コートジボワール音楽~Magic System~
前回の記事(最近流行りのナイジェリア音楽)でコートジボワール音楽の話をちらっと記述したので、Magic SystemZouglouズグル音楽を紹介しようと思う。

Zouglouは、コートジボワールの都市郊外の若者の間で生まれたリズムで、社会や政治を揶揄したり、複雑な恋愛や夫婦関係、友情、正義など詞にメッセージ性があって、リズムもよい上に聞いていても楽しい。

Zouglouは1980年代後半に生まれたとされている。コートジボワールのGagnoaという都市で、新たなダンスを生み出した若者が、大学へ通うためにアビジャンへ上京してから郊外のYopougon地区で友人たちと確立したものにしていき、学生の間に広まっていった。Yopougonと言えば、「Aya de Yopougon」というアニメがあったのを思い出す。コートジボワールの大衆文化はYopougonで生まれると言われるほど、雑多だが活力のある地区なのだ。

そしてこのZouglouを世界的に知らしめたのが、Magic Systemという男性4人組アーティストの台頭だ。当初、Zouglouはダンスから始まったのだが、90年代後半から音楽とダンスがミックスした形に徐々に変化していき、Magic Systemもその流れの中で出てきた。もともとは50人近いメンバーがいたグループだったが、独立して別のグループを作るものも出てきて、その中の一つだった。

彼らがフランスで有名になったのは2002年。『Premier Gaou』という曲のヒットがきっかけだ。すでにコートジボワールでは成功を収めていた曲だったが、紆余曲折を得て3年後にやっとフランスで発売され、フランスの音楽チャート4位に入るヒットとなった。

この歌はリードボーカルA’salfoの実体験を歌っている。お金も名声もなかった時に、他の男性を見つけて彼から離れていった彼女が、テレビやラジオで活躍しだした彼を見て、よりを戻そうとした話。Gaouというのは「愚かなこと・ばからしいこと」という意味。歌では、彼女が離れていったのはGaouではない、戻ってきた彼女を受け入れるのがGaouなのだと歌っている。



その後、いくつもシングルやアルバムを出しているが、その中でもヒットした曲を紹介する。


2004年 『Un Gaou a Oran』(前回の記事で紹介した曲。私がmagic systemを知るきっかけとなった曲) 
アルジェリア人ミュージシャンMohammed Lamineとのフィーチャリング。



2006年 『C'est chô, ça brûle !!!』
アルジェリア人ミュージシャンのCheb AkilとCheb Bilalとのフィーチャリング。フランスの音楽チャート4位。Magic Systemはアラブ系ミュージシャンとのコラボが多く、とても楽しめる。



2007年 『Ki Dit Mié』 フランス音楽チャート4位。



2009年 『Même pas fatigué』 
フランス音楽チャートで7週間1位になった曲。これもまたアルジェリア人ミュージシャンKhaledとのフィーチャリング。ミュージックビデオには、サッカーの元フランス代表リベリー選手が出演していることにも注目。リベリー選手はアルジェリア系フランス人の奥さんと結婚してからイスラム教に改宗している。



2011年 『Chérie Coco』 
フランスのラップ歌手Sopranoとのフィーチャリング。音楽チャート2位。



2014年 『Magic in the Air』 
モロッコ人歌手Chawkiとのフィーチャリング。フランス、ベルギーの音楽チャートで1位。ルクセンブルグとポーランドで3位。スイスで23位、ドイツで64位。私も好きな曲の一つ。「とにかく空に向けて手を掲げよう!近道はないけれど、心配することはない。ばかなことをしてみよう」と歌う。2014年のFIFAワールドカップの前にリリースされ、応援歌にも聞こえる。



Magic SystemのリーダーA’salfoは、2012年、UNESCO親善大使に任命された。歌に込められた平和と正義への思いは聴衆に多くの影響を与えているという評価だった。

2002年からコートジボワールは内戦状態に陥った。3000人が殺害されたと言われており、バグボ元大統領を支持していたアーティストは国外退避を余儀なくされた。Magic Systemは、和解のメッセージを発信し続け、2011年からは国外退避したアーティストが故郷へ戻るキャンペーンを始めた。UNESCOはこれらの活動を評価して親善大使を依頼したようだ。


実は私、一度だけ生でMagic Systemを見たことがある。といっても、顔も判別できないほど遠くからだったのだが、ブルキナファソで2年に一度開催されるパナアフリカン国際映画祭FESPACOの閉会式に招待されていたのだ。
「アフリカ映画の都ワガドゥグ」~フェスパコ便り 3
c0116370_23423532.jpg




Magic Systemだけでなく、他のコートジボワールミュージシャンも紹介しようと思ったが、Magic Syetemだけでこれだけ使ってしまったので、2回に分けることにする。

次回に続く。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2016-01-10 21:23 | コートジボワール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/25167656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< コートジボワール音楽~Zoug... 最近流行りのナイジェリア音楽 >>