サンルイ国際ジャズフェスティバル25周年
サンルイの国際ジャズフェスティバルは今年で25周年を迎えた。

http://www.saintlouisjazz.org/

毎年かなり名の知れたミュージシャンが参加するそうなのだが、私はそんなに詳しくないのでラインナップを見てもよく分からない。今年唯一知っていたのが、コンゴ民主共和国出身のロクア・カンザLokua Kanza。ロクア・カンザのCDは最近のもの以外は多分ほとんど持っているのかもしれないくらい一時期ハマって聞いていた。Lokua Kanzaが2日目に来るくらいなので、他の日の方々もそうそうたるメンバーなのだろうと、Lokua Kanzaを基準に考えていた。残念ながらKokua Kanzaが出演する日はサンルイへ行けないため、週末に会わせてフェスティバルへ行ってみることにした。

まずホテルを探すことから始めたのだが、これが見つからない。ようやくサンルイの街外れのホテルに部屋を見つけたのだが、前日になっていきなり、2泊のうち1泊がキャンセルになってしまったと連絡があった。昨年ジャズフェスティバルに行った方も、ホテルに到着したら予約がキャンセルされていたらしく、やっぱりこの時期は予約が混み合い、こういうことがよくあるようだ。最終的に予約をキャンセルしたホテルに別のホテルを探してもらい、なんとか事は収まったのだが、しっかり予約できていても安心できないことはよく分かった。

昨年のジャズフェスティバルは、安全対策が議論になり、一時期中止になるかどうかという話にもなったようだ。それもあってか、今回サンルイの街と会場に着いてから分かったのだが、これでもかというほどに軍と警察と一般警備会社の方々が警備していた。といっても、もちろん油断はできないし、会場警備の一部は音楽に聞き入っていたのだが笑。

ジャズフェスティバルは、これまで滞在した国でも開催されていた。ブルキナファソでも毎年ジャズフェスティバルがあり、ジャズ大国マダガスカルでは大きなフェスティバルが開催されていた。やはりどこにもコアなファンがいるようだ。
アフリカで3本の指に入るジャズ大国マダガスカル
JAZZ in TRAIN


c0116370_972537.jpg

ジャズフェスティバルは、VIP席、A席、B席とあり、後ろに行くにしたがって安くなる。滅多に来ない機会なので、前の席のチケットを購入。



c0116370_98185.jpg

Alune Wade
セネガル人ベーシスト。

セネガル軍オーケストラに属していた父の指導で、6歳の頃からベースやピアノ、ギターを習っていた。セネガル人ミュージシャンのイスマエル・ロを師と仰ぐ。





c0116370_98406.jpg

Nancy Murillo
コロンビア出身のサルサシンガー

サルサの女性シンガーは本当に格好いいのだが、この方も体が小さいのにエネルギッシュでパワフルで、ステージに上がってきた時からオーラがあった。





c0116370_991218.jpg

Stanley Clarke
アメリカ出身のベーシスト

わざわざこう書く必要もないほどに名声を上げている方だが、私は存じ上げず。。。いやー、やはり観客を楽しませようと意識しながら最も見せるステージをされる方で、最も興奮したステージかも。








c0116370_911338.jpg


この期間、数多くのスポンサーが様々な協力をしているが、その一つミネラルウォーターのKIRENEはラベルがジャズフェスティバルバージョンになっていた。


街全体がお祭りモードで街を探索するだけでも楽しい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-05-01 09:12 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26626857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ジュッジ鳥類国立公園 レブ族の守り神Ndeuk Da... >>