カテゴリ:マリ( 3 )
『アルカイダから古文書を守った図書館員』
9月に休暇で日本に戻っていた時に、面白そうな本を見つけて買って帰ってきた。1週間前に読み始めたのだが、読み始めから興味をそそり、読み終わるまでは毎日続きが気になり、帰宅して読むのが楽しみになっていた。


『アルカイダから古文書を守った図書館員』

西アフリカ・マリ共和国中部のトンブクトゥの図書館員の実話である。
c0116370_04381257.jpg


以下、本の中の文章(主に訳者あとがき)を引用しながら紹介。

トンブクトゥはサハラ砂漠の南縁に位置し、町全体が世界文化遺産に登録されている。12世紀初頭に交通の要衝として開け、15世紀末から16世紀にかけては黄金時代を迎えて栄華を極めた。とくに学問の都としての名声は世に鳴り響き、自由で開放的な文化が息づくことでも知られた。

1964年、ユネスコの代表団がトンブクトゥで会議を開いた。ユネスコの歴史家は、かつてこの地を訪れたふたりの旅行家の文章を読んでいた。ふたりとも中世で最も有名な旅行家で、14世紀から16世紀にかけて現在のマリにあたる地域を旅行している。どちらも、トンブクトゥでは写本制作と書物収集が盛んに行われていたと記している。かねがねヨーロッパ人の歴史家や哲学者は、アフリカの黒人は「文盲」で「歴史をもたない」と主張してきた。ところが、トンブクトゥの古文書は正反対の事実を告げている。膨大な数の歴史書や詩集、医学書や天文学書が、かつて図書館や市場に、そして自宅に誇らしげに飾られていた。

しかし、そうした書物は、町がその後様々な国に支配されるにつれて地下へと潜ることになる。代々個人の手で密かに何世紀も守り継がれたものもあれば、略奪や破壊の憂き目をみたものもある。隠され、埋められ、その過程で所在不明になったものもある。このトンブクトゥの古文書にふたたび光を当て、失われた伝統を蘇らせるべく生涯をささげているのが、主人公のハイダラである。

あるとき、ハーバード大学の教授一行がトンブクトゥを訪れた。ハイダラはトンブクトゥにおける古文書の歴史を話して聞かせた。14世紀にトンブクトゥにサンコーレ大学が誕生し、当時は2万5千人もの学生がおり、傑出した学者を綺羅星のごとく輩出したこと。黄金時代には12の名家がトンブクトゥの写本の大半を集めたこと。16世紀末にモロッコ軍の侵略によって古文書のほとんどは地下に潜ったものの、収集家の子孫の手で400年のあいだ守り伝えられてきたことも説明した。ハーバード大学の教授はこう表現している。「人生であれほど感動した日はそうありません。古文書を手にして、胸が震えました」

ハイダラは散逸した古文書の発掘と保護に涙ぐましいまでの努力を傾け、古文書図書館の設立にも尽力する。そうした活動の甲斐あって、トンブクトゥはアラビア語の古文書保存の世界的な中心地のひとつとして復興をとげていき、町全体で約38万冊が収蔵されるまでになった。しかしそのころ、町の北に広がるサハラ砂漠にイスラム過激派が進出する。最終的にトンブクトゥは過激派の手に落ち、市民は厳しい統制下におかれる。テロリストたちは町の図書館に侵入して、古文書を燃やした。ところが焼失したのはごく一部で、ほとんどは無事だったことがのちにわかる。危険を察知したハイダラが、命を賭けて一大救出作戦に打って出ていた。この作戦が臨場感あふれる文章で書かれている。

********************

トンブクトゥの古文書の存在とその重要性を知るだけでもとても貴重な本なのだが、実は私にとってそれ以上に興味深かったことがある。それは、サヘル地域で活動するイスラム過激派のAQIMやアンサール・ディーンとそれを率いるリーダーたちの背景、2013年にあわやマリ全体が過激派の手に落ちるかもしれないと危機感を募らせていたときのフランス軍の介入など、調査やインタビューを重ねて事細かに記述されていたことである。

本のタイトルからすると、ハイダラの古文書救出作戦がメインだと思いきや、実に本の5分の4はイスラム過激派とマリ北部の戦闘の描写に割かれている。

2013年1月、フランスの軍事介入が始まったころ、私はブルキナファソの首都ワガドゥグで、自分の家の上空を飛び交う軍用機の爆音を聞いていた。そのころに、マリ北部のイスラム過激派の記事を書いた。この本を読んだ後に自分の記事を読み返すと、知識がいかに浅かったかが分かる。

マリ北部のイスラム過激派グループとは

このあたりの情勢に興味がある方には、とてもお勧めしたい本である。




[PR]
by iihanashi-africa | 2017-10-11 04:43 | マリ | Trackback | Comments(0)
バマコ上空とバマコ国際空港
もう3カ月も前の2016年3月6日に撮影した写真。
アップする機会を逃し、今まで温めていた。そのまま温めすぎてパソコンの中に眠り続けることにならないよう、早くアップしないと。

以前ケニアのナイロビからセネガルのダカールまでケニア航空で移動した際、マリの首都バマコを経由した。バマコに降り立ったのは初めてだった。

2012年3月のマリのクーデター直後は、渡航が禁止になり、飛行機から降りないトランジットも許可されない時期が続いた。そのため、ブルキナファソからセネガルに行く際に、マリ経由で行けば3時間で行けるのに、コートジボワール経由で丸一日がかりで行ったのを思い出す。
マリ北部のイスラム過激派グループとは

最近は、トランジットは問題なくできる。

首都バマコに近づくとこういう光景が広がる。

c0116370_18123100.jpg


c0116370_18122680.jpg


c0116370_1813033.jpg


c0116370_18131452.jpg


c0116370_18132436.jpg


作りかけの家かな。
c0116370_18133470.jpg


こちらも少しずつ完成していく家。
c0116370_18134836.jpg


川の周囲に緑が多いのがよく分かる。
c0116370_1814786.jpg


c0116370_18141920.jpg


この角度から見ると、平坦な街だと改めて思う。
c0116370_18144665.jpg


c0116370_1815071.jpg


バマコのModibo Kéïta Senou国際空港。


c0116370_18151337.jpgバマコの空港では、現在新たなターミナルを建設中である。2010年にアメリカのMCC(Millenium Challenge Corporation)の支援で建設が始まったが、2012年のクーデター後にアメリカからの支援が凍結され工事も中断した。そして、2015年5月に再開が発表された。今回の資金源は、クウェート開発基金が49.3%、石油輸出国機構(OPEC)が26.3%、イスラム開発銀行が10.8%、そしてマリ政府が13.6%。


c0116370_18412769.jpg
この建設は、2010年に中国企業Sinohydroが受注しており、再開した際も引き続き同企業が実施することに決定した。工事そのものはいつ開始されたのかな?記事によると12カ月で完成するとあったけれど、2016年3月の時点はまだまだという印象。いつ完成されるのだろう。


c0116370_1815435.jpg
さて、私はトランジット中、バマコで降りる客を眺めている、その後に掃除が入ってきた。掃除機でうぃーーーーん。あらあら、結構大きな音ですね笑。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-06-05 18:48 | マリ | Trackback | Comments(0)
マリ情勢が一般市民に与える影響
マリ情勢は、報道されている通り落ち着く様子を見せない。

4月に入り、仏軍は計画通り一部部隊の撤退を開始し、PKOへのバトンタッチがなされようとしているが、相変わらずMNLAとの対話は進展しておらず、復興に向かう気配は見えない。マリ難民や国内避難民も増える一方である。



ただ現在報道されているのはこのくらい。
戦地になっていないマリ南部の一般市民の生活状況については、ほとんど報道されていない。

先日、友人からバマコに住むマリ人のミュージシャンの話を聞いた。
このミュージシャンは、普段結婚式やお祭りでの余興で生計を立てている。しかし1月に北部軍事介入が始まって以降、一般市民は派手な余興は自粛することを余儀なくされている。彼は、今ほとんど仕事がなく、自分の携帯までも売らなければならない状況にある。



内政不安というのは、たとえ国の一部の地域だけの話であっても、社会的・経済的には国全体にネガティブな影響を与える。

マダガスカルでもそうだった。ほんの一部の権力闘争が国全体の社会不安を助長した。多くの人々が仕事を失い、一方で物価は高騰し、生活は厳しくなり、盗みを働くしか稼ぎ方法がなく、治安が悪くなる。

マダガスカルもマリも、アフリカの中では比較的観光収入が多い国だと思う。マダガスカルでは、ホテル従業員が半数以上リストラされ、一時的に閉鎖を余儀なくされたホテルもあった。観光サービス業界は多大なダメージを受けた。(マダガスカルの観光影響

マリのミュージシャンの話は、ほんの一例。
バマコ市民、いやマリ国民全員が生活環境の悪化を感じていると思う。

こういう影響はじわじわと効いてくるので、なかなか報道で見せるのは難しいかもしれないが、こういう影響こそ是非報道してほしい。


マリの影響の大きさ
マリ北部のイスラム過激派グループとは



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2013-05-11 09:09 | マリ | Trackback | Comments(2)