セネガル最大のバオバブ
Joalジョアルという街から内陸に15キロ行ったところに、セネガル一大きいと言われるバオバブがある。周囲32メートルで推定樹齢850年

私が訪れた日は快晴だったため、カラーで写真を撮ると日影が黒く映ってしまう。唯一綺麗に取れたのが白黒の写真だったので、それを載せることにする。バオバブの根に座ってくつろぐ人々と比べるとその大きさが分かるだろうか。
c0116370_7493728.jpg


c0116370_7504167.jpg
バオバブは木の中がスポンジのように柔らかい繊維でできている(珊瑚礁と太いバオバブの旅最終日)。そのため、何百年も経って大きくなったバオバブも木の中は繊維が乾燥して空洞になる。このバオバブも例外ではなく大きな穴があり、木の中にも入れる。入口が非常に狭いため、中に入る時も外に出るときも手伝ってもらわないとならなかったが。



c0116370_7511418.jpgセネガルでは、特に神聖なバオバブは、グリオのお墓となっていた。グリオとは伝統的な伝達者のことで、楽器の演奏し、歴史上の英雄譚や生活上の教訓などをメロディーに乗せて人々に伝える人のことである。このバオバブも、穴の中にグリオが埋葬されていたらしい。ただし、独立後のサンゴール初代大統領が、人々は全員土に埋葬されなければならないとして、これまで穴に葬られていたグリオの遺骨がバオバブから出され、土に埋葬されている。現在、バオバブの空洞の唯一の住民はコウモリ。独特の臭いがあり、あまり長く居られないが、今でもこの空洞のなかで祈祷が行われる。


他にも、セネガル国内のバオバブたちの写真を少しおすそ分け。
c0116370_7574960.jpg


c0116370_7581034.jpg


c0116370_7583223.jpg



倒れてもなお生きるバオバブ。バオバブは根が深くまで張らないため、嵐などで意外とすぐに倒れてしまう。でも、少しでも根が土に埋まっていれば枯死することはなく、生命力は強い。そういえば、マダガスカルで倒れたバオバブが再び立ったというニュースを聞いたことを思い出した。
え?バオバブが生き返った?
c0116370_811020.jpg



バオバブと言えば、マダガスカル。この種類の豊富さは世界でここだけ。
バオバブおまけ写真
最大級のバオバブ
バオバブ七変化
珊瑚礁と太いバオバブの旅3日目


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-07-25 08:03 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26839259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< サルーム・デルタのマングローブ サンルイ島の植民地時代の建造物群 >>