カテゴリ:ガボン( 4 )
アフリカの重鎮ボンゴ大統領逝去
アフリカで最も長く国家元首の座に就いていたガボンのボンゴ大統領が亡くなりました。73歳。1967年から今日6月8日(もしかしたら昨日)まで41年間以上も政権を維持してきたアフリカのドンでした。

昨日の夜、フランスのメディアでボンゴ大統領が亡くなったという報道が流れ、今朝も他のメディアが「大統領死去か」と報じていましたが、今朝ガボンの首相が大統領の死去を否定しました。私も今朝、インターネットでこのニュースを知ってから出勤途中に購入した新聞の海外欄を見たのですが、マダガスカルの新聞にはまだ何も書かれていません。亡くなった、亡くなっていないという報道が飛び交った後、午後になって首相が正式に「ボンゴ大統領が大腸がんのため死去した」という声明を発表しました。

ボンゴ大統領は5月6日から公務を一時的に中止し、バルセロナの病院に入院していました。FCバルセロナの選手も利用する有名な病院です。大統領は今年の3月14日に夫人を亡くされたばかりで、癌だとは知らない私は夫人の死のショックから体調を崩したのかと思っていました。しかし、Jeune Afriqueの最新号で「ボンゴなしのガボン:もしボンゴが戻ってこなかったら」という記事が4ページにわたり掲載されており、非常に危険な状態にあるらしいことが書かれています。ボンゴ大統領があと僅かな命であるという確信がないと書けない記事です。やはり、メディアは早い。

フランスと複雑な関係を持っていたガボンですが、今後どうなっていくのでしょう。ガボンの政治は詳しくないので分かりませんが、息子が国防大臣ですね。息子の影響力はどのくらいのものなのでしょう。

ガボンにいらっしゃる皆様、そちらはいかがでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ

c0116370_434376.gif
[PR]
by iihanashi-africa | 2009-06-09 04:37 | ガボン | Trackback | Comments(2)
広報ピエロ
久しぶりの投稿です。
昨日まで家族旅行で韓国へ行ってました。こちらはまた追って写真を掲載します。

ガボンのZAINの椰子の木CMを記事にし「ピエロを見てみたい」と書いたら、この話題を提供してくださった方から、今度はピエロの写真が送られてきました。ありがとうございます!
c0116370_20391337.jpg
本当にピエロですね。アフリカではあまり見られないパステルカラーでとてもかわいらしい。
c0116370_20393239.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ  にほんブログ村 環境ブログへ

c0116370_20401913.gif
[PR]
by iihanashi-africa | 2008-08-14 20:48 | ガボン | Trackback | Comments(0)
椰子の木を使ったCM
前回、CELTELからZAINへへの移行の記事を書いたら、ガボン在住の方から「ガボンでも移行されました」とメールをいただきました。

そして、こんな写真も送ってくださいました。
c0116370_19595467.jpg
c0116370_200625.jpg

送ってくださった方の家の前の大通りに並ぶ椰子の木に、色とりどりの布を巻いたデコレーションがあらわれ、8月17日のガボンのナショナルデーのためのデコレーションかと思っていたら、そうではなく、ZAINに移行するためのコマーシャルだったそうです。

c0116370_21113310.jpgZAINのロゴマークは、右のように黒を基調に青と紫の渦巻きが描かれています。それほど派手な印象はないので、何故こんな多彩な布が巻かれているのか疑問に思い、ZAINのホームページを見てみたら、こんな文章を発見しました。

“The new logo and its colourful identity reflect the Group’s freshness, boldness and vitality with the ‘swirl’ communicating the idea of an aura, something important to human life echoing growth, progression and diversity.”

カラフル・アイデンティティか。面白いコンセプトですね。でも、ロゴはそんなにカラフルかなあ。
ちなみにZAINとは、アラビア語で「beautiful、good、wonderful」を意味するのだそう。

ガボンでは、街中のセルテルショップが赤・黄(セルテルのカラー)から派手な赤紫(ゼンのカラー)にペンキで塗り替えられているそうです。街角には、色とりどりの衣装を着たピエロのような人がZAINのPRをしているらしい。是非ともこのピエロさんを見てみたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ  にほんブログ村 環境ブログへ

c0116370_21122072.gif
[PR]
by iihanashi-africa | 2008-08-06 21:29 | ガボン | Trackback | Comments(0)
西アフリカ人がガボンへ不法入国
そういえば、書いていませんでしたが先週の火曜日に帰国しました。次の出張は9月。タンザニアです。

今週と来週、開発コンサルタント会社アイ・シー・ネットが実施するPCM(Project Cycle Management)計画立案とPCMモニタリング・評価の研修を受講しています。開発事業を計画あるいは評価する際の方法を学んでいます。

さて、話は変わりますが、今月初めにガボンにいらした方がこんな新聞記事をスキャンして送ってくれました。Unionという新聞の7月2日のトップ記事です。
c0116370_2331972.jpg

『浜辺に遺体-不法移民』

7月1日の朝、ガボンの首都リーブルビルの浜辺約1キロにわたって複数の遺体が打ち上げられていました。ガボンに不法入国しようとした木舟が転覆たようです。舟はナイジェリアを出港して、カメルーン、赤道ギニアを経由し、ガボン入国を目の前にしての難破。打ち上げられた遺体は全部で23体。全て西アフリカの人々。しかし、木舟は100人近く乗り込める舟だったそうで、無事に漂着し不法入国できた人もいるだろうと推測しています。この1週間後、入国したうちの3人が拘束されたそう。

アフリカ人がガボンに出稼ぎに行く話は良く聞きます。隣国のカメルーン人もガボンへ出稼ぎに行きますが、西アフリカのブルキナファソ人でもガボンへ出稼ぎに行っていると言う人はいます。

原油が出て、物価が高い国ではあるので、周辺の低物価・低所得のアフリカ諸国の人々がガボンで仕事をしたくなるのは分かります。でも、こんなに危険を冒してでも行きたい国だとは想像もしていませんでした。モロッコからスペインに不法入国しようとする舟の話題は耳にしますが。インターネットで別の記事を読んでいたら、2005年にも同じようにガボンを目指していた木舟がカメルーンで転覆したことがあったようです。

以前、ガボンに出稼ぎに行っているブルキナファソ人が言っていました。「ガボン、特に首都リーブルビルでのビジネスは、滞在許可証を持っていて堂々と商売ができれば、インフォーマルセクターでも成功する確率は高い。でも、ガボンでは滞在許可証の取得に高額のお金がかかり、それを支払えるアフリカ人は少ないんだ。」特に国籍ごとに滞在許可証の金額が異なり、カメルーン国籍だと安いがブルキナファソ国籍だと高いらしい。だから結局不法滞在が多いとか。

この話を聞いたあとの上のニュースだったので、なんか条件が厳しくなると何とかして入国したくなってしまうのかなとも思ってしまいます。フランスも外国人へのビザ発給を厳しくしていますが...

ちなみにガボンの位置は「ここ」↓
c0116370_23453176.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ  にほんブログ村 環境ブログへ

c0116370_23395136.gif
[PR]
by iihanashi-africa | 2008-07-23 23:45 | ガボン | Trackback | Comments(1)