カテゴリ:コートジボワール( 5 )
今度はコートジボワールで襲撃か…
悲しいとしか言いようがない。

あまりこういう胸が痛む話はブログに書きたくはないのだが、マリ、ブルキナファソに続き、コートジボワールでも起きてしまった。

もしかしたら次のテロの標的はセネガルではないかと思っていたが、コートジボワールだった。

今日3月13日(日)午後1時過ぎ、中心都市アビジャンから40kmほど東のグラン・バッサムGrand Bassamで襲撃は起きた

http://www.ledauphine.com/france-monde/2016/03/13/cote-d-ivoire-des-tirs-entendus-sur-une-plage
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160314-00000004-asahi-int

グラン・バッサムは、アビジャンから近く、砂浜海岸があり、素敵なホテルが並び、またフランス植民地時代に数年間だけコートジボワールの首都だったこともあり、当時の建物が残っていて歴史を感じる街らしい。私は行ったことはないが、ブルキナファソにいた時の友人たちが「近場で海を楽しんでくる!」とこの辺りに旅行に行った話は聞いたことがあった。

報道によるとテロリストは6人。グラン・バッサムの3つのホテルと海岸で乱射したらしい。現時点で、一般市民14名と軍関係者2名が犠牲になったとの発表が出されている。

マリ北部で活動するイスラム過激派のAQMIが犯行声明を出している。
今年1月に発生したブルキナファソのテロもAQMIだった。

【アラート】ブルキナファソでもテロ
マリ北部のイスラム過激派グループとは


今回セネガルに出張に来て、スーパーやホテルなどの入口で、とても警備が厳しくなったと感じた。外国人がよく行く大型スーパーでは、ナイロビ同様に車の下、中、乗車している人のカバンの中までくまなく調べる。これまではサクッと駐車場に入れたのに、今や入口で渋滞する。私が泊まっているホテルも、空港でよくみる金属探知機で全身をチェックする。やはり1月のブルキナファソのテロ以降、セネガルでも警戒し始めたようだ。

世界各地でのこのテロの発生はどこまで進み、どこで終息するのだろうか。

このままテロの頻度が高くなり、その内ちょっと大きめの交通事故が発生したような感覚で報道されるようになるのではないかと怖くなる。

仕事も旅行も本当にやりづらくなった。

今日はトルコでもまたテロがあった。
あんなに魅力的な国トルコにも、もうしばらくは旅行できない。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-03-14 05:06 | コートジボワール | Trackback | Comments(2)
コートジボワール音楽~ZouglouとCoupé Décalé~
前回のコートジボワール音楽の続き。
コートジボワール音楽~Magic System~

Zouglou

Zouglouの歴史は前回の記事(↑)を参照。

Zouglouと言えばMagic Systemだが、他にもZouglou音楽を歌うアーティストは沢山いる。中でも私にとって印象的なグループがEspoir 2000という二人組。

Espoir 2000は、1997年にデビューしたのグループ(Pat SakoとValery)。当初は3人だったが、途中で一人脱退して2人になった。バグボ元大統領支持者と言われているが、今はそこまで政治色は出していない。ただ、社会の痛烈批判や政治を揶揄する歌詞が多い。『Eléphant d’afrique』でデビューし、1998年の『Série C』がコートジボワールで大ヒットした。


1999年 Série C
女性の社会的地位とそれに反して女性が男性に求める物質的愛情を歌った曲。「人生はマラソンのようなものだというが、女性は決まった道しかないじゃないか。エンパワーメントなんてまだまだ。学ぶのは裁縫と散髪だけ。一方、女性たちは結婚すると男性が稼ぐお金しか見ない。請求書が払えなくなると、男性は独身になる。未来の妻よ、これから結婚するのであれば、電気代は私が払うから、水道代は払ってほしい。もし苦しい時期があっても一緒にご飯を食べよう。そして2000年が来たらどうなっているか見直してみよう!」



2006年 Abidjan Farot
これはダンスミュージックとしてとてもヒットした。



2008年 Africain Président
アフリカの多くの大統領たちを揶揄した曲。フランス語の韻を踏んだ歌詞で皮肉っているのがなんともおかしい。何度聞いても、そうそう!っとくすっと笑ってしまう。ブルキナファソで出張中に同僚とこの曲を聴くと必ずと言っていいほど、彼らの前政権への不満で話が止まらなくなった。大ヒットした曲ではないのだが、私にとってはとても思い出深い曲



Coupé Décalé

Zouglouから少し遅れて2002年にパリ郊外のコートジボワール人が多く居住する地区で生まれたのが、Coupé décaléだ。コートジボワールの南東部に位置するAttiéという都市で伝統的に踊られている「Akoupé」という踊りからきているらしい。そしてアビジャンのDJたち(もちろんYopougon地区に居住していた人がほとんど)が「Coupé Décalé」と名付け、広めていった。Coupé Décaléの出現でコートジボワール音楽は、サブサハラアフリカ全土へ広まっていき、各地で踊られるようになった。カメルーン、ガボン、ブルキナファソやコンゴ民主共和国でもCoupé Décaléダンスコンテストが開催されるほど人気が出たようだ。もちろんフランスのアフリカ人コミュニティーでも大流行りだった。

Coupé Décaléは代表的な曲を選ぶのが難しいが、私の知っている中で人気を博したと思われる曲を三つご紹介。


2007年 『Bobaraba』 Dj Mix & Elloh Dj
とっても独特のリズムでいったん聞くと頭から離れない。



2009年 『Seka Seka』 DJ Marechal
西アフリカにいた方なら、この曲を一度は聞いたことがあるかもしれない。とても人気のあった曲だ。



2015年 『Gbobolor』 DJ Arafat
Coupé Décaléの2大スターと言えば、DJ ArafatSerge Beynaud。中でもDJ Arafatの影響力はすごい。私は彼の最初のシングルHommage à Jonathan (2003)は好きだが、徐々に洗練されてきてロック色が強くなってきたので、ほとんど聞かなくなった。しかし、Forbes AfriqueやTRACE Africaは、2015年の最も影響力のあるアフリカ人アーティストに選んでいるそうだ。ただ、いろいろとニュースが絶えない方だからなあ。。。



最近はナイジェリア音楽の方が人気が出てきたようだが、コートジボワール国内の音楽がどのように発展していくかのかも楽しみに見ていきたい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-01-13 00:16 | コートジボワール | Trackback | Comments(0)
コートジボワール音楽~Magic System~
前回の記事(最近流行りのナイジェリア音楽)でコートジボワール音楽の話をちらっと記述したので、Magic SystemZouglouズグル音楽を紹介しようと思う。

Zouglouは、コートジボワールの都市郊外の若者の間で生まれたリズムで、社会や政治を揶揄したり、複雑な恋愛や夫婦関係、友情、正義など詞にメッセージ性があって、リズムもよい上に聞いていても楽しい。

Zouglouは1980年代後半に生まれたとされている。コートジボワールのGagnoaという都市で、新たなダンスを生み出した若者が、大学へ通うためにアビジャンへ上京してから郊外のYopougon地区で友人たちと確立したものにしていき、学生の間に広まっていった。Yopougonと言えば、「Aya de Yopougon」というアニメがあったのを思い出す。コートジボワールの大衆文化はYopougonで生まれると言われるほど、雑多だが活力のある地区なのだ。

そしてこのZouglouを世界的に知らしめたのが、Magic Systemという男性4人組アーティストの台頭だ。当初、Zouglouはダンスから始まったのだが、90年代後半から音楽とダンスがミックスした形に徐々に変化していき、Magic Systemもその流れの中で出てきた。もともとは50人近いメンバーがいたグループだったが、独立して別のグループを作るものも出てきて、その中の一つだった。

彼らがフランスで有名になったのは2002年。『Premier Gaou』という曲のヒットがきっかけだ。すでにコートジボワールでは成功を収めていた曲だったが、紆余曲折を得て3年後にやっとフランスで発売され、フランスの音楽チャート4位に入るヒットとなった。

この歌はリードボーカルA’salfoの実体験を歌っている。お金も名声もなかった時に、他の男性を見つけて彼から離れていった彼女が、テレビやラジオで活躍しだした彼を見て、よりを戻そうとした話。Gaouというのは「愚かなこと・ばからしいこと」という意味。歌では、彼女が離れていったのはGaouではない、戻ってきた彼女を受け入れるのがGaouなのだと歌っている。



その後、いくつもシングルやアルバムを出しているが、その中でもヒットした曲を紹介する。


2004年 『Un Gaou a Oran』(前回の記事で紹介した曲。私がmagic systemを知るきっかけとなった曲) 
アルジェリア人ミュージシャンMohammed Lamineとのフィーチャリング。



2006年 『C'est chô, ça brûle !!!』
アルジェリア人ミュージシャンのCheb AkilとCheb Bilalとのフィーチャリング。フランスの音楽チャート4位。Magic Systemはアラブ系ミュージシャンとのコラボが多く、とても楽しめる。



2007年 『Ki Dit Mié』 フランス音楽チャート4位。



2009年 『Même pas fatigué』 
フランス音楽チャートで7週間1位になった曲。これもまたアルジェリア人ミュージシャンKhaledとのフィーチャリング。ミュージックビデオには、サッカーの元フランス代表リベリー選手が出演していることにも注目。リベリー選手はアルジェリア系フランス人の奥さんと結婚してからイスラム教に改宗している。



2011年 『Chérie Coco』 
フランスのラップ歌手Sopranoとのフィーチャリング。音楽チャート2位。



2014年 『Magic in the Air』 
モロッコ人歌手Chawkiとのフィーチャリング。フランス、ベルギーの音楽チャートで1位。ルクセンブルグとポーランドで3位。スイスで23位、ドイツで64位。私も好きな曲の一つ。「とにかく空に向けて手を掲げよう!近道はないけれど、心配することはない。ばかなことをしてみよう」と歌う。2014年のFIFAワールドカップの前にリリースされ、応援歌にも聞こえる。



Magic SystemのリーダーA’salfoは、2012年、UNESCO親善大使に任命された。歌に込められた平和と正義への思いは聴衆に多くの影響を与えているという評価だった。

2002年からコートジボワールは内戦状態に陥った。3000人が殺害されたと言われており、バグボ元大統領を支持していたアーティストは国外退避を余儀なくされた。Magic Systemは、和解のメッセージを発信し続け、2011年からは国外退避したアーティストが故郷へ戻るキャンペーンを始めた。UNESCOはこれらの活動を評価して親善大使を依頼したようだ。


実は私、一度だけ生でMagic Systemを見たことがある。といっても、顔も判別できないほど遠くからだったのだが、ブルキナファソで2年に一度開催されるパナアフリカン国際映画祭FESPACOの閉会式に招待されていたのだ。
「アフリカ映画の都ワガドゥグ」~フェスパコ便り 3
c0116370_23423532.jpg




Magic Systemだけでなく、他のコートジボワールミュージシャンも紹介しようと思ったが、Magic Syetemだけでこれだけ使ってしまったので、2回に分けることにする。

次回に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-01-10 21:23 | コートジボワール | Trackback | Comments(0)
「Aya de Yopougon」というアニメ
以前、アフリカの漫画を描くブルキナファソ人を紹介したことがあるが(アフリカ人2人目の漫画賞受賞はまたまたブルキナファソ人)、こうして記事にするくらい珍しいことである。ましてやアニメとなると、お金と時間と機材が必要で、実現は格段に難しくなる。ブルキナファソ人でアニメを製作した方の話を又聞きしたことがあるが、やっとの思いで得ることが出来た支援を使っても7分間分しか出来上がらず、まだ完成していないらしい。

そんな前知識があった上で、2014年セザール賞(フランスのアカデミー賞)で、アニメ部門にノミネートされたアフリカを題材としたアニメがあることを知った。

私は、この映画を初めて知ったのはもう1年も前。フランスで上映が始まってからまもなく、ワガドゥグのフランス文化センターでも上映会があったのだ。しかし、残念ながらこの日は別の予定があり映画を見に行けず仕舞い。そして、その数ヶ月後に偶然飛行機の機内映画で発見した。

このアニメ映画、アフリカ人がアフリカで作成したと思いきや、実はフランスの作品。道理で洗練されているわけだ。でも原作者はコートジボワール出身の方なので、ストーリーは誇張されておらず現実を反映しており、とてもしっくりくる。そして面白い。

「Aya de Yopougon」

日本語では「恋するヨプゴン・ガール」と訳されているらしい。

もともとは、コートジボワール出身の小説家マルグリット・アブエMarguerite Abouetの作品に、フランス人クレマン・ウブルリClement Oubrerie作画のシリーズ漫画が原作となっている。

「Courrier Japon クーリエジャポン」で連載されていたみたい。
http://courrier.jp/aya/index.html

コートジボワールの経済首都アビジャン生まれのアヤ19歳が主人公。アヤという名前は、コートジボワールでもとてもポピュラーな名前。医者を目指して勉強するアヤだが、親友2人は夜遊びやボーイフレンドの話ばかり。世界のどの国でもあるような日常だが、両親に畏怖の念を抱いていたり、親戚や近所の人々が家族のようにお付き合いしていたりと、アフリカの良いところがたっぷりのユーモアと共に描かれている。

お勧めです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2014-09-02 22:23 | コートジボワール | Trackback | Comments(0)
アビジャンの路上物売り
アビジャンのおまけ写真を2枚。

アフリカ諸国で路上で物を売る人々を見かけることは多いが、アビジャンの物売りの多さには驚いた。よーく写真を見てください。いろんな物を売っています。巻尺、棚、鏡、サッカーのユニフォーム、子供服、キリストの絵、ござ、、、そして買っている人も結構います。

c0116370_472240.jpg
c0116370_481523.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2012-09-29 04:17 | コートジボワール | Trackback | Comments(0)