何歳という問いに生まれ年を答える
セネガルの現場視察に同行している農業省の方の見た目が若く、またその上司の局長も非常に若く見えるので、出張者の中で何歳だろう、40代後半だろうか、局長も同年代だろうかと想像しながら話していた。

よし、ご本人に聞いてみようということで、
「ケベさん、何歳ですか?」
と聞いてみた。

すると、
「私は68だ」
という。

えっ、なんですと?

「えっ? では、局長は何歳?」

「局長は65のはずだよ」

は???? 45歳に見える方が68歳の訳がない。
最初は冗談で言っているのかと思ったのだが、一瞬考えて「あっ、なるほど生まれた年か」と分かった。つまり、ケベさんは48歳、局長は51歳。

***********************

出張中、レンタカーの運転手がユッス・ンドゥールというセネガルの超有名歌手の音楽を聴いていた。

「ユッス・ンドゥールって何歳だか知ってる?」

「確か59だったはず」


へえ、そんな歳になったのか。。。あれ?なんかおかしいな。

「それって、1959年生まれということ?」

つまり56歳か。

********************

実はフランス語だと、

私は56歳は「j'ai 56」
私は56年生まれは「je suis de 56」

結構違うのだが、年齢を聞いたら年齢を答えるだろうという先入観から56歳とふと勘違いしてしまう。

セネガルで年齢を聞いて、生まれた年を話す人に2人もあった。
これってセネガルでは一般的なのかな?


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-07-16 07:33 | セネガル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/25794928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スマホの画面が割れた時にはマウ... 砂地で車がスタックした時の脱出方法 >>