この岩山。おっ、ほんとだ。
c0116370_844945.jpg


これはお気に入りの一枚。
マドレーヌ諸島は、このような不思議な岩から出来上がっている。かつては火山があり、噴火直後にすぐに冷却されたマグマはこのような形を作るらしい。細長い筒状の岩を沢山重ねて断面を切った感じ。
c0116370_8443876.jpg


c0116370_8445733.jpg


島の入り江に到着。


c0116370_8451930.jpg


ここからガイドが島を案内してくれる。
まず植民地時代にフランスが建てようとした未完成の建物。


島の上から見たダカールの街。
c0116370_8454446.jpg


c0116370_8461068.jpg


綺麗な入り江だが、さすがにここでは泳げない。


とっても面白い形をしたバオバブがあった。Baobab nain(背の低いバオバブ)と呼ばれている。マドレーヌ島は風が強いためか、木が6m以上には成長しないらしい。どのバオバブも横に広がっている。こんなバオバブはかつて見たことがなかったなあ。
c0116370_8464724.jpg


最後は帰りの船が到着するまで、この美しい入り江で泳ぐことにした。が、砂浜ではないため歩きにくく、それも苔で覆われた岩のため、滑りやすくてとても危険。さらに、入り江とはいえ、少し進むともう足が全くつかなくなるほどに深い。ちゃんとシュノーケルセットをもってこないと、深いところを泳ぐのが怖い私はこの先に進めないと思った。でも、水は本当に透き通っていて美しい。
c0116370_8481437.jpg



c0116370_8505260.jpg

今回、一つだけ残念だったことと言えば、Phaeton a rouge(ネッタイチョウ)と呼ばれるマドレーヌ島のシンボルとなっている鳥を見られなかったこと。尾が長く特徴的で、セネガルやカーボベルデあたりでしか見られないらしい。この鳥は頻繁にみられるのかなあ。



こんな魅力的な島だとは思っておらず、意外にも楽しく過ごせた。今度はシュノーケルセット持参だな。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-28 08:54 | セネガル | Trackback | Comments(0)
キンキリバを煎じて飲む
セネガルだけではなく、ブルキナファソにもあったのだが、キンキリバ(キンケリバ)という葉っぱのお茶がある。学名はCombretum micranthum。セネガルでは朝食の時に飲む方が多いが、夕食後に飲む方もいるようだ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Combretum_micranthum

乾燥したキンキリバの葉はこうして売っている。
c0116370_66476.jpg


えっ?どれ?と思われた方。あるいは真ん中にある黄色のビニール袋に入っているものと思われた方。ビニールの中身もキンキリバの葉だが、両端に立てかけられている棒状に巻かれたものもキンキリバである。
c0116370_68211.jpg


c0116370_6113398.jpg


まずは葉をしっかりと洗って砂埃や汚れを落とす。


c0116370_6115913.jpg


そしてお湯で煎じて飲む。ウーロン茶あるいは麦茶のような色をしている。


セネガルでは、大量の砂糖を加えて甘くして飲むのだが、私は砂糖を加えなくても飲めたかも。ただ、一緒にいた男性陣は苦みがきつくて苦手だという方もいた。一緒にいた運転手によると高血圧に効くらしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-22 06:14 | セネガル | Trackback | Comments(0)
第1回ダカールマラソン
先週末の4月16日に、第1回ダカールマラソンが開催された。
http://www.marathondedakar.com/

昨年も新しくできた高速道路でマラソン大会があったと聞いていたのだが、はて「第1回」とはどういうことなのかと疑問に思っていたら、実は国際陸上競技連盟(IAAF)に認定されてから初めてのマラソンだったらしい。このマラソンを「国際」マラソンと呼ぶには、IAAFの規定に従って連続して2回マラソンを実施しなければならないそうだ。もうすでに、来年に向けて動き出している。

今回のオーガナイザーはZénith Sport。スポーツマーケティングエージェントで、スポーツ関連の国際イベントなどを企画し、運営している。今大会は多くのスポンサーがついていて、携帯会社のOrangeや、保険会社のAXAやSar、レンタカーのHertz、スポーツショップのAdidasやCity Sport、ケーブルテレビのCanal+、スーパーマーケットのCasinoなどなど。全部挙げたらきりがないほど多くのスポンサーがついていた。

c0116370_9164795.jpg


記念すべき第1回のスタート地点に、首相とスポーツ大臣も来られていた。


朝8時スタートかと思って、7時半頃にはスタート地点に着いていたのに、到着してからスタートは8時半とアナウンスがあり、眠い目をこすりながら朝早く起きた私は、スタートを待つ間に眠気が襲ってきてしまった。

それでも何とか体を動かしながら眠気を乗り越え、いざスタート!
この日は、フルマラソンの部、ハーフマラソンの部、10kmの部があり、全員一緒にスタートしたものだから大変。スタート地点では大混雑だった。全部で6千人の参加者がいたようだ。私は、、、もちろん10km。セネガル着任前からもう3カ月くらい走っておらず、ハーフに出る勇気はなかった。
c0116370_9171615.jpg



c0116370_918114.jpg


10kmのトップランナー。


c0116370_9184264.jpg

ゴール地点。
ゴールだけでなく、10kmは沿道の応援が絶えなかったので、とても勇気づけられながら走った。ゴール地点も豪華で、ゴールに向かう嬉しさが増した。


c0116370_9191013.jpg
私は、ゴール直前で、ハーフマラソンのトップに抜かれることになる。このあたりを走っている時に、後ろからトップランナーを先導するバイクのサイレンが聞こえ、邪魔しないように端を走った。


ゴールの後ろ側。ここで完走した人全員にメダルが配られた。
c0116370_919405.jpg


5km地点、7.5km地点の給水所もとてもしっかりしていた。これはゴール地点の給水所。疲れた~~
c0116370_9195856.jpg


c0116370_9204445.jpg


今回、10kmの参加費は2500fcfa(500円)。500円で、オリジナルTシャツももらえて、メダルももらえるなんてすごい。さすがのスポンサーの数である。


帰宅後、家の前がフルマラソンのコースだったのでしばらく応援したのだが、フルマラソンはやっぱり孤独との戦いだなあと改めて感じた。私の家の前の33km地点などは応援もほとんどおらず、誘導と警備の方のみ。誘導の方が手を叩いて応援してくれるのが救いだが、私だったら心が折れるかも。
c0116370_9212248.jpg


ちなみに、このマラソンはゼッケンの裏にチップが付いており、ダカールマラソンのサイトで自分の記録が確認できるようになっているのだが、私は何度試しても「Pas de résultat(結果なし)」と出てきてしまう。結果がしっかり出てくる人もいたので、何が違うのかと考えて思い至ったのが、これ。

c0116370_9231651.jpg
スタート地点とゴール地点にこのような青い板が敷かれていたのだが、これが記録板になっていて、スタートとゴールで踏まなければならなかったのではないかと思われる。私はスタートもゴールも跨いでしまったからなあ。


ダカールマラソンのサイトには、各部門の上位20位の記録が常時掲載されているのだが、ハーフマラソンのトップが1時間11分50秒、2位が1時間12分28秒。私は2位の方には追い越されていないはずなので、10kmを1時間12分ちょうどくらいで走ったと思っている。とりあえず参考になる記録があってよかった。。

今回のマラソンは、16日だけでなく、前日の15日にも、2kmの部(9歳~12歳)、3kmの部(13歳~16歳)、5kmの部(女性限定)が行われていた。ほんと、盛大なイベントだった。

来年は、ハーフに出られるよう頑張ろう!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-20 09:29 | セネガル | Trackback | Comments(0)
モロッコの野菜・果物が西アフリカで熱い
先月、セネガルの北部の街サンルイとそこから100kmほどのリシャトール(Richard Tol)という街へ出張してきた。その道中、モロッコのナンバープレートのトラックの車列を何度か追い越し、モーリタニアの国境付近では、税関の近くの道路脇に駐車してあるモロッコのトラックを沢山見た。

国境の街Rosso。モーリタニア側にも同じ名前の都市がある。
c0116370_6395417.jpg


c0116370_642572.jpg


税関で待つトラック
c0116370_644660.jpg


ダカールへ向かうトラック
c0116370_6443826.jpg


c0116370_6445648.jpg


近年、モロッコ産の野菜や果物が大量に西アフリカで出回るようになった。もともとオレンジなどの柑橘系はモロッコから大量に入ってきたが、最近はオレンジに限らず、様々なモロッコ産の野菜や果物を見かける。

モロッコとモーリタニアの国境では、毎日100台近いトラックが国境を越えて西アフリカ各国へ向かうという。目的地はモーリタニア、セネガル、マリ、コートジボワール、ブルキナファソ。これらの国では、雨期中の野菜栽培が難しく、市場の野菜流通量が減り、価格が高騰する。この時期は、ヨーロッパ市場に出すよりも西アフリカ諸国の方が高く売れることもあり、それに気付いたモロッコ商人たちが、この時期に大量に西アフリカ向け野菜・果物を輸出するようになっている。

セネガルに限らず、アフリカ諸国での野菜消費量は年々増加している。人口増加によるところが多いが、生活レベルの向上による食生活の変化も影響している。国内生産だけでは需要が賄いきれないのも事実である。ジャガイモや玉ねぎは、端境期にオランダから大量に輸入される。オランダの玉ねぎは品種が異なるため、マーケットでも一目瞭然である。しかしながら、近年は、モロッコからも玉ねぎやジャガイモが輸入されており、オランダ産よりも質が良いという卸売業者もいる。

モロッコの野菜と果物、モロッコでは誰がどのくらいの規模で栽培しているのだろう。気になる。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-17 06:46 | セネガル | Trackback | Comments(0)
「W.A.K.A.」というカメルーン映画
先日、「W.A.K.A.」というカメルーン映画を見た。
Françoise Ellong監督による初の長編映画。まだ29歳の若い映画監督だが、才能に満ち溢れているのが分かる。

c0116370_6231252.jpg


映画はマチルドという一児のシングルマザーの生きざまを描いている。息子アダムを育てるために娼婦の世界に身を投げるが、アダムには純粋に育ってほしいという思いが溢れ、様々な葛藤があるのがとてもよく描かれている。

W.A.K.A.というタイトルには、複数の意味があるという。
英語のWalk、つまり歩いて前に進むという意味。カメルーンではwalkをワカと発音して会話に使うことがある。そしてカメルーンでよく使われる隠語でWakaは娼婦を意味する。「夜に街を歩く人々」でwakaと呼ばれるようになったらしい。更に3つ目の意味として、それぞれの文字の間にピリオドを打つことで「Woman acts for her kid Adam」という文章を隠しているらしい。

このタイトルのように、映画自体は娼婦の世界を描いているのではなく、一人の女性が子供のために戦う様を描いている。娼婦は、女性の戦いを描くための題材でしかないと監督は話して言る。



この映画は、様々な映画祭で審査員特別賞を受賞しており、数多くの映画祭で招待映画として上映されている。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-10 06:21 | セネガル | Trackback | Comments(0)
テオドール・モノ・アフリカ美術博物館
先日、「テオドール・モノ・アフリカ美術博物館(Musée Théodore-Monod d'art africain)」に行ってきた。ダカール市内のソウェト広場に面したところに位置する。

c0116370_611832.jpg


建物自体は1931年に建設されており、当初はフランス領西アフリカ(AOF)の行政が置かれており、その後1936年にIFAN(Institut Fondamental d’Afrique Noire:ブラックアフリカ基礎学院)が創設されて以降、IFANの施設となった。また独立の年1960年に、IFANがシェック・アンタ・ディオップ大学(ダカール大学)に吸収されてからは、博物館となった。現在もIFANの附属施設となっている。

長い間Musée de l’IFAN(IFAN博物館)と呼ばれていたが、2007年に現在のテオドール・モノ・アフリカ美術博物館へと改名された。テオドール・モノはフランスの博物学者で、IFANの初代所長である。サハラ砂漠周辺の新品種や新石器の研究に生涯をささげ、人種差別や様々な戦争を真っ向から否定したヒューマニストでもある。

さて、博物館の中はというと思ったより広くない。
やはり各地のマスクや置物が多い。特にカザマンス地方のジョラDiola族のマスクや、コートジボワールのセヌフォSenoufo族のマスク、マリのバンバラ族の像などが目を引いたかな。アフリカにおける女性の重要性を意味するものが多かったのも印象的だった。撮影禁止だったので、写真がないのが残念だが。

ただ、ブルキナファソの博物館に行った時も思ったのだが、西アフリカの様々な民族のマスクやらがあまりストーリー性もなく置かれており、もう少しだけ興味を引く展示の仕方があるだろうにと思ったりもした。アフリカは国境を人工的に引かれているので、セネガルの歴史だけを展示するのは難しいとしても、それぞれの民族の文化や歴史が分かるような展示がされているとよいかも。

ブルキナファソ国立博物館

博物館の1階は常展であるが、2階は時期によって変わるらしい。
私が訪れた時は、各地の布が展示されていた。2階は一枚写真を撮ってみた。一度改装されているだけあり綺麗に展示されている。
c0116370_63015.jpg


あまり写真がないので、裏庭も撮ってみた。子どもの遊び場としてもよいかもしれない。
c0116370_632293.jpg



c0116370_634989.jpg


セネガル在留の方は入場料2000fcfa(約400円)、それ以外の方は5000fcfa(約1000円)。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-09 06:04 | セネガル | Trackback | Comments(0)
セネガル独立記念日:4月4日or8月20日?
昨日4月4日は、セネガルの57周年独立記念日だった。
私自身は、国営放送RTSで軍のパレードの中継を見ながら、静かな休日を過ごした。

この4月4日、どのような日なのかと調べてみたらなかなか面白い記事があった。
https://burkina24.com/2014/04/04/independance-du-senegal-4-avril-histoire-dune-date-dindependance/
http://www.afrik.com/article22493.html

アフリカの多くの国は、植民地から独立した日を独立記念日と定めている。しかし、植民地からの独立と言っても、実はとても複雑な独立の仕方をしている国が仏語圏には多い。

以前ブルキナファソにいた時にも似たような疑問を持ったことがあり、調べたら2種類の独立記念日が存在することを知った。植民地から「フランスの自治共和国」として独立した日。そして「自治共和国」から完全に国として独立した日の2種類である。ブルキナファソの場合、1958年12月11日が前者で、1960年8月5日が後者である。そして、ナショナルデーは12月11日としている。
8月5日、それとも12月11日?

セネガルについても、4月4日が何の日か調べていくと、独立記念日と呼ばれうる日がもう一つあることを知った。それが8月20日である。

少し遡ると、1895年に現在のセネガル、マリ、ギニア、コートジボワールに相当する地域に、フランス領西アフリカ(AOF)が設立された。もちろんAOFが設立される前からフランスによる植民地は始まっており、現在のマリにあたる地域のフランス領スーダンや現ブルキナファソにあたるオートボルタなど、現在の国の原型となる区分は存在してはいた。その後半世紀以上AOFの時代が続くが、1958年にド・ゴール政権下でフランス共同体が発足したことに伴い、AOFは解体し、ギニアを除く各国が自治共和国として独立する方向へ動くことになる。ちなみにギニアは当初から完全独立を目指していた。

セネガルに関しては、AOF解体後、1960年4月4日にフランス領スーダン(現在のマリ共和国)と合併してマリ連邦を成立する合意文書が署名され、同年6月20日に正式に連邦として発足した。しかし、発足してすぐに、セネガル側とフランス領スーダン側で政治方針と人事にかかる内紛が起き、軍事衝突に発展する勢いだったことから、同年8月20日にセネガル側がフランス領スーダン側の大佐を逮捕し、その日の夜にフランス領スーダンと決裂してセネガル国として独立することを国会で決定した。その約1カ月後の9月22日に、フランス領スーダンはマリ共和国と国名を改めて独立した。

さて、当初の疑問、4月4日が何の日か?に戻ると、マリ連邦の設立の日ということになる。この日は、現在のセネガルの形が出来上がった日(8月20日)ではないのだが、植民地からの脱却という意味では重要な日である。

ちなみに、マリはというと、セネガルと決裂して自分たちがマリ共和国として独立した9月22日が独立記念日になっている。

植民地からの脱却を重要視するか、あるいは現在ある国としての成立を重要視するかは各国それぞれで興味深い。


最後に、独立記念日にからんだ写真と動画をアップしてみる。
独立記念日前夜の4月3日に、独立広場で歓喜の踊りを見せながら練り歩いている軍隊。最初は野党側のデモか何かと思ったら、軍服を着た方々が楽しそうに踊っているのが分かった。写真は暗くてよく分からないけど。
c0116370_6471855.jpg


c0116370_6473886.jpg



そして、独立記念日当日に、パレードが終わって大統領府に戻る大統領の列。普段はこんなに白バイに囲われていないが、やはりこの日は特別である。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-04-06 06:48 | セネガル | Trackback | Comments(0)
ポフタンという植物
先日、友人の農園でポフタンという植物を見た。初めて見たわけではないのだが、自然に生えており、特に何かに使うわけでもないので、こうまじまじと見たのは初めてである。

ポフタンPoftane学名はCalotropis-procera別名Pommier de Sodameともいうらしい。

c0116370_720798.jpg


乾燥したサヘルの砂地を好む。
キョウチクトウ科で、有毒性のある乳液を含んでいる。アレルギーのある方は触らない方がよいと言われている。薬用に使われたり、葉っぱをマッサージに使うこともあるらしいが、セネガルの方々に聞いて最も多い使用方法が、出産した時に使う方法。

子どもが生まれると、子どもが寝る部屋の4方向の角にポフタンの葉を貼り付けるそう。こうすることで悪い霊が入ってこられないようにするのだという。女性はこの言い伝えを信じて貼り付ける人が多いが、意外に男性は信じていない人が多い。なので、男性にポフタンの使い方を聞くと、「女性は、・・・・したがる」という言い方をする人が結構いる。

c0116370_720388.jpg


c0116370_721548.jpg


こんな実がなる。風船ように軽い。中にワタのようなものが入っているが、ワタを触ってから目を触ってはいけないと言われた。
c0116370_7214066.jpg


既に乾燥した実の中。
c0116370_7241338.jpg


友人の農園のポフタンを見てからというもの、出張中に道路脇に生えているポフタンが気になるようになった。乾燥地には本当に多い。誰が植えているわけでもないのだが、そこかしこに見られる。

c0116370_7274928.jpg


c0116370_728615.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-03-31 07:28 | セネガル | Trackback | Comments(0)
スイカとメロンの一大産地
先週、カオラックに出張した帰りに、サンジャラSandiaraという町で同行したセネガル人のカウンターパートがメロンを買いたいというので、スイカとメロンの出荷場に立ち寄った。当初は路肩の売店で買う予定だったのだが、運転手の親戚が出荷場の責任者ということで、出荷場内を見学させてもらった。

c0116370_7421354.jpg


Sandiaraはスイカとメロンの一大産地である。

2008年、ワッド前大統領がGoana (Grande Offensive pour la Nourriture et l'Abondance:「食糧・豊穣のための農業攻勢」、セネガル人はいつも言葉に拘るため独特の言い回しを使うなあとつくづく思う)とという戦略を打ち出し、農業改良技術の普及などを通じ、穀物、野菜、商品作物など農産物全般にわたる増産を目指した。その際に農業の品種改革も行われ、様々な作物の様々な品種が試行されたが、このスイカとメロンは当時スペインの支援を受けて成功した産業だという。

出荷場もスペイン支援で建設され、今でも出荷場の労働者は外部支援で支払われているらしい。品種が導入されたのはもう7~8年も前なのに、今でも支援に頼らないと運営が成り立たないのだろうか。。。あまり詳細は分からないので憶測で話しているにすぎないのだが、とにもかくにも導入されたメロンとスイカが非常に美味しいのだ。

様々な種類のスイカとメロンが周辺の農家によって栽培されている。

①日本でもおなじみの縞々模様のスイカ、Goanaの時代に導入された品種のため、ローカルマーケットではGoanaと呼ばれている。
c0116370_7444118.jpg


②ローカル品種の大きなスイカ
c0116370_7452356.jpg


③ローカル品種の色の濃い大きなスイカ
c0116370_7455527.jpg


この3つのうち、どれが一番美味しいかと出荷場の方に聞くと、①のスイカだという。しかし、市場で最も高く売れるのは、②と③とのこと。なぜ???という問いに、同行した園芸スペシャリストが答えてくれた。セネガルの世帯は人数が多い。そのため、家族全員で分けられるよう大きいスイカを好むのだという。最も美味しいものが最も高く売れるわけではないという興味深い例かも。今のセネガルのマーケットニーズは糖度ではないようだ。

①の縞々のスイカを自宅で切ってみた。真っ赤で、出荷場の方の言う通りとても甘い。そしてどれを切っても外れがない。
c0116370_7491517.jpg



メロンもGoanaと呼ばれる品種がある。
c0116370_7513693.jpg


ラグビーボールみたいな、まさに「うり」といった形でこれがメロン??と疑問に思ってしまうが、同行したカウンターパートが言うには、この品種が導入されてからセネガルのローカル市場でとても評価が高いらしい。カウンターパートもこのメロンが大好きだという。

見た目は美味しそうには見えず、切ってみてもやっぱり「うり」にしか見えないのだが、食べてみてびっくり。これが最高に甘い。スイカはとめどなく食べられるが、このメロンは甘すぎて沢山食べられない。本当に美味しい。
c0116370_7524026.jpg


⑤日本人も見慣れたメロン
c0116370_7531895.jpg


こういうメロンもマーケットで売っている。これはSandiaraのメロンではないが、ダカールのマーケットで購入したもの。

切ってみると、色鮮やかでとても美味しそう。しかし、見た目とは裏腹にこれが思ったほど甘くない。やっぱりメロンを買うなら、④のメロンがお勧め。時々とても甘いメロンにあたることもあるのだが、当たり外れが多いのがこのメロン。
c0116370_7545549.jpg



これらのスイカとメロン、多くはローカル市場で取引されるが、一部はスペインへ輸出されているらしい。昨年は300のコンテナ分をスペインに輸出したそうだ。この量が全体のどのくらいの割合なのかは分からないが。どのような業者が関わっているかもう少し知りたいなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-03-28 08:00 | セネガル | Trackback | Comments(0)
Tidiane宗派カリフの逝去
最近ダカールも一時期の寒さが薄れ、徐々に汗がにじむ季節になってきた。ここ一週間でかなり暑くなってきたなあと思っていたのだが、先週木曜の朝は、やけに寒かった。どんよりと曇りがちで、私としては過ごしやすい天気。

しかし、なぜこのような天気なのかを仕事に行ってから知ることになる。

職場に到着してすぐに、秘書が「今日はどんよりしていますよね。イスラム教の偉大な方がなくなった翌日はいつもこうなんです」と話してくれた。

****************************

セネガルは人口の約9割がイスラム教徒。そのイスラム教徒にも様々な宗派がある。セネガルにも複数存在するが、2大宗派と言われているのが、Tidiane(ティジャンヌ)Mouride(ムーリッド)である。

3月15日(水)夕方に、Tidiane最高位のKhalife Généralと呼ばれる地位にいる、Serigne Cheikh Ahmed Tidiane Sy “Al Maktoun”が亡くなった。92歳だったそう。数年前から体調を崩されており、ここ最近は長らく表舞台に出ていなかったという。16日の全ての新聞は、もちろん1面トップがこの記事。

c0116370_555384.jpg


弟のSerigne Abdoul Aziz Sy Al Amineが跡を継いでKhalife Généralとなる。下の写真は後継者。かなり若い時の写真かな。

c0116370_5544226.jpg



Tidiane宗派(TidjanyyaあるいはTidjanismeともいう)は、Sidi Ahmed Al Tijaniが創立する。創立の年は分からないが、1737年にアルジェリアで生まれ、1815年にモロッコのフェズで亡くなっているので、その間だと思われる。そして1935年、偉大な宗教家Cheikh Omar Tall(1799-1864)が、このTidiane宗派をセネガルに伝えた。その後、El Hadji Malick Sy(1855-1922)が、1902年にチワワンTivaouaneという街を総本山とし、20世紀前半にセネガル全土に浸透することとなった。もう一つの宗派Mourideはセネガル独自の宗派であるが、創立はTidianeよりも後の1880年頃と言われている。

逝去された翌日には、マッキー・サール大統領もチワワンへ出向き葬儀に出席されている。

ちなみに10年前にムーリッド宗派の総本山トゥバToubaに行った時の記事。
ムーリッド宗派の聖地


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-03-20 05:58 | セネガル | Trackback(1) | Comments(0)