モスクの外でのお祈りの時間
イスラム教には毎日5回のお祈りの時間があることはご存知だと思う。
でも、5回のお祈りを全てするかどうかは人それぞれ。5回全て行う人もいれば、朝と夜だけお祈りする人もいれば、金曜の午後しかお祈りしない人もいる。

毎日5回のお祈りをする人は、仕事中でも階段下のスペースや誰もいない会議室など、周囲の騒音を出来るだけ避けられるところでお祈りをする。見かけても、もちろん声はかけない。

そして、イスラム教にとっての聖なる日である金曜日の午後のお祈りは、職場の近くのモスクまで行ってお祈りすることが多い。市民全員がモスクには入りきらないので、お祈りの時間の15~20分くらいはモスクの周囲の道路を封鎖してお祈りの時間に捧げることもある。

下の写真は、セネガルの首都ダカールの写真だが、ブルキナファソでもカメルーンでもこういう様子を見た。私には見慣れた光景なのだが、一緒にいた方が「こんなの初めて見た!」と驚いておられたので、おーそうか!ブログに載せよう!と写真を撮ってみた。

私たちは、この道路の先のホテルに向かう途中だったが、お祈りが終わるまで15分ほど車の中で待つ。15分くらいなのでゆっくりと待つのだが、お祈りが終わった後も、車が通れるようになるまでは、もう少し時間がかかる。これだけの方々がいればそりゃそうか。

c0116370_014715.jpg


c0116370_02159.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-10-31 00:27 | セネガル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/26105303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぶち at 2016-11-19 07:42 x
おひさしぶりです。今日はお会いできてよかったです。
ひさしぶりにブログにおじゃましたところです。
中東隊員だった私は、ブルキナのゆるいムスリムぶりにびっくり。でも、セネガルは少しムスリムの香りがします。
ニジェールはもっと・・・・。

ブルキナのゆるやかムスリムは好きですが、本気で戒律を守っているイスラム教徒たち(女性は肌を見せない、髪の毛を隠す、お酒・ビールは言語道断・・・)にとって、ブルキナファソより中東のほうが生きやすいんじゃないかなって想像しています。
Commented by iihanashi-africa at 2016-11-20 19:02
コメントありがとうございます。確かにブルキナのイスラムは非常にゆるーいですよね。私はこのゆるさ加減が好きだったりします。キリストとイスラムがここまで融合している国も珍しいし、貴重ですね。
<< 「ブルキナベ」は3つの言語の融合 トマ・サンカラの死から29年(... >>