Tidiane宗派カリフの逝去
最近ダカールも一時期の寒さが薄れ、徐々に汗がにじむ季節になってきた。ここ一週間でかなり暑くなってきたなあと思っていたのだが、先週木曜の朝は、やけに寒かった。どんよりと曇りがちで、私としては過ごしやすい天気。

しかし、なぜこのような天気なのかを仕事に行ってから知ることになる。

職場に到着してすぐに、秘書が「今日はどんよりしていますよね。イスラム教の偉大な方がなくなった翌日はいつもこうなんです」と話してくれた。

****************************

セネガルは人口の約9割がイスラム教徒。そのイスラム教徒にも様々な宗派がある。セネガルにも複数存在するが、2大宗派と言われているのが、Tidiane(ティジャンヌ)Mouride(ムーリッド)である。

3月15日(水)夕方に、Tidiane最高位のKhalife Généralと呼ばれる地位にいる、Serigne Cheikh Ahmed Tidiane Sy “Al Maktoun”が亡くなった。92歳だったそう。数年前から体調を崩されており、ここ最近は長らく表舞台に出ていなかったという。16日の全ての新聞は、もちろん1面トップがこの記事。

c0116370_555384.jpg


弟のSerigne Abdoul Aziz Sy Al Amineが跡を継いでKhalife Généralとなる。下の写真は後継者。かなり若い時の写真かな。

c0116370_5544226.jpg



Tidiane宗派(TidjanyyaあるいはTidjanismeともいう)は、Sidi Ahmed Al Tijaniが創立する。創立の年は分からないが、1737年にアルジェリアで生まれ、1815年にモロッコのフェズで亡くなっているので、その間だと思われる。そして1935年、偉大な宗教家Cheikh Omar Tall(1799-1864)が、このTidiane宗派をセネガルに伝えた。その後、El Hadji Malick Sy(1855-1922)が、1902年にチワワンTivaouaneという街を総本山とし、20世紀前半にセネガル全土に浸透することとなった。もう一つの宗派Mourideはセネガル独自の宗派であるが、創立はTidianeよりも後の1880年頃と言われている。

逝去された翌日には、マッキー・サール大統領もチワワンへ出向き葬儀に出席されている。

ちなみに10年前にムーリッド宗派の総本山トゥバToubaに行った時の記事。
ムーリッド宗派の聖地


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-03-20 05:58 | セネガル | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26515515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2017-03-20 10:46
タイトル : カトリック教会のチロル地方の総本山、中央祭壇にクラナッハ..
インスブルック大聖堂Innsbruck Cathedral   インスブルック大聖堂は、聖ヤコブ大聖堂としても知られ、市の塔や黄金の小屋根のあるあたりから少し歩いた王宮の裏側にあります。インスブルックのローマ・カトリック教区のバロック様式の大聖堂で、使徒セント・ジェームスに捧げられています、ゼベダイの子。大聖堂は12世紀のロマネスク様式の教会の場所に建築家ヨハン・ゲオルク・フィッシャーと、ヤコブ・ヘルコマーのデザインに基づいて改築されバロック様式の大聖堂になりました。... more
<< スイカとメロンの一大産地 廃墟となった最高教育機関 Ec... >>