最大級のバオバブ
更にもう一つおまけのバオバブ写真。

今回、私たちが行けなかったムルンベのバオバブ。友人から写真をもらった。この辺りのバオバブは多分最も見応えのあるバオバブだろう。ただアクセスが相当悪く辿り着くのは一苦労。折角の観光収入源なのでもう少しインフラを整備してもよいのではと思う反面、一気に沢山の観光客が押し掛けられない場所であってほしいとも思う。

c0116370_535453.jpg


c0116370_544010.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by iihanashi-africa | 2011-10-11 05:13 | マダガスカル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://iihanashik.exblog.jp/tb/16958475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おくら5 at 2011-11-01 17:58 x
ご旅行記、楽しく読ませて頂きました。
砂浜でボートを押すのに、うねらせて置いたロープを利用している写真には「ナルホド!」と唸り声を上げてしまいました。

ところで、新聞で読みましたが、マラウイで貧しい零細農家に対する肥料や種子購入支援制度の導入で食糧危機を脱していたのですが、英国からの開発援助打ち切りで制度の大幅な後退を余儀なくされているとのこと。首都で起きた反政府デモの鎮圧に死者が出たことが援助打ち切りの理由らしいです。何か情報をお持ちですか?

Commented by iihanashi-africa at 2011-11-08 04:13
おくら5さん、こんにちは。
便利なものがないところでは、今あるもので代替法を見つけそれなりに全て出来てしまいます。こういうところで生活すると、〇〇がないから出来ないというか弱いことは言えません。あるもので何とか工夫する、生きるすべを学ぶことが出来ますね。

さて、私はマラウイについては詳しくないので、残念ながらご質問にお答えできるだけの知識がないのですが、「零細農家に対する肥料や種子購入支援制度の導入で食糧危機を脱していた」という部分に大変興味を持ちました。肥料や種子購入に補助金が付いていたのかもしれませんが、全農家に行きわたる規模だったのか、それが食料増産にどれくらい貢献したのか、大変興味があります。
<< マダガスカルの「神戸牛」。 チュレアールおまけ写真 >>