セネガルのNoto野菜市場
セネガルにはニャイ地区とよばれる地域があり、野菜や果樹栽培が昔から盛んである。ニャイ地区は、首都ダカールから北部のサンルイの沿岸地域一帯を指し、南北の長さ約180kmに広がる。

この地域は、比較的冷涼で地下水位が高いため、野菜栽培には向いている土地と言われている。セネガル国内に流通する野菜の6割はこのニャイ地区で生産されたものと言われている。近年は、都市部の野菜消費量が増えており、国内で生産された野菜の大半は国内で消費されているが、タマネギ、トマトなどは隣国へも輸出されており、マンゴーなどの果実も一部欧州などへ輸出されてもいる。

以前の出張中に、このニャイ地区でも最も大きいノトNoto市場に行ってきた。もともと幹線道路沿いにあったのだが、渋滞緩和等の理由から、最近幹線道路から少し離れた場所に移動した。

c0116370_2184817.jpg


この市場での生産物の売り値、買い値は、出回り量により一日の中でも変化する。売上量は、日によっても大きく変わる。多いときには、一日に20トンの時もあれば、私たちが訪れた日は13時頃でも5kgにも至っておらず、日によって売り上げが大きく異なるらしい。価格は、他のコクサー(仲介人あるいは交渉人)と協議したり、需要の状況を見たりして決めている。

c0116370_1532317.jpg


c0116370_1534181.jpg


下の写真の白い帽子の方はコクサー。女性たちはバナバナと呼ばれる小規模の卸売り商人。大量に取引する卸売業者もバナバナと呼ばれるが、自分の倉庫や店を構えているような方々は商人(Commerçant)と呼ばれるのが一般的らしい。コクサーは生産者と仲買人コクサー毎に扱う産品は大体決まっている。コクサーは、同時に生産者であることが多く、仲介人とは言っても生産者寄りのことが多い。だから、農家さんのインタビューをしても、コクサーとの間に問題があるという話は滅多に聞かない。

一方、バナバナはNoto市場で生産品を買い付け、いろいろな市場に売りに行っている。生産者から直接買い付けを行うことも多いが、そこで買い付けができない時に、市場でコクサーから買い付けを行う。

c0116370_2195220.jpg


c0116370_1525685.jpg


ノト市場は、セネガル国内だけでなく、ガンビアやマリ、モーリタニア、ギニアなどからも商人が買い付けにくる。

c0116370_2205379.jpg


買付量は大体このくらいの大きさが最小単位。何キロあるんだろう。150kgくらいかなあ。

c0116370_2222881.jpg


c0116370_2224992.jpg


c0116370_151233.jpg


c0116370_1511693.jpg


c0116370_1513737.jpg


c0116370_1521329.jpg


c0116370_1522789.jpg


産品は品種や大きさで分けられているが、品質では分けられてはいない。

c0116370_2212254.jpg


c0116370_2214776.jpg


c0116370_222358.jpg


私の今の疑問は、生産者が市場の方々とどれだけ情報交換をしているのかということ。どれだけ頻繁に連絡をとって、どういう情報を入手しているのか。もっと知らなきゃ。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2017-02-04 15:05 | セネガル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26375757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 裕子 at 2017-02-12 22:44 x
くみちゃん

いまはセネガルにいるんだね。
いつも応援しています(^^)。

身体に気をつけてね。

裕子

また福岡に来てね。
Commented by iihanashi-africa at 2017-02-20 04:05
裕子ちゃん!お返事が遅くなってごめん。コメントをありがとう!!またぼちぼちと書いていくので是非立ち寄ってね。福岡もまたその内行きます!!
<< リビアの上空飛行禁止 セネガル到着 >>