ゲジャワイ市の開発スピード
セネガルにIntermondesというローカルNGOがある。

現在も代表を務めるMamadou Ndiaye氏がENDA Grafから独立して、ENDA Intermondesを設立し、さらにENDAから独立してIntermondesに改名した。

http://www.intermondes.org/

私は2006年に5か月間、ENDA Intermondesでインターンをしていたのだが、この時に代表のMamadou氏から学んだことは、今とても大きかったと感じている。開発支援において受益者との対話能力にたけた方で、今まであまり多くを語らなかった村人も、Mamadouと話すと本音が出てくる。セネガル人の知り合い中で最も尊敬する方の一人である。

Intermondesの建物は、ダカール市に隣接するゲジャワイ(Guediawaye)市に位置する。2006年初めにベルギーの民間企業連合体からの支援で建設されたIntermondesの建物には、インターン生が宿泊できる部屋があるのだが、私は最初の宿泊者となった。当時、日没後は絶対に歩いてはならないと言われ、街中からタクシーで戻る際も必ず建物の前まで送ってもらうようにと言われるほど、この辺りの治安は悪かった。タクシーで帰る途中に、目の前で女性のカバンが引ったくられたのを見たこともある。同時ゲジャワイに住んでいると言ったら、「すごいところに住んでいますね。大丈夫ですか?」と言われる場所だった。

先日、11年ぶりにIntermondesを訪ねてみたのだが、周囲が見違えるほどに開発されておりびっくり。

11年前は、高い建物と言えばIntermondesしかなく、目の前は更地だった。

c0116370_5514519.jpg



当時の建物。


c0116370_5521441.jpg


Intermondesの前の更地。


c0116370_5524152.jpg


海側の更地。


c0116370_5531849.jpg



もちろん前の道路は舗装されていなかった。


c0116370_55459.jpg

それが、11年たった今、前の更地はこのような住宅地へと変容した。ダカール市内の住宅地と遜色ない美しさである。これがゲジャワイと言って信じる方は多くないかもしれない。


c0116370_5544119.jpg


この更地は未だ開発途中。


c0116370_555775.jpg


今やIntermondesの建物も周囲の建物に埋もれて目立たなくなった。


c0116370_0231919.jpg


そして前の道路も綺麗に舗装された。




私のセネガル人の友人が、この近くに住んでいるのだが、2008年に225平方メートルの土地を3200万fcfa(約640万円)で購入している。しかし、9年たった今、この土地を売却するとしたら5000万fcfa(約1000万円)は下らないという。

この高騰がずっと続くとは思えず、そのうちバブルがはじけるのだとは思うが、ダカールは郊外に向かって開発が進んでおり、先見の明がある人たちはかなり儲かっているようだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-05-22 05:56 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26679268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< セネガル産米と中国産プラスチック米 波に逆らって海に向かい諦めるブタ >>