ファタラ保護区のライオンウォーク
少し前の話だがガンビアの国境に近いファタラ保護区(Réserve de Fathala)へ行ってきた。

c0116370_1062240.jpg


約6000ヘクタールに広がり、そのうち2000ヘクタールが囲われており、動物が保護されている。オーナーは南アフリカ人で、彼らにより人工的に設置された保護区のため、多くの動物は国外やセネガル国内の他の保護区(ニョコロコバ保護区)から連れてこられている。2003年にオープンした当時はまだ動物が少なかったが、現在ではキリン8頭、サイ1頭、その他バッファロー、シマウマ、アンテロープ、ジャイアントイランド、イボイノシシ、サルが多数見られる。アンテロープはかなり増えていて、昨年300頭確認したそうだ。ゾウも連れてきたいと考えているそうだが、セネガル政府が象牙目当ての密猟を警戒し、許可を出さないらし。

そして、この保護区の一番の売りが「ライオンウォーク」である。ヨーロッパの動物園で子育てを放棄したライオンの子どもを引き取り、生後3か月でファタラ保護区へ連れてこられた。その頃からしつけされ、人間と一緒におとなしく歩くことができるようになっている。

c0116370_107993.jpg

ダカールからファタラ保護区までは約4時間半。途中のカオラックで昼食をとることにし、Le Braceroというレストランに立ち寄った。


c0116370_1081983.jpg

そこで食べた牛肉の串焼き。
これがこの旅で食べた食事の中で最もおいしかった。コストパフォーマンスが素晴らしい。


c0116370_1084573.jpg

ファタラに到着。
保護区内にホテルがある。これがとても素敵なホテル。
http://www.fathala.com/



c0116370_1093056.jpg


部屋はテントなのだが、中に入るとテントとは思えない設備。


c0116370_1010134.jpg

夜中は外でイボイノシシが草をかじっている音が聞こえ、朝は鳥のさえずりで起きた。まさに保護区内にいることを感じられるホテル。


c0116370_10102780.jpg


保護区到着直後の夕方にサファリへ。


c0116370_1011196.jpg


c0116370_10112564.jpg


c0116370_10115338.jpg


c0116370_10121726.jpg


c0116370_10123649.jpg


c0116370_1013121.jpg



c0116370_10132784.jpg
保護区内にこのような網がかけられているのを見かける。これはハエ取りの網だそう。この辺りは雨期になるとアフリカ睡眠病を媒介するツェツェバエが多く発生し、動物が被害を受けるため、事前にこのような処置をしているとのこと。



サファリでは唯一サイだけが見られなかったのだが、ガイドさんが19時頃にホテルの前にやってくるかもしれないというので、夕食をとりながら待っていると。きた!!!すぐそこに。
c0116370_1014965.jpg


c0116370_10142949.jpg



c0116370_101526.jpg
翌朝8時にライオンウォークへ。
こうして、ライオンの後ろを歩く。皆、棒を持たされるのだが、小さい時から棒を持った人に服従するよう育てられていたため、我々も持たされた。ただ、棒を落として拾おうとかがむと危険なので、落とした場合は自分で拾わないようにと脅された。


c0116370_10155156.jpg


c0116370_10171295.jpg


「ふぅ、観光客相手は疲れるぜ」という顔。
c0116370_1016127.jpg


もうやる気ないライオン。ライオンの威厳なし。でもかわいい。こんなに疲れた~という態度を見せていたのに、私たちとの「人間ウォーク」という仕事を終えた後、やっと終わった~と嬉しそうに駆け回っていた笑。
c0116370_10163528.jpg


全体的に少しお高めだけど、ご関心のある方はぜひ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-06-10 10:18 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26728093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< セネガルにおける今年のラマダン... 初代大統領サンゴール博物館 >>